介護レク特集 vol.1 介護現場でレクレーションが担う役割

使えるハウツー

レクリエーション介護士 講師による連載コラム 介護現場のレクの悩み あるあるをスパッと解決vol.1
現在、介護サービスの種類には様々なものがあります。デイサービス、特別養護老人ホーム、グループホーム、有料老人ホームなど・・・。 その多くの現場で、レクリエーションが実施されています。

この「レクリエーション」ですが、ほとんどの施設で実施されているものの、絶対に行うべきものなのでしょうか。

結論から申し上げると、答えは「YES」です。
介護の現場にレクリエーションは必ず必要です。そしてそれは大変重要な役割を担っています。

なぜでしょうか?

施設には介護が必要な高齢者の方々がいらっしゃいますが、私たちと同じ人間です。ですから、まずは私たちに置き換えて考えてみましょう。

選択と楽しみ

私たち・・・(働く世代)とします。多くの方が週に5日仕事をしていることと思います。まず、朝起きて身だしなみを整えます。着ていく服がスーツであれば、どの色のスーツとワイシャツを組み合わせるか?ネクタイはどうするか?靴はあっているか?朝食であれば、パンにしようか?ご飯にしようか?

出かけるまでにも、私たちは実に多くの選択をしています。そしてその選択は全て自分の好みによって選ばれています。「仕事に着ていく服」にしても、そもそも買い物のときに店に並んだ多くの服の中から好みのものを選んでいるはずです。

通勤は、電車の方、車の方、これもまた人によって手段は様々かと思います。しかしながら電車に乗って周りを見渡すと、皆さん通勤中に実に様々なことをしています。音楽を聴いている方、読書をしている方、スマホを見ている方、寝ている方・・・ 移動中にも各自が自分のライフスタイルにあった何かを必ず選択してその時間を楽しんでいるのです。

職場では気の合う同僚を見つけ、一緒にランチを楽しんだり、時には仕事帰りに食事などもするかと思います。

日々の仕事が忙しくて、とても自分の時間なんて取れない!そう感じていらっしゃる方も多いかと思います。しかし、私たちはこうした日々の生活の中で無意識にとても上手に楽しみを盛り込んで生活をしているのです。そしてこうした小さな楽しみひとつひとつが合わさって、日々の充実に繋がっています。

もしも、こうした楽しみがなくなってしまったらどうでしょうか?

髪型も服も食事も全て決められて、ただ流動的に毎日を過ごすとなるとどうでしょう?少し、想像してみてください。
通勤時間でもすることを決められて、職場では互いの交流を禁止される。仕事が終わると、また決められた通りに電車での時間を過ごし、帰ってからもただ出されたものを食べ、寝るだけ。

おそらく多くの人が、そんな毎日はいやだ~!と叫んでしまいそうになりませんか?

介護レク特集 vol.1 介護現場でレクレーションが担う役割、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。