嚥下(えんげ)しやすい「代替餅」料理をご紹介!

使えるハウツー

嚥下(えんげ)しやすい「代替餅」:白玉
日本には四季があり、それに合わせて食卓に並ぶ料理にも変化がありますよね。

季節によって食べたくなるものは皆様も変わってくるでしょうが、冬といえば、鍋などあたたかいものが食べたくなりますね。また、それと同じくらい「お餅」は冬の食材として存在感を増します。しかし、歳を重ねていくと飲み込みも心配だから…と敬遠されがちな食材でもありますよね。

でも、ご心配なく!今回は、高齢者でも安心して食べられる、お餅の代替料理をご紹介します!

お餅がのどにつまるのはなぜ?

高齢者が喉を嚥下しづらい様子
まずは高齢者になると良くある『食べ物がのどにつまる』メカニズムを簡単にご紹介しておきます。

食べ物が認知され、口腔、咽頭、食道を経て胃に至るまでのすべての過程を嚥下といいますが、高齢になった事などにより嚥下機能が衰えてしまい、食べ物が喉に詰まってしまうのです。

また、お餅が喉に詰まりやすい原因は食材の特徴でもある『べたつき』にあり、お餅の『べたつき』はゼリーの100倍とも言われています。この付着性と、嚥下機能の低下が合わさり、のどにお餅がつまりやすくなってしまうのです。

では、このメカニズムを踏まえたうえで、次からは喉に詰まりにくいお餅の作り方をご紹介します。

嚥下しやすい食べ物に関して、こんなコラムも参考に
高齢者向けお菓子、知識と工夫で嚥下しやすく、楽しめるものに

嚥下しやすい“代替餅”料理をご紹介!、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。