スウェーデンから学ぶ福祉、介護。福祉大国のしくみとは

使えるハウツー

スウェーデンの国旗

以前、デンマークの社会福祉制度や介護システムについてご紹介いたしましたが、今回はもうひとつの福祉大国の介護事情についてもご紹介していこうと思います。今回取り上げるのは「スウェーデン」です。スウェーデンは昔から福祉大国と言われており、デンマークと同様に世界の中で福祉の先端を走っていると言われ、何かと参考にされています。もちろんスウェーデンの介護事情にも色々と問題はあると言われていますが、やはり見習える部分も非常に多いのではないかと筆者は考えています。介護現場で問題が出た時に、どこに問題があって、他者はどう解決したかなどはやはりいろいろな事例を知っておいて損はないですよね。

それではスウェーデンの介護システムをご紹介していきます。

スウェーデンってどんな国?

福祉大国スウェーデン、ストックホルムの街並み

なんとなくヨーロッパの上の方にある国というイメージはあるものの…といった感じの方も多いのではないかと思いますので、まずは地理的な情報から確認していきましょう。スウェーデンは北欧に位置し、北東にはフィンランド、西はノルウェー、またオーレスン海峡を挟んでデンマークと向かい合っている北欧最大の国です。公用語はスウェーデン語ですが、ほぼ皆英語を話すことができます。文化的な面でいうと日本でも大人気のファッションブランド「H&M」やインテリアブランド「IKEA」がスウェーデン発祥です。

また、税金等の面は日本と大きく違います。それは、消費税が25%であったり、所得税が30%程度であることなどが挙げられます。この高い税率のため、介護を受ける際はほとんど費用がかからなかったりと優遇を受けられるようになっています。

福祉大国「スウェーデン」から学ぶ介護システム、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。