社会福祉士と介護福祉士。活躍できる人ってどんな人?

介護あれこれ


介護職に関心をお持ちの方でしたら、介護・医療業界への就職や転職関連のサイトで、「介護資格」の一覧をご覧になったことがあることでしょう。

そのなかに並ぶ「社会福祉士」と「介護福祉士」の文字。

「似たような名前だけど、どう違うのかな?」「どんな能力がいるのかな?」と疑問に思われたこともあるのではないでしょうか。

どちらも国家資格ですが、仕事の内容や場所、対象者の範囲も違います。

それぞれの資格について、仕事の内容、仕事の場所、活躍できる人に求められる適性や素質についてご説明しましょう。

社会福祉士とは


利用者と家族、医療・福祉機関、行政サービス、地域などをつなぐ「コーディネーター」

職場や対象者によって生活相談員、生活支援員、ソーシャルワーカーなどとも呼ばれますが、いずれも「日常生活での困難を抱えている人」の相談に乗り、支援を行うのが主な職務です。

一般的に、「社会福祉士」イコール「ソーシャルワーカー」というイメージがあるのですが、厳密には「社会福祉士」という国家資格を持った人がソーシャルワーカーという職業についている、ということなのです。

社会福祉士の仕事の内容

社会福祉士は相談者のニーズに応じて、「困りごと」の解消や軽減に結びつく、場所や人をつないでいくコーディネーターです。

対象となる相談者は、高齢者、知的障害者、身体障害者、生活保護受給者、不登校や発達障害などで支援の必要な子どもなど、多岐にわたります。

社会福祉士は、福祉施設や医療機関などと連携して、相談者の生活の質を向上させるための情報提供や支援を行います。たとえば利用可能な施設の提案や助成制度の紹介、その申請のサポートなど。

つまり、相談者の代弁者として、相談者が現状以上の困難を抱えることなく、よりよい支援を得られるようにする役割です。

社会福祉士の仕事の場所

社会福祉士は、老人介護施設に限らず、社会福祉協議会や各障害者施設、病院などの医療機関、教育機関、障害者の雇用・就労支援事業所、市役所などの行政機関、放課後等デイサービスなどの子ども対象の支援施設…と、幅広い事業所で活躍の場所があります。

社会福祉士として活躍できる人の適性

相談者に信頼感をもってもらえること

日常生活に困難を抱えている人の相談は、プライベートで、デリケートなもの。

その内容によってコーディネートプランを組み立てますから、できるだけ具体的に事実を伝えてもらう必要があります。

それだけに、「この人だったら、安心して話せる」という信頼感を持ってもらえる人に適性があるといえるでしょう。

信頼感を得るための主なポイントを2つご紹介します。

相手の話を親身になって聞く姿勢

初めての相談時にはとくに、相談者の話の内容や順番が混乱することもあります。

まず、リラックスしてもらえるように、やわらかい態度で応対しましょう。

そして、相談者の話を途中で否定しないで聞く。よくわからない点は、言葉を変えて言い直してみて確認する。

これだけでも相談者は「ちゃんと聞いてもらえる」「理解しようとしてくれている」と感じることができます。

相談者が話しやすいように誘導する工夫

相談者のなかには「恥ずかしい」「不利益になるのではないか」という意識から、事実の一部をあいまいにすることもあります。

そういう気配を感じたら、「○○というような事情のある方もいらっしゃいますけど、珍しいことではないんですよ」と、安心してもらえるような語りかけをしてみるのも一つの方法です。

広く社会の役に立ちたいという熱意があること

ボランティア経験や介護現場での勤務経験が長い、困っている人に、すぐに手を差し伸べる、こんな人にはもちろん適性があるといえますが、手を差し伸べられなかったことを「後悔したことがある人」にも、素質があります。

経験や実績がなくても、手助けしたい気持ちを行動に移せなかったことを悔やむ気持ちは、人の役に立ちたいという熱意の表れだからです。

事務的な仕事が苦手ではないこと

いろいろな人や施設や組織との間で情報交換を行いますから、細やかな連絡対応、必要資料の準備や管理、関係者のスケジュール調整、相談者の個人情報の管理などに配慮することが大切になります。

積極的に情報更新できること

社会福祉士には、介護や福祉関係をはじめ、医療関係の制度や法律、心理学など幅広い知識が求められます。

相談者に最適な提案ができるよう、常に新しい情報や知識を吸収し、法律や制度変更を把握しておくことも求められます。

多種多様な立場の人とコミュニケーションがとれること

相談者の利益のためには、さまざまな立場の人と話をし、一緒に物事を進めていくことになります。

人の好き嫌いが激しい人や、一人でコツコツ仕事をするのが好きな人には不向きかもしれません。

短気ではないこと

相談者の「困りごと」の解決や軽減には、一定期間、継続した関わりが必要です。

相談内容によっては、なかなか期待した効果が出ないこともあるでしょう。それでも気長に相談者に寄り添っていく、粘り強さも必要です。

介護福祉士とは


介護現場に密着しながら、より幅広い仕事に携わる「プレイングマネージャー」

介護福祉士は、現場のプレイヤーとして、より質の高い介護を実践し、同時にマネージャー的な視点で全体を見渡し、利用者を取り巻く環境を整備していく仕事。

この資格を保有していると、介護現場においてリーダー的な役割を担うことができます。また利用者やご家族への相談に乗る、助言を行うなどの業務も担当することが可能になります。

その場合も、国家資格が直接介護における高い知識と技術の証明になりますから、利用者・ご家族にとっても安心材料となります。

この資格は、介護職の就職や転職にも有利です。資格手当の支給などで、給与面でも優遇されるケースがあります。

介護福祉士の仕事の場所

介護老人福祉施設、介護老人保健施設、訪問介護事業所、介護療養型医療施設、通所介護事業所、グループホーム、在宅介護サービスなどの「直接介護」が主となります。

介護福祉士として活躍できる人の適性

人に関心があること

人と接することでストレスを感じてしまう人よりも、誰かと一緒にいることを楽しめる人の方が向いています。

利用者やスタッフに関心を持ち、表情や小さな変化、言葉の使い方などに気配り・目配りができれば、日ごろから円滑なコミュニケーションが図れます。

自分以外の人の考えや思いを知ることを肯定的にとらえられると、なおよいでしょう。

自分の気持ちにも敏感であること

介護の現場では、人間同士の摩擦や心のすれ違いも起こりがちです。

その都度イライラしたり落ち込んだりしていては、周囲にその雰囲気が伝わって、ますます関係が悪化してしまいますよね。

ですから、自分の気持ちの状態に敏感であることも必要です。周囲によくない影響を及ぼす負の感情を、早めに自分で気づくことができれば、うまくストレスを発散するよう行動できます。

体力があること

介護職には、自分よりも体の大きい人を介助する体力が必須です。

高い負荷による腰痛に悩まされることも多い職業ですから、予防や対策を講じ、体調管理に留意する努力が求められます。

気持ちの切り替えができること

介護現場では利用者の個々の問題と直面しますし、心の交流も直接的です。

しかし、あまりに同情的になったり、思い入れを強く持ちすぎたりすることは、適切な判断を鈍らせることにもつながりかねません。

正確な介護記録を残すためにも、笑顔で対応した後に次の呼吸で頭を切り替え、顔色や動作などをチェックする冷静さを取り戻す対応の早さも必要となります。

資格の取得は、あなたをさらに成長させます


国家資格の取得は、あなたが自信をもって仕事に向かえる下支えになり、意欲もやりがいも増すことでしょう。

あなたが今、社会福祉士や介護福祉士の適性をすべて満たしていなくても、経験を積み、努力していくことでスキルは向上していきます。

「困りごとを抱えている人の状況をよりよくしたい」いう熱意がある方なら、資格取得へのチャレンジも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

資格取得についてはこちらをご覧ください。

>介護福祉士とケアワーカー、ソーシャルワーカーとの違い

人気ランキング

107139 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

57975 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

55675 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

51806 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

40293 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

31874 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

31419 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

27190 Views

今日から役立つ!介護の基本(6) 介護記録の上手な書き方

24481 Views

よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説

22223 Views

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。