認知症の新たなケア!ユマニチュードとは?

介護あれこれ


『認知症のケア』というと、少し調べれば様々な情報がインターネット等で手に入れられるこの頃ですが「ユマニチュード」というケア方法を聞いたことがあるでしょうか。「ユマニチュード」はフランスで発案された新しい認知症ケアの手法で、特別な治療法を行う訳でもなく、わずかな時間で効果をもたらすと注目されている手法です。

今回はユマニチュードというフランス発の新しい認知症ケア手法についてご紹介してまいります!

ユマニチュードとは

「ユマニチュード」は、フランス生まれの認知症ケアメゾットで、イブ・ジネストとロゼット・マレスコッティという2人の体育教師によって作り上げられました。この「ユマニチュード」とはフランス語で「人間らしさ」を意味します。

では、『人間らしさとは一体何なのでしょう?』

この問いに対し、彼らは「尊重されること」で人間らしさを獲得すると考えたそうです。このことからユマニチュードは認知症や高齢者に限らずケアを必要とする人に対するコミュニケーションの哲学であり、それを実現するための方法でもあると2人はメディアなどで答えています。そして、現在日本では、ケアをされる患者さんと、一人の人間として向き合う事から生まれる認知症ケアとして「ユマニチュード」が人気を集めています。

「ユマニチュード」の効果とメリット

では、ここからはユマニチュードの手法とそのメリットについてご紹介していきます。

ユマニチュードは、主にコミュニケーションの4つの柱である「見る」「話す」「触れる」「立つ」を基本としており、この4つの手法を組み合わせて行動することです。たとえば、「見つめながら会話位置へ移動する」や「言葉をかけながら、相手に静かに触れる」といった具合に、その組み合わせは150以上もの手法があります。

この手法は「見る」「話す」「触れる」「立つ」という人間の特性に働きかけることでケアを受ける人に「人間であること」を思い出してもらうのだそうで、フランスやカナダ等でもさかんに取り入れられているそうです。そして、日本では2011年頃からよく目にするようになりました。

「ユマニチュード」のメリットとしては、様々な手法のコミュニケーションによりケアを受ける人が「私も価値ある人間なんだ」「大切にされているんだ」と、尊重されていると感じることにあります。そしてその思いによって、ケアする方とケアされる方の信頼関係が強くなります。その結果、無表情だった患者さんに笑顔が戻ったり、感謝の言葉を口にするなど変化が起こる事例があるそうです。

提唱者「イヴ・ジネスト」「ロゼット・マレスコッティ」について

提唱者の2人は、もとは体育学の専門でした。2人は体育学の教師だったときに、フランス文部省から病院職員教育担当者として派遣され、職員の腰痛対策に取り組んだことを契機にケアの世界へ入ったとされています。

ユマニチュードについて学ぶ!オススメ本

ここで「ユマニチュード」を学ぶためにお勧めの書籍をご紹介いたします。「ユマニチュード」は日本国内で取り入れられてまださほど時間がたっていないため、言葉自体も初めて聞いたと言う方も多いのではないでしょうか?しかし、「ユマニチュード」は特別な治療法ではなく、人間が行う基本動作を組み合わせたもので、誰にでも習得可能な介護方です。まずは「ユマニチュード」がどういったものかだけでも知っておくことで、普段の自分の行動を見直すことにもつながると思いますよ。

創始者の考え方に直に触れる

「Humanitude―老いと介護の画期的な書」
著者 イヴ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティ、ジェローム・ペリシエ
監修 本田美和子
翻訳 辻谷真一郎
発行所 株式会社トライアリスト東京
発行日 2014/09/01

創始者であるイヴ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティによる書籍「Humanitude」の日本語訳です。様々なユマニチュードのハウツー本がありますが、原典にあたることが大切だと筆者は考えます。ある程度知識のある方、大体ユマニチュードとはなんぞやという部分を知っているという方、ぜひ創始者の考え方そのままを読んでみてください。

初学者なら読んでおきたい


「ユマニチュード入門」
著者 イヴ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティ、ジェローム・ペリシエ、本田美和子発行所 医学書院
発行日 2014/06/09

先ほど、原典にあたることが大切と申しましたが初学者がいきなり原典を読むことは大変です。そのため、専門的な言葉などの知識を獲得するためにもぜひ入門書から入ってみてください。この後に「Humanitude―老いと介護の画期的な書」を読むときっと理解が進むはずです。

まとめ

今回は、認知症の新たなケアである「ユマニチュード」についてご紹介してまいりました。いかがでしたか?「ユマニチュード」は日本国内に導入された2011年以降様々なメディアにも取り上げられとても注目されている手法です。

人を尊重し、しっかりと向き合うケアは、もしかすると高齢者だけではなくすべての人と接するときに大切なポイントかもしれませんね。ユマニチュードの技術は多くあるのでぜひ、本を読んで詳しい知識を得てみてくださいね。

【参考のYoutube動画】

人気ランキング

52252 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

44632 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

37183 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

25179 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

23908 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

17369 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

15098 Views

介護施設の送迎ドライバーについて

13685 Views

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

介護実習01

12827 Views

現場の担当職員が歓迎する、良い介護実習になるコツ

12822 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。