福祉住環境コーディネーターの勉強法

資格・制度


福祉住環境コーディネーターとは、主に高齢者の方や障がい者の方に対して、可能な限り自立に向けた生活をしていけるように生活環境を提案するアドバイザーです。

医療や福祉、建築などの幅広い知識を身に付け、それぞれの分野の担当者と連携をとり、利用者にとって安心できる適切なプランを提供していきます。

福祉住環境コーディネーターの受験資格

福祉住環境コーディネーターの受験には、年齢や学歴による制限はなく、誰でも受験することが可能です。

しかし3級、2級、1級のうち、1級を受験する場合は先に2級に合格しておくことが必要になります。

福祉住環境コーディネーターの資格の3級、2級に関しては併願受験も可能となっており、2級から受験することも可能です。

福祉住環境コーディネーターの勉強法

福祉住環境コーディネーターの受験勉強については、

  1. 通信教育で勉強する
  2. 通学で勉強する
  3. 独学で勉強する

主に上記3つの方法があります。

1、通信教育で勉強する方法と想定期間

通信教育で勉強するメリットとして、学習用のテキストや勉強方法などを学べるうえ、試験対策などもおこなってくれる点があります。

また、通学よりも無理のないペースでサポートを受けられます。期間は概ね3~6ヶ月となっています。

2、通学で勉強する方法と想定期間

通学で勉強するためには、まずは自宅の近所にスクーリングが開催されているかを調べておく必要があります。

通学の場合、福祉未経験者から経験者まで対応しており、わからないことをすぐに担当者に質問できるというメリットがあります。

学習期間は試験日前の数か月間を活用していることが多いです。

3、独学で勉強する方法と想定期間

福祉住環境コーディネーターの資格を取得するためには、書店などで自分でテキストを購入し、学習する方法があります。

福祉住環境コーディネーターの資格を、独学で勉強する最大のメリットは、自分の生活環境に合わせて学習のペースを設定できることです。試験当日まで数日~数か月と、個人に合わせた期間で準備することができます。

テキスト代のみの費用だけで済ますことができる一方、わからないことは自分で情報収集して自己解決する必要があります。

3つの勉強法にかかる費用

ここでは、福祉住環境コーディネーターの資格を「通信教育で勉強して取得する」、「通学を利用して取得する」、「独学で勉強して取得する」、それぞれの勉強方法でかかる費用についてお話します。

通信教育の場合にかかる費用

通信教育の場合にかかる費用は、おおむね5万円ほどが相場です。

通信教育を利用して勉強する場合、福祉住環境コーディネーターの学習に必要な教材、勉強方法などを前もって用意してもらえるため、安定した学習効果が期待できますが、その分費用が他の勉強方法に比べると高くなっています。

通学する場合にかかる費用

通学する場合にかかる費用は、通信教育よりも抑えられており、3~4万円が相場になっています。

通学を利用して勉強する場合、自分で学習しながら担当者に質問などを行ったり、講義に沿って学習するスタンスのため、学習時間は通信よりも短くなっています。概ね10時間ほどの講義で構成されていることが多いです。

また、講義と家庭学習を併用することにより、モチベーションを維持するきっかけにもなることでしょう。

独学で勉強する場合にかかる費用

独学で勉強する場合は、上記で述べた通りテキスト代のみの費用となり、1万円以下が相場です。

独学は、モチベーションの低下や分からない用語などの問題が生じても、自力で解決にもっていける人が向いている学習方法ですので、情報収集がきちんとできること、スケジュールをすべて自分で管理できることが前提となります。

福祉住環境コーディネーター3級・2級・1級の勉強法

福祉住環境コーディネーターは、3級と2級どちらからでも受験が可能となっています。ただ、医療・福祉分野が未経験の方の場合、3級から学習されることをオススメします。

合格率は2016年度、3級が47.3%、2級が48.3%となっています。3級でも合格率は50%以下となっており、決して簡単な試験とは言えませんので、しっかりと対策を立てて学習しておくことが大切です。

また、福祉住環境コーディネーター1級を受験する場合は、先に2級に合格しておく必要があります。2016年度の合格率は7.3%と、2級の試験よりもさらに難関です。

福祉住環境コーディネーター3級の勉強法

3級は福祉分野の基礎となる法律、ユニバーサルデザイン、福祉用具、住まい環境の基本などが主体となっています。

試験問題は選択式となっていますので、全体的に用語を暗記しておくスタイルが大切となります。

福祉住環境コーディネーター2級の勉強法


2級は、3級で学んだ基礎をさらに応用した学習内容となります。福祉分野での法律もさらに深く学習することになり、専門用語に加えて、実際の事例を元にした知識を深めていく必要があります。

また、高齢者福祉や障がい者福祉に関しても、病名や疾患などの学習が必要となり、それぞれひとつひとつの特徴についても理解しておきましょう。

更に、相談業務に関しても学習が必要となります。

援助の進め方や環境整備の順序、フォローアップまでを学習するとともに、業務に関して限りなく近い状態まで学習しておく内容となります。

試験問題は福祉住環境コーディネーター3級の試験と同じく選択式となっています。しかし、3級よりも選択の方法が難しくなっていますので、途中で迷わないようにひとつひとつの用語の意味をしっかりと暗記しておきましょう。

福祉住環境コーディネーター1級の勉強法


1級に関しても2級で学習した分野の応用となりますが、法律、歴史、福祉分野、障がい者分野などのひとつひとつの用語に対しても深くまで学習しておく必要があります。

特に福祉分野や建築分野においても専門的な用語もより多くなり、学習範囲がとても広いということが考えられます。

そして試験内容も選択問題だけではなく、事例に対する提案の記述式の問題なども出題されます。

基本的には3級や2級とともに1級も暗記が主体となります。建築に関する寸法の暗記や、平面図などは読み取れるようになるまでしっかりと繰り返し暗記をおこない、対策しておきましょう。

仕事をしながら福祉住環境コーディネーターの資格を取得する方法

仕事をしながら資格を取得したいと考える場合、仕事の合間に学習時間を確保する必要があります。

試験対策のテキストには、公式テキストが発売されており、こちらを準備することがオススメです。

また、試験は選択式となっており、用語をしっかりと暗記しておく必要がありますので、繰り返しテキストを読み込み、内容を記憶しておくことがカギとなります。

仕事をしながらと勉強というのは最初は大変かもしれません。暗記型の学習の場合、何度も繰り返し読み込むことが大切となりますので、一度で覚え切ろうとせずに何度も読み返しても大丈夫だという心構えで臨むことがオススメです。

仕事の空き時間を利用して数分間だけでもテキストに目を通したり、電車などの通勤途中に単語を学習したりなど、少しずつでも毎日学習を続けることが大切です。

自分に合った勉強法で福祉住環境コーディネーターの資格取得を目指しましょう!

以上、福祉住環境コーディネーターの資格の勉強法についてのお話でした。

福祉住環境コーディネーターの資格取得のために関わらず、勉強といえば、モチベーションの維持や勉強時間の捻出(特に、働きながらの取得を目指す方)が大変と思うことも、たびたびあると思います。

福祉住環境コーディネーターの資格に関しては、合格率も高いということはなく、しっかりとした準備が不可欠です。

がむしゃらに頑張ることが必要なのではなく、自分に合った方法で、コツコツを勉強していくことが大切なのだと思います。

  • お金をかけられないから、まずは独学でチャレンジしよう
  • できるだけ短い期間で取得したいし、分からない所を聞きたいから通学にしてみよう

など、自分に合った勉強方法を、じっくり考えて選ぶことが、試験合格への近道です!

人気ランキング

52249 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

44632 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

37183 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

25177 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

23908 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

17368 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

15098 Views

介護施設の送迎ドライバーについて

13685 Views

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

介護実習01

12827 Views

現場の担当職員が歓迎する、良い介護実習になるコツ

12822 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。