40代でも大丈夫?介護職への転職、成否を分けるポイント

お悩み


「介護職に転職したいと考えているけれど、未経験、無資格のわたしが突然飛び込んで、やっていけるものなのだろうか?」

介護職に転職を考えている人の頭のなかは、こんな疑問や不安がぐるぐるまわっているのではないでしょうか?

特に40代を過ぎてくると、今の会社でのそれなりに積み上げた地位やスキルがあったり、家族ができたりなど、若いときにはなかったさまざまな条件が複雑に絡んできます。

今回は40代になってから今のキャリアを捨て、介護職を志す人のために、転職の成否を分けるポイントについて解説。40代という年齢が持つ意味、メリットとデメリットについても併せてご紹介していきます。

40代、介護職へ転職の成否を分ける3つのポイント


40代の転職、しかも介護職への転職を成功させるポイントは、ズバリ3つ。

1つは「動機」です。「今の仕事がイヤだから、待遇や条件が悪いから、介護職でもやろうかな、介護職なら求人も多いだろう」・・・もしもあなたがそういった事情で介護職への転職を考えているなら、別の道を探すことをお勧めします。なぜなら、介護はそんな逃げの姿勢で務まるほど、簡単な仕事ではないからです。

今のキャリアを捨てても、「介護をしてみたい」「お年寄りや体の不自由な人を助ける仕事がしてみたい」そんな強い思いがあるなら、ぜひ転職を前向きに考えてみてください。介護業界には、他の職種では得がたい、すばらしいやりがいがあります。働いて人の役に立ちたいというあなたの気持ちに、きっと応えてくれるはずです。

さて2つめは、「向き・不向き」です。人は誰でも得意なこと、不得意なことがあります。常に職場で不得意なことを求められては、長く働くことは難しくなってしまいます。

介護業界で求められる素質は、「人のことを思いやれるかどうか」。介護の仕事は同僚の介護士をはじめ、医師や看護士、リハビリ専門スタッフや調理スタッフなど、多くのスタッフと緊密に連携することが求められます。また、急な体調不良などでスタッフが欠けたりすれば、誰かがカバーにまわらなくてはなりません。

そんなとき、相手の立場に立って物事を考えられるかどうかは分かれ道。それができないと、介護の現場はうまくまわっていきません。

自分が相手の立場だったら、どう思うだろうか・・・それを自然に思いやれる人なら大丈夫。逆に資格や経験の有無、性別や年齢は関係ありません。いくつになっても、介護の仕事を始めるのに遅すぎることはないのです。

そして3つめは、「計画性」です。40代で未経験から始めるとなると、回り道している時間はありません。

積みたいスキル、とりたい資格、やりたい職種など、自分がどうなりたいのかをはっきり意識することが大切。「○年後に○○の資格をとって、こんな仕事がしたい」といったふうに目標をきちんと見据えているかいないかで、仕事の熟達スピードも大きく変わります。

そのためにぜひ活用したいのが、プロのアドバイス。もちろんハローワークでも相談できますが、あくまでも他の多くの職種のなかのひとつになってしまいます。介護業界に的を絞っているなら、介護の仕事を知り尽くしたプロのエージェントに登録・相談するのがおすすめです。

ひとくちに介護職といっても、実にさまざまな職場や職種があり、施設それぞれに性格があります。何のあてもなく介護の求人を探すのは、大海原で舵もなくただようようなもの。失敗を避けるためには、安心して相談でき、進むべき方向を一緒に考えてくれる船頭役が必要です。

豊富な事例を手がけてきたプロに相談し、自分の意向やスキルをきちんと汲み取ってもらったうえで、それにマッチした職場をアドバイスしてもらいましょう。

■介護資格を持ったキャリアアドバイザーが多数在籍!
ツクイスタッフに相談してみる

40代であることのメリット


40代から介護職を志すことには、多くのメリットがあります。

まず、今まで築いてきたキャリアが活かせるということです。

まったく異分野の仕事だから、役に立つことはひとつもないと思うのは早計です。40代であれば、それなりに取引先とのコミュニケーションや部下への指示、上司への報告など、人とのコミュニケーションの取り方、スムーズな仕事の進め方を学んでいるはず。

それらは大学や専門学校を出たばかりで社会経験のないスタッフには欠けているところです。人のやる気を引き出す話し方、うまく仕事を進めるための段取りなど、今までに獲得したスキルを思う存分発揮してください。

また意外に介護業界では、パソコンを扱う事務系の求人もたくさんあります。そうしたところでも前職のスキルが活かせるかもしれません。

そして、なんといっても40代はまだ若いのです!定年を65歳に引き上げる企業が増えてきた昨今では、40歳ならまだ25年働けます。

十分スキルを積み、リーダーとして周囲を引っ張っていく人材に成長することが可能です。学ぼうという姿勢さえあれば、40代という年齢が足かせになることはないでしょう。

40代であることのデメリット

当然ながらメリットがあればデメリットもあります。

40代から介護業界に飛び込むことのデメリットとして挙げられることは、まず体力面。

技術が足りないことをパワーで補おうとすると、腰や肩など体への負担がかかりすぎ、体を痛めてしまいます。疲労しても回復が早かった若いときと比べ、40を過ぎると無理がききません。体を壊してしまうと仕事が続けられなくなってしまうので、この点には最大の注意が必要。

40代が介護職に転職する際にはまず、ボディメカニクスをはじめとした体への負担が少ない介護術を身につけることが必須です。

そして給与面でのデメリットも無視することはできません。

40代までひとつの会社で勤め上げれば、それなりに給与も上がっていることが多いでしょう。それがイチからのスタートになるうえ、介護業界の給与水準は決して高いとは言えません。この点は覚悟しておく必要があるでしょう。

またよく聞く失敗談として、自分より若い職員に指示されることに違和感を抱いてしまうということもあります。

現場では、40代であっても初心者なのですから、自分よりも年下のスタッフのほうが知識も経験も豊富です。若い上司にダメだしされるようなシーンも、きっとあると考えておきましょう。

若くても介護の世界では先輩ですから、アドバイスには耳を傾け、自分の糧にする素直さが必要です。自分にそうした柔軟さがあるかどうかは、事前によく自分の心に聞いてみて、確かめておきたいところです。

40代で介護職への転職を志す人へのアドバイス

ご紹介してきたように、40代の介護職への転職にはメリットとデメリットが混在しますが、それらを踏まえ、いくつかのアドバイスがあります。

まずは、介護の現場を知ること。いくら頭で考えていても、現場を見ないと分からないことがあります。ボランティアなどで介護の現場に触れ、実際に働いている人や働いている様子を見てみましょう。

もしかしたらそれで理想が壊れるかもしれません。でも、もやもやしていたものがハッキリと見え、自分がどうしたいかが固まってくるでしょう。

やはり介護職にチャレンジしたいという気持ちが固まれば、まずは介護職員初任者研修の資格を取ることをおすすめします。

ハローワークで受けられる職業訓練を利用すれば、授業料もかからず失業保険を受給しながら資格を取ることも可能。ただしその場合は、定員数や募集時期があるので事前に調べ、早めに申し込みをしておきましょう。

そのほかにも、各自治体で介護職員初任者研修の受講料を補助する制度があります。これらを利用すれば費用面を安く抑えられるかもしれません。

そして介護職でステップアップを目指すなら、ぜひ介護福祉士の資格は取りたいもの。介護福祉士になることで、職場でもより中心的な存在として頼りにされ、給与面でも相応のメリットがあります。

受験資格として、3年以上の介護の実務経験があることが挙げられるので、3年後にこの資格をとることを目標にするのもおすすめです。

<関連記事>
介護福祉士を目指すために必要な4つのスキルとは?

転職の決断は、じっくり考えを深めてから

40代で介護職へ転職するのは、なみたいていの決意ではできないこと。

もちろん介護職は楽しい面もたくさんあり、大いにやりがいある魅力的な仕事です。ただ人生の中盤で方向転換することに迷うのは当然ですし、ここは早まることなくじっくりと考えを深める必要があります。

考えた末、もしかしたら今の仕事を続けながら、ボランティアで介護に関わるほうが自分に向いているという結論が出るかもしれません。それならそれですばらしいこと。

どんな結論が出るにせよ、自分自身に無理をせず、後悔のないように決断してくださいね。

人気ランキング

49282 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

44078 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

36597 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

23909 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

23192 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

16718 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

14883 Views

介護施設の送迎ドライバーについて

13309 Views

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

介護実習01

12669 Views

現場の担当職員が歓迎する、良い介護実習になるコツ

11913 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。