あなたはどんな施設に入りたい?イマドキ介護施設紹介!

介護あれこれ


全国には、たくさんの老人向けの介護施設がありますが、その設備やサービスはどんどん進化をしてきています。施設に自身が入ることや家族が入ることは誰にでも起こり得ることですよね。そのため今回は、いま注目のオススメ介護施設をご紹介します。

まずは、施設の種類を確認!

一言に介護施設と言ってもその種類は多岐にわたります。まずは、介護施設の種類と役割について確認してまいりましょう。

①訪問介護/介護予防訪問介護

通称「ホームヘルプサービス」といい、訪問介護員や介護福祉士が利用者の家を訪問し生活援助や身体介護、通院などの介助を行います。

②通所介護/介護予防通所介護

通称「デイサービス」と呼ばれるものです。日帰りで施設に通い、身体介護、レクリエーション、日常生活の介助、機能回復訓練等を行います。

③短期入所生活介護/介護予防短期入所生活介護

通称「ショートステイ」ともいわれ、通常は在宅の要介護者が一時的に入所が必要なときに利用する場所です。入浴や食事介護までしてもらえるところがポイントです。

④特別養護老人ホーム

通称「特養(とくよう)」と言われています。こちらは、在宅での介護が困難で施設入所が望まれる方が利用します。比較的要介護度が高いのが特徴です。

⑤介護老人保健施設

通称「老健」と呼ばれる施設で、自宅での生活への復帰を目標に機能回復訓練をする入居型の施設です。基本的に在宅復帰を目標としているためリハビリテーションを中心とした医療が主になります。そのため医師が在中しています。

⑥有料老人ホーム

通称「有料」と呼ばれています。民間が運営している場合が多いです。
有料老人ホームの中でも、健康なご老人が入居できる「健康型」、介護が必要になった場合は訪問介護など外部のサービスを利用しなければならない「住宅型」、もし介護が必要になった時に内部または提携した外部の介護サービスを受けることができる「介護付き」という種類に分かれます。

⑦サービス付き高齢者向け住宅

「サ高住(さこうじゅう)」と呼ばれるもので、都道府県で認可・登録された介護・医療と連携したバリアフリー構造の賃貸住宅で軽度の要介護状態や自立している高齢者を受け入れます。介護サービス事業所を併設していることが多いです。

⑧小規模多機能型居宅介護

通称「小多機」と呼ばれます。利用者の状態や希望で「通い」「訪問」「泊まり」を選べます。

⑨認知症対応型共同生活介護

グループホームともいわれ、認知症と診断されている要介護者がユニット型で生活する施設です。

たくさんの種類の施設がありますので、それぞれ、一口に介護施設と言っても種類によって「入りたい」と思われる方のニーズも違ってきます。さらにいうと、働く方に求められるものも違ってきます。

人気の介護施設をご紹介

介護施設と言っても様々な種類があると言うのは上の説明でわかっていただけたのではないでしょうか?介護施設は、その施設によって目的も異なります。したがって、入所する高齢者や、そこで働く方のスキルも施設の種類によって様々な物となっていきます。

ここでは、今筆者が注目している施設をご紹介いたします。

有料老人ホーム・高齢者住宅「チャームスイート」

まずは、有料老人ホームで「入りたい施設」といわれているチャームスイートをご紹介します。有料老人、サ高住では比較的健康なご高齢者が入居されることが多いので、高度なホスピタリティが求められます。現役時代からなるべく生活レベルを落とさず優雅な余生を過ごしたいという方にニーズがあるようです。

チャームスイートは外観や内装がきれいなことはもとより、いくつもの施設を展開しているノウハウに裏付けれらた安心感があり、高齢者の間でとても人気があるそうです。

「チャームスイート」はコンシェルジュが24時間常駐しているので、入浴や食事など入居者の生活全般を時間帯に左右されずサポートしてくれることが大きなポイントです。
公式サイト
http://www.charmcc.jp/

病院×介護×役所「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」

こちらは、先ほどとは少し違ったニーズによって注目が集められている施設です。

病院が併設されているので要介護度が高い方や、入所者が何か病気にかかったときにも安心です。また、役所の機能も併設されているので、様々な手続きが手軽にできます。


南三陸病院・総合ケアセンター南三陸は2011年の東日本大震災で津波の被害により閉鎖を余儀なくされた「志津川病院」が震災から4年8カ月が過ぎた平成27年11月25日に再生されてできました。病院と地域の保健や福祉といった行政サービスの拠点も加えられた多機能施設です。

この施設は、震災時の教訓を踏まえ、「より町の方が利用しやすく暮らしやすい病院」を考えて再生されたそうです。介護施設の隣に病院があること、さらには役所も併設していることは画期的な施設だと思います。

「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」の場合は、町ごと再生したのでこのような作りが実現できたのですが、今後、過疎化・高齢化が進むと言われている日本国内の地方では、ある程度、機能が集中したこのような施設が必要になるのではないかと思います。病院と役所が介護施設に隣接しているということも施設に入るときの検討要因になるという未来はとても素晴らしいと思いませんか?

公式サイト
http://www.minamisanriku-hp.jp/index.html

まとめ

今回は、あなたはどんな施設に入りたい?イマドキ介護施設紹介!と題して、今注目の介護施設をご紹介してまいりました。いかがでしたか?

最初にご紹介した「チャームケア」は生活の質を引退前から下げることなく、快適な生活を都市部で送ることに特化し、考えつくされた施設です。あとからご紹介した「総合ケアセンター南三陸」は、震災という未曽有の大災害からの知識と経験を活かし、さらに一から街や病院をつくることができたため、地域の介護施設に必要と考えられる要素をすべて盛り込んだ施設になっています。どちらも地域の様子や住む人のニーズにこたえた形で素敵な施設だと思います。

ぜひ、みなさんも自分のライフスタイルにあった施設を探しておくのもよいかもしれませんね。

施設を探すのに便利なサイト
http://www.minnanokaigo.com/

人気ランキング

52239 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

44629 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

37181 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

25176 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

23905 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

17367 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

15097 Views

介護施設の送迎ドライバーについて

13685 Views

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

介護実習01

12827 Views

現場の担当職員が歓迎する、良い介護実習になるコツ

12821 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。