あなたも認定介護福祉士に。介護福祉士の上位資格でスキルアップ

資格・制度


介護現場のプロとして活躍している介護職の国家資格といえば、介護福祉士が挙げられます。

さらに近年、介護福祉士の上位資格として「認定介護福祉士」が設立されました。今後のさらなるスキルアップに備えて、認定介護福祉士の重要性や必要性について知識を深めておきたいですよね。

今回は、認定介護福祉士の基本情報や、認定介護福祉士のなり方についてみていきましょう。

認定介護福祉士とは?

認定介護福祉士は「一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構」により設立され、運営されています。

認定介護福祉士の資格の取得過程では、介護福祉士自体の資質を高め、在宅介護や入所介護・通所介護などのあらゆる介護知識に精通し、多くのニーズに対応できるスキルを習得します。そして、介護職員に対しても適した指導を行える人材を育成することが、認定介護福祉士の資格の狙いです。

現在までは、介護福祉士を介護現場でのトップリーダーと位置づけることも多かったですが、さらに上級のポジションを設立しているということになりますね。

認定介護福祉士と介護福祉士の違い

では、実際の介護業務の中で、認定介護福祉士と介護福祉士にはどのような違いがあるのでしょうか。

以下で詳しく、認定介護福祉士と介護福祉士の違いについて見てみましょう。

介護福祉士は介護のプロの証明

  • ケアプランに基づいた介護支援業務を行える
  • 介護現場のプロとしての証明になる

介護福祉士の資格では、計画に基づいた介護業務ができ、”介護現場のプロ”であることが示せます。

認定介護福祉士は介護のプロ、そしてリーダー素養の証明

  • ケアプランに基づいた上で、数多くの知識・経験を加えた最適な介護支援業務を行える。
  • 数多くの知識・経験から、これからさらに幅広いニーズが必要になるであろう介護の事例に対応することができる
  • 介護現場のプロとしての証明になることはもちろん、リーダーとしての素養も示せる

認定介護福祉士の資格は、介護福祉士の資格と同様に”介護現場のプロ”であることが示せることはもちろん、他の介護職員に対して的確な指示が与えられるかどうかという、リーダーに必要な素養を示せます。

「皆を引っ張っていけるような人材がほしい」と考えている介護施設・訪問介護事業所が必要としつつある資格なのです。

認定介護福祉士になるには?

キャリアアップ・スキルアップの1つの方法として、非常に有効な認定介護福祉士の資格の取得。

認定介護福祉士になるためには、介護福祉士としての実務経験や指定の講習を受講することが必要になります。

以下で、認定介護福祉士になるために必要な条件等について、詳しく見ていきましょう。

認定介護福祉士になるために必要な条件や資格

認定介護福祉士になるためには、まずは国家資格である介護福祉士の資格を有していることが必要であり、そこから実務経験を重ねていきます。

また、認定介護福祉士の最初の研修である「認定介護福祉士養成研修Ⅰ類」を受講できる条件として、介護福祉士としての実務経験5年が必要とされています。

<参考元>一般社団法人 認定介護福祉士認証・認定機構「認定介護福祉士になるために」

認定介護福祉士を目指すにあたり、あればなお良い経験

また、認定介護福祉士になるために必須というわけではありませんが、”できればあることが望ましい”という介護業務経験がありますので、その内容についてもチェックしておきましょう。

  • 介護職の小チーム(ユニットなど、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダーの経験
  • 居宅系介護サービスと居住(施設)系介護サービス、双方での生活支援の経験

認定介護福祉士になるまでの流れ


介護福祉士の資格を得たあと、上記で説明した5年以上の実務経験を重ねると、認定介護福祉士になるための研修に行くことができるようになります。

ただ、実施する自治体によっては、認定介護福祉士の研修の前に、介護福祉士が受けることのできる「ファーストステップ研修」の修了を求められることがありますので、事前に確認しておきましょう。

他にも、認知症介護研究・研修センターの実施する「認知症介護指導者養成研修」や群馬県の実施する「ぐんま認定介護福祉士養成研修」も機構の定める研修に含まれます。

<参考元>一般社団法人 認定介護福祉士認証・認定機構「研修認証基準における機構の定める研修について」

まずは、介護福祉士の資格が必要

大切なことですが、まずは国家資格である介護福祉士の資格が必要で、ここからがスタートです。

その後、実務経験を5年積み、自身が研修への申し込みにしっかり該当しているかを確認しておきましょう。

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類を修了する

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類は、合計345時間の講習となっています。

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類は、医療に関する領域、リハビリテーションに関する領域、福祉用具と住環境に関する領域、認知症に関する領域、心理、社会的支援の領域、生活支援、介護過程に関する領域などのカリキュラムから構成されています。

研修の内容は主に講義や演習となっており、授業によっては課題学習を可能とする科目もありますので事前に確認しておきましょう。

認定介護福祉士養成研修Ⅱ類を修了する

認定介護福祉士養成研修Ⅱ類は、合計255時間の講習となっています。

認定介護福祉士養成研修Ⅱ類は、Ⅰ類と同様に、授業によっては課題学習を可能とする項目もありますので、しっかりと確認しておきたいところです。

Ⅱ類を受講するためには、Ⅰ類の研修を修了していることが条件となります。Ⅰ類で学んだ知識を持って、認定介護福祉士に求められる判断力や考える力などを養成することを目的としています。

Ⅰ類からの応用となったカリキュラムが構成されており、医療に関する領域、心理・社会的支援の領域、マネジメントに関する領域、自立に向けた介護実践の指導領域などがあります。

認定介護福祉士の養成研修修了後、認定申請を行う

認定介護福祉士の認定は、介護福祉士の認定の仕組みとは異なり、試験の実施がありません。認定介護福祉士の研修修了後に、自主的に認定申請を行うことにより、認定証が発行されます。

認定介護福祉士の認定の申請は、一般社団法人「認定介護福祉士認証・認定機構」へ行います

書類審査による資格の認定後には、ホームページにて氏名や所属団体が公開されます。

ちなみに、認定介護福祉士の資格は5年ごとの更新制となっています。

<参考元>一般社団法人 認定介護福祉士認証・認定機構「認定介護福祉士の認定」

認定介護福祉士はこれからさらに注目されるであろう資格


認定介護福祉士の資格は、設立されてからまだ日が浅い資格です。

実際に、認定介護士の資格を取得している人数もまだ数十人しかおらず、現状では介護福祉士が現場の最前線に立ち、実務上のリーダーとしても活躍し続けています。

また、認定介護福祉士の資格を取得しても、まだ知名度が低く、多くの職場で給与面や待遇面での差別化も確立されていないケースが多いかもしれません。

研修時間が合計600時間と長期にわたることから、働きながら研修に参加することはハードルが高いと言えるでしょう。

しかし、認定介護福祉士の研修の内容は、介護福祉士からスキルアップを図りやすい内容で構成されており、将来もっと幅広くなるであろう介護分野に対応できると思われます。

「将来的に、介護分野の全体像を把握している職員(リーダー)になりたい!」という考えをお持ちの方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

人気ランキング

122683 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

68266 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

64466 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

60297 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

47227 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

40375 Views

今日から役立つ!介護の基本(6) 介護記録の上手な書き方

39695 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

38380 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

34554 Views

よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説

26049 Views

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。