かいごガーデン 介護がもっと楽しくなるサイト かいごガーデン 介護がもっと楽しくなるサイト

訪問介護の要!サービス提供責任者の仕事内容と必要資格

資格・制度


訪問介護事業所において、必ず必要な人材に「サービス提供責任者(サ責)」があります。

サービス提供責任者は、介護保険の利用により訪問介護(ヘルパー)を利用する際に、必ず必要な存在であり、責任が大きい仕事をする役割を持っています。

今回の記事では、サービス提供責任者はどんな仕事をしているのか、どうしたらなれるのかについて、ご紹介します。

介護のサービス提供責任者の仕事内容


指定訪問介護事業所に必ず存在するサービス提供責任者は、主に訪問介護員(ヘルパー)の業務の管理を行います。

以下の項目では、その管理業務の詳細について確認していきます。

  • 訪問介護員(ヘルパー)の管理
  • 利用者の管理
  • 訪問介護計画書の作成・管理
  • サービス担当者会議の参加
  • 事務的な仕事

訪問介護員(ヘルパー)の管理

サービス提供責任者は、訪問介護事業所に所属している訪問介護員(ヘルパー)に関する管理をおこないます。

まず、訪問介護員に対し、利用者の状況について情報を伝えていきます。また、訪問介護計画書をもとに、具体的な援助目標や援助内容を説明します。

その際、訪問介護員が不安と思っていることの相談にのったり、技術指導や研修などを実施したりします。

訪問介護員全員の業務の実施状況を把握し、個人の能力や希望を踏まえた業務管理を行います。

利用者の管理

サービス提供責任者が把握・管理を行うのは、事業所内の訪問介護員だけにとどまりません。

もちろん、利用者の身体状態の変化や、介護・介助サービスに関する希望、困っている点なども、定期的に把握します。

必要なことがあれば、利用者の生活の改善を目指すために、ケアマネジャーなど関係機関と連携をとり、利用者の家族との関わりもしっかりと持ちます。

訪問介護計画書の作成・管理

利用者が暮らしている環境や希望に沿って、具体的なサービス内容等を記載した、訪問介護計画書を居宅サービス計画の内容に沿って作成します。

作成した訪問介護計画書については、利用者または家族にその内容を説明し、同意を得るとともに、訪問介護計画書を利用者に渡します。

訪問介護計画作成後も、実際の介護サービスの把握をおこない、必要があれば訪問介護計画書を変更します。

変更箇所があれば本人、ご家族、ケアマネジャーに報告します。訪問介護サービスが実際に行うサービス内容は、必ず明確にしておくことが大切です。

サービス担当者会議の参加

ある利用者に対して、サービス担当者会議の開催が決まると、ケアマネジャーから連絡がきます。

対象の利用者について、ヘルパーなどからも情報収集をして、現状や今後の希望などを報告できるように準備をしてサービス担当者会議に参加します。

サービス担当者会議では、他事業所の担当者や、介護サービス利用時の様子を知ることができますので、貴重な情報交換の場になります。

事務的な仕事

サービス担当者会議への出席や、利用者に関する情報の共有など、ケアマネジャーとの連携を行います。

また、毎月サービス利用者の状況についてケアマネジャーに報告を行ったり、訪問介護員(ヘルパー)のシフト作成なども行ったりします。

介護サービス提供責任者のシフト(労働時間)

事業所によって労働形態はそれぞれではありますが、基本的には訪問介護員(ヘルパー)たちの都合をしっかりと確認・把握します。

サービス提供責任者として、事業所全体を働きやすい環境に整える必要があるため、本来であれば事務的な仕事が主であるところですが、実際には、訪問介護員がお休みになってしまったときなど、介護の現場(利用者宅)に入り、サービスを行うこともあります。

介護職員がたくさんいれば事務的な仕事に集中できるところですが、他の介護職員から相談を受けたり、技術指導をしたりなどで時間をとられるため、比較的労働時間は長いと言われています。

介護サービス提供責任者になるために必要な資格


介護サービス提供責任者になるためには、実務者研修以上の資格が必要です。

介護サービス提供責任者は、その業務内容の重要さから、専門的な研修により知識を得た人材であり、経験と技術を人材であることが求められるのです。

以下に、介護サービス提供責任者になるためのステップアップに必要な介護系資格を、まとめてみました。

介護福祉士

その名の通りですが、介護福祉士の国家資格を有した者を指します。

介護の専門的知識・技術を持ち合わせているとして、サービス提供責任者として求められる人材です。

<関連記事>
介護系の国家資格、介護福祉士を目指すにあたって最初に準備すべきこととは?

実務者研修

より質の高い介護サービスを提供するために、実践的な知識と技術の習得を目的とした、実務者研修を受けた人を指します。

この実務者研修の資格も、サービス提供責任者に求められるものです。

介護職員として現場で安全に働く上で必要な介護に関する分野の知識や、認知症などについて学び、介護の専門家として生涯働くことを続けるためのスキルを磨きます。

平成28年以降からは国家資格である介護福祉士を受けるためには必要な研修となっています。

また、ヘルパー2級を取得後3年以上の実務経験があれば、サービス提供責任者にはなれるのですが、介護福祉士または実務者研修を受けていないサービス提供責任者を事業所に配置していると減算となるため、実務者研修修了者以上の人材が求められているのです。

<関連記事>
今話題の実務者研修資格とその魅力について

介護サービス提供責任者の仕事のやりがい

  • 利用者
  • 利用者の家族
  • ケアマネジャー利用者
  • 訪問介護員
  • 介護関係機関

上記のような様々な人との連携やコミュニケーションをうまく図りつつ、多忙な業務をこなしていくのが、介護サービス提供責任者です。

「大変な仕事」とひと口に言ってしまうと簡単ですが、実際には、大変さの中にやりがいをもって働いている方々がたくさんいます。

介護の業界に限らず、役割を持ちながら、そしてやりがいを感じながら働くのはとても素晴らしいことですよね。

ここからは、介護サービス提供責任者として感じられるやりがいの一例を紹介していきます。

訪問介護員さんたちとの関わりで得るやりがい

先述していますが、訪問介護員(ヘルパー)を管理、そして育成していくことが、介護サービス提供責任者の仕事です。

新人として入ってきた訪問介護員が、技術的にどんどん成長していくのを見ることも、「利用者さんから感謝された!」と喜んで報告してくる姿を見ることも、介護サービス提供責任者としてやりがいを感じます。

一緒に喜びや悩みを分かち合うことで、双方ともに仕事の意義を確認できると言えるのです。

自分たちの”気付き”で利用者の目的が達成されたときのやりがい

利用者の状況を把握することは仕事の一環です。

利用者のニーズをうまく引き出し、チーム全体で改善策を打ち出し、そして利用者の目標が達成されたときに、大きなやりがいを感じることができるのです。

目標が達成された利用者の喜びに自分も関わっているのだと思うことで、仕事のモチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。

介護サービス提供責任者に必要な素質・考え方

介護サービス提供責任者について、事業所が求める人材は、利用者が自立した生活を送るための適切なサービスを提案することができる、豊富な知識と経験を持った人です。

また、訪問介護員の指導者(リーダー的な存在)であり、理解者であり、相談者としてバランスをとりながら、環境づくりを行える人です。

こうして並べると、ハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、介護士の仕事に真摯に向き合い、将来を見据えながらスキルアップ・キャリアアップに着実に挑戦していける人なら、いずれは身につくものです。

利用者と訪問介護員のスケジュールを管理するだけではなく、訪問介護員の得意とする業務と、利用者の求めるサービスがうまく合致するように担当者を決めていく必要があるため、相手の立場や考え、希望を尊重しながら、全体的に見渡せる能力を持つ人は特に適任だと言えます。

介護サービス提供責任者は利用者・ご家族・訪問介護員から頼られる、とてもやりがいのある仕事


介護サービス提供責任者は、長年住み慣れた自宅で生活を続けたいという、高齢者のニーズにこたえるため、生活援助や身体介護を行う、訪問介護事業の中心にいます。

高齢者の在宅生活の継続を支援するために、必要な訪問介護員をまとめていく管理能力が問われるサービス提供責任者は忙しい仕事ではありますが、そのぶんやりがいは大きいものです。

利用者、利用者のご家族、そして事業所内の他の介護職員から頼られる、特別な存在だと言えます。

さて、ここまで読んできて、「介護の仕事にずっと関わっていく上で、将来はサービス提供責任者になるのもいいかもしれない」と思った方もいるでしょう。

業務内容から考えると、介護サービス提供責任者になることは難しそうにも思えますが、初任者研修からスタートして、そこから着実に知識と技術を身につけていけば、なることはできます。

以上、訪問介護士の”要”であるサービス提供責任者についてのお話でした。

今からサービス提供責任者を目指されるという方は、焦らずコツコツと頑張ってくださいね!

人気ランキング

34099 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

24589 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

11099 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

10283 Views

介護施設の送迎ドライバーについて

9712 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

介護実習01

9673 Views

現場の担当職員が歓迎する、良い介護実習になるコツ

8440 Views

ベテラン介護職員が教える とっておきの手荒れのケアとは?

6613 Views

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

6367 Views

介護業界の平均勤務年数について

6237 Views

介護職員初任者研修を働きながら取得する方法

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。