介護職員初任者研修を働きながら取得する方法

資格・制度

働きながら初任者研修介護職員初任者研修の資格を働きながら取得しようと考えている。とは言っても、そもそも取得できるのか…という不安という方もおられるかもしれませんが、働きながら取得することは可能です。

なぜ、働きながらでも取得することが可能なのか、詳しく見ていきましょう。

なぜ介護職員初任者研修の資格は働きながら取得できるのか?

介護の仕事を始めるにあたって、初任者研修の資格を持っていると有利なのは間違いありませんが、介護の仕事を行うにあたって、必須とされている資格ではありません。

介護の仕事をしながら初任者研修を取得する場合、職場との相談にもよりますが、協力してくれる職場も比較的多いです。

入所施設であればシフトの調整であったり、資格取得を推奨してくれる職場では補助金が支給されることもあります。もし他職種からの転職を考えている場合、職業訓練を活用するのも手段のひとつです。

職業訓練の対象にならない場合は今の仕事を続けながら、初任者研修のスクールに通うことになります。もちろん仕事を続けながら取得できるように、受講コースにも様々な種類が用意されています。

介護職員初任者研修はどんな資格か?

介護職員初任者研修は介護の仕事を始めるにあたって、最初に取得しておきたい資格として位置付けられています。

この資格は、以前までホームヘルパー2級と呼ばれていました。

2013年にはホームヘルパー2級は完全に廃止と共に初任者研修に移行され、福祉の仕事を始めたいという方にとって、まずはこの資格を取得してから就職先を探すという流れが一般的となっています。

介護職員初任者研修を取得しておくことにより職場でも信頼が増し、任せられる仕事も増えてきます。

また、現場では介護職員初任者研修の資格を取得しておくことが望まれていますので、資格を取得しておけば転職時にも有利になります。

介護職員初任者研修の資格取得にかかる時間

介護職員初任者研修の取得方法には様々な種類が用意されています。

学校に通学して資格取得を目指す場合、概ね週4~5回通学することになり、全体で130時間のカリキュラムが組まれています。

通常のスクールの場合は、朝から夕方までの講義となりますので、早い期間での取得が可能になります。およそ約1~1.5カ月の期間で取得が可能です。また130時間のカリキュラム内訳は、スクーリング必須時間89.5時間、自宅学習(レポート提出)の必須時間40.5時間となっています。

忙しくてなかなか時間が取れないという方の場合は、自宅学習とレポート提出を活用しましょう。昼間は働きながら夜間のスクーリングを活用したい場合、概ね3カ月ほどの期間をみておくことを推奨いたします。

また、スクールによっては週2回、週3回のコースなど、無理のないように取得できるコースが用意されています。平日コースや土日コースなどがあり、そのコースによって取得できる期間も異なってきます。

介護職員初任者研修の取得に必要な勉強内容

介護職員初任者研修は、介護の経験がない方からでも資格を取得できるように構成されていますので、不安になる必要はありません。介護の基本は相手の尊厳を守ること。

難しく考える必要はなく、介護を必要としている方に丁寧に接することを心がけましょうというものです。

そしてテキストを通じて認知症や高齢者の身体状況を頭で理解していきます。

介護は機械操作のように正解はありませんので、あくまでもテキストは一例です。その心構えを元にして勉強を進めていただきたいと考えます。

1.職務の理解

介護職員といっても、働く職場によってサービスの提供の仕方や動き方は異なります。

まずは介護現場の種類をテキストからイメージし、どのようなサービスがおこなわれているのかを知っておきましょう。

2.介護における尊厳の保持、自立支援

尊厳というと難しく聞こえがちですが、あくまでも相手を人として目上の人として見ることを心がけていこうというものです。

利用者さんに対してどのように援助をおこなえば自立支援のケアに繋がっていくのかをイメージしていきましょう。

3.介護の基本

介護職は利用者さんに尽くす職種ではなく、きちんとルールに基づいて動いています。

自分自身の安全の確保をおこないながら利用者さんに対しても良いケアを提供できるよう、基本をイメージできるようにしていきましょう。

4.介護、福祉サービスの理解と医療の連携

介護の仕事は主に介護保険を活用して提供されています。

福祉サービスが開始されるまでの背景には様々な手続きがおこなわれており、更には医療機関との連携もおこなわれています。利用者さんが快適に過ごしていけるように福祉分野や医療分野が連携されています。

時代の流れと共に連携内容も変わっていきますので、新聞やインターネットで情報を掴むことをイメージしておきましょう。

5.介護におけるコミュニケーション技術

コミュニケーションと聞くと、話術をイメージするかもしれませんが、介護におけるコミュニケーションは話術だけではなく、五感を活用していく技術になります。

場所とタイミングにもよりますが、利用者さんとは長い付き合いになることがほとんどなので、信頼関係を築いていくには時間がかかります。

また職員同士のコミュニケーションの取り方なども学んでいきますので、安心して職場に参加することができるように配慮されています。自分自身を見直しながらイメージを作っていきましょう。

6.老化の理解

人間誰でも年齢は重ねていくものですが、老化に伴って活動範囲がどのように狭くなっていくのかという理解が必要となります。

介護を続けていく上で、高齢者が体を動かすことにどれほどの労力が必要なのかなどをイメージしておくと、実際の介護現場での支援に非常に役に立ちます。

自分には簡単にできることでも、利用者さん全員ができるとは限りません。その違いをイメージしておくことが大切です。

7.認知症の理解

認知症という言葉はだいぶ周知されるようになりましたが、一言に認知症といっても種類は様々で、人によって症状も様々です。物忘れという症状があったとしても、人によって度合いも違います。

介護職員として働くには、認知症の理解は大切です。

一見意味のないような言動や行動にも、本人にとっては大切な意味をこめて活動しているというイメージを作っておきましょう。

8.障害の理解

利用者さんを支える家族、障害を持った方への支援には同じ環境を経験した人にしか分からない苦悩があります。介護職員を続けていくと、利用者さんの家族とも接する機会があります。

信頼関係を得るためにはどのようなサポートが必要かというイメージを作っておくことが大切です。

9.こころとからだの仕組みと生活支援技術

ホームヘルパー2級の時は施設に直接実習に行くという時間がありましたが、その内容は今回撤廃され、代わりにスクールで演習技術の時間が設けられました。ベッドから車いすへの移乗や入浴技術など介護技術に関する内容です。

介護職員の立場と利用者さんの立場を交代しながら体感できる授業ですので、何度も実践しながらイメージを掴んでいくことができます。

10.振り返り

最後に全体を振り返ることのできる時間があります。

いざ実践してみて疑問に感じることや、もう一度確認しておきたい内容をまとめておきましょう。スクーリングなので遠慮は必要ありませんので、この時間を活用して自分の知識を高めておきましょう。

働きながら介護職員初任者研修を取得する方法

働きながら資格を取るということは労力がかかることですが、介護職員初任者研修は仕事をしながらでも無理なく取得できるコースも設けられています。

  1. 現在の勤務時間に合わせてスクーリングの日程を調整する(土日、夜間など)
  2. 自宅学習を活用してスクーリングの時間を調整する(自宅学習40.5時間)

1.通信学校に通って取得する方法

すべてのカリキュラムを自宅にいながら取得できれば一番いいのですが、介護職員初任者研修の場合はスクーリングは必須となります。


しかし、カリキュラム130時間のうち、40.5時間は自宅学習が可能ですので、自宅で学習してレポートを提出すればその分通学にかかる手間を省くことができます。自宅から学校までの距離が遠い場合や、現在働いている仕事との都合を合わせやすくなります。

また働いている職場の勤務時間に合わせて、昼間コースや夜間コース、土日コースなども用意されていますので、支障のないコースを選ぶことができます。

2.独学で勉強する方法

独学で初任者研修の内容を進めていく場合、レポートや試験に合わせたイメージを作っていくことが大切です。各授業にはレポートや試験が用意されていますので、先生の指導のもと、課題を与えられます。

レポートは文章を作成する技術が必要になりますので、小論文の本などを参考にしながらレポートを作成していきましょう。

介護技術に不安がある場合

演習授業では大人数でグループ別に演習をおこなう時があります。

時には上手く介護技術が習得できない場合もあるかもしれませんので、そんな時は先生にアドバイスを受けることも大切です。介護技術にはコツがありますので、慣れれば必ずできるようになります。

何度も質問やチャレンジができる機会は学校以外ではありませんので、何度も繰り返し実践していく気持ちを持っていきましょう。

介護職員初任者研修を取得するのに適している職場

資格を取得するにあたって、最も適している職場は介護職場ですが、実情では入社する前に先に初任者研修を取得するパターンが多いのも事実です。

介護現場で働きながら取得したい場合、まずはパート勤務で資格の必要ない施設で勤務しながら資格を取得するケースがあります。その場合は変則勤務のないデイサービスがおすすめです。

訪問介護員の場合は初任者研修の資格がないと身体介助ができないことから給料にばらつきが発生しやすいのでおすすめしません。

変則勤務でも構わない場合は介護施設で働きながら資格を取得しましょう。

まとめ

介護の仕事を始めるにあたって、最初に取得しておきたい資格がこの介護職員初任者研修です。以前のホームヘルパー2級時代には、職場実習が一番辛かったと言われています。

理由は「数日間の実習では現場で何もさせてもらえず、ただ見学していただけ」という内容が多かったためです。初任者研修ではこの職場実習が撤廃されたことにより、スクーリングのみでしっかりと演習をおこないながら資格を取得できるというメリットがあります。

そして資格を取得して、改めて自信を持って介護現場で働いていけるようにサポートされています。この資格は座学とスクーリングで資格を取得でき、そして現場でも必要とされる資格です。

そして実務経験を3年積み介護職員実務者研修を取得すると、国家資格である介護福祉士にもステップアップできるため、将来性のある資格です。

まずは介護職員初任者研修の取得を目指していきましょう!

人気ランキング

107135 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

57974 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

55671 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

51801 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

40290 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

31869 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

31412 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

27186 Views

今日から役立つ!介護の基本(6) 介護記録の上手な書き方

24472 Views

よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説

22219 Views

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。