介護業界における”アセスメント”の仕事内容とは? | 事例で分かりやすく紹介

使えるハウツー


介護職についてまだ間もない人や、介護について学び始めたばかりの人は、「介護アセスメント」ときいても、ピンとこないかもしれません。

そこで今回は、介護業界におけるアセスメントの仕事内容について、事例を挙げながら詳しく解説していきます。

介護業務におけるアセスメントとは?

アセスメントとは、介護過程の第一段階において、利用者の課題分析をする為に、何を求めているのかを正しく知るために行われる評価や査定のことを示しています。

ちょっと難しく感じるかも知れませんが、つまるところ介護アセスメントは、利用者の現在の状態をよく知り、利用者が何を求めているのか、希望・要望を掴むために行われます。

アセスメントは、事業所が定めている用紙に記入したり、システムに入力したりして作成されます。

そして、作成されたアセスメントシートを元にして、利用者1人1人にあった介護計画書が作成されるのです。

アセスメントシートの共有先は、介護計画の作成担当者のみならず、介護・看護スタッフなど、その方に関わる職種すべてに及びます。

介護アセスメントを行う職種

介護アセスメントは、ケアマネジャーが担当することが多いです。

事業所によっては、担当している利用者のアセスメントを、介護スタッフが行うこともあるようです。

つまり、ケアマネジャーだけでなく、介護に携わるすべての人が、アセスメントに関わる機会があり得ると言えます。

介護アセスメントを行うタイミング

利用者に対する介護アセスメントは、サービスの利用中何度も行われます

最初に介護アセスメントが行われるのは、サービスの利用開始時です。サービス開始時には、介護計画書が必要になるのですが、先述したようにこの介護計画書の作成には、アセスメントで得た情報が反映されるわけです。

上記で述べた、介護サービス利用開始に伴うアセスメントに加え、利用者の状態が変化した時、介護保険の更新が行われた時などにも、介護計画書の見直し・それに伴うアセスメントが、再度行われます

アセスメントにおける情報収集の対象人物

介護アセスメント(利用者についての情報収集)の対象になるのは、以下の方々です。

  • 利用者本人
  • 利用者家族
  • 親戚など、利用者本人の介護に関わりのある方
  • 必要であれば民生委員など、地域で関わりを持ってくれている方
  • すでに利用していたサービスなどがあれば、その担当者
  • 診察を受けている病院の医師や看護師
~利用者本人およびその周辺の方からのアセスメントが必要な理由~

利用者本人からの情報収集は、もちろん重要です。

ですが、本人からのみ情報を得ても、介護の計画として活かすには不十分であると言えます。

それは、認知症の利用者が、自分の置かれている状況をしっかり把握できているとは限らないということや、本人のニーズと家族のニーズにずれが生じている可能性があるからです。

例えば、認知症の利用者は、若い頃と性格が変わっていたりします。昔はどうだったのか、その人らしさを知る上で、若い頃のご本人を知る人に情報提供を求めることが必要です。

また、本人は大丈夫だと思っていても、家族はサービスの必要性を感じていることもあります。利用者本人はもちろんのこと、家族のニーズも把握することで、”本当に”求められる介護サービスを提供することができるのです。

介護アセスメントを行うときの重要ポイント


身体機能や周囲の環境、求めているサービスや目指している状態などは、利用者1人1人によって違います。

介護アセスメントでは、これらたくさんの情報を知らなければなりませんが、利用者の負担も考えて、あまり時間をかけすぎないように、ポイントを押さえて聞き取りを行うようにしましょう。

的確な聞き取りを行うために、事前に、利用者本人から聞き取ったり、本人の様子を見たりすることでしか把握できない項目をピックアップしておいてください。

家族のニーズや、家族から見た本人の情報などはご家族に確認し、医療情報については主治医意見書などから情報を得るというように、「この人にはこれを聞く」と明確に分けてアセスメントを行うと、スムーズに情報を集めることができます。

介護アセスメントの必要項目

介護アセスメントに必要な情報は以下のとおりです。

  • 利用者本人の希望(目標)
  • 利用者家族の希望(目標)
  • 家族構成
  • ADL(日常生活動作)
  • 居住環境
  • 介護の状況
  • 生活歴・趣味など
  • 現在の1日の過ごし方など

利用者1人1人の身体状況を把握することはもちろんですが、“利用者その人を理解する”という体で、様々な角度からアセスメントを行うことが理想です。

介護アセスメント事例(ケーススタディ)

では、介護アセスメントについて、ケーススタディとして事例を挙げながら、実際にどんなことが行われ、どんな人にどんな提案をするのか、見ていきましょう。

  1. 男性・60代・要支援2
  2. 女性・70代・要介護2・認知症の症状が出始めている
  3. 男性・90代・要介護5・重度の認知症

パターン1. 男性・60代・要支援2

要支援2の男性は、奥さんに先立たれて一人暮らしです。

※要支援2は、手段的日常生活動作を行う能力が少し低下し、機能の維持・改善のために支援が必要な状態を指します。

男性の周囲へのアセスメントのキーパーソンは、嫁いでいる娘さんだが、離れて暮らしているため、基本的には電話でのみ対応してくれる状況でした。

男性本人へのアセスメントでは、何に困っているのかということを直接聞いたのですが、なかなか出てこなかったようなので、まずは1日の行動の流れを聞き取り、その中で困っていることがないのかを探っていきました。

また、住環境についても、1日の流れを聞くと同時に把握しました。

また、家族構成や、生活歴などについては、男性の娘さんからの聞き取りを行いました。

本人および娘さんへの聞き取りにより、本人・家族ともに、近年話題になっている、高齢者ドライバーの運転ミスを、自分も起こしてしまうのではないかということを心配しており、車の運転を辞めたいと考えていることがわかりました

ケアプランの内容として、男性は、病院への通院、食料品・日用雑貨の買い出しで主に車を利用するため、通院乗降介助と家事援助のサービスについての提案を行いました。

また、地域のサービスとして、コミュニティーバスの利用の提案も行いました。

パターン2. 女性・70代・要介護2・認知症の症状が出始めている

要介護2の女性は、息子家族と同居しています。

※要介護2は、手段的日常生活動作を行う能力が低下し、排泄・入浴・歩行・起き上がりなどに部分的な介護が必要である状態を指します。

息子さんに行ったアセスメントでは、認知症の症状が出始めており、本人がきちんと入浴が行えているのか、また、日中仕事で留守にしている間、服薬は適切に行えているのかがわからず、心配されていました。

女性は、自分が認知症であることは認識していなかったため、お風呂や服薬について何も問題はないと行っていました

女性からは、これまでの生活歴などの聞き取りや住環境の確認も行い、ケアプランの内容としては、入浴に関しては、転倒などの危険がないように、念の為にデイサービスの利用を提案しました。

女性が知っているデイサービスが1ヶ所あり、その事業所が温泉の湯を活用して入浴サービスを提供していることから、本人も前向きに考えてくれて、利用につながれば、息子さんご家族の心配を、少しでも軽減できると考えられたからです。

また、服薬に関しては、本人や家族の状況を受診時に医師に伝えることで、昼食時の服薬の必要がないように調整してもらうことができました。

パターン3. 男性・90代・要介護5・重度の認知症

要介護5の男性は、奥さんと2人暮らしです。

※要介護5は、動作能力が著しく低下し、介護なしでは日常生活を送るのが困難で、意思の伝達も難しい状態を指します。

奥さんが体調を崩し、男性の介護ができなくなったため、入居型介護施設にて、介護を受けることになりました。

男性は重度の認知症のため、会話がほぼ出来ず、本人からの情報収集は困難でした。

そのため、男性のご家族から、本人のこれまでの生活歴や、今まで奥さんが行ってきた介護がどのようなものであったかを詳しく聞き取りを行いました。

また、ホームヘルパーのサービスを利用していたことから、その事業所の担当者からも、男性についての情報の聞き取りも行っています。

男性は、ほとんど寝たきりの生活を送っていました。ただし、座位をとることが不可能なわけではなく、病院受診の際は、離れて住む息子が車椅子で外出支援を行っていた経緯もありました。

奥さんは、男性が以前は毎日の散歩を楽しんでいたこともあり、できれば寝たきりではない生活をしてほしいと望まれていました

そこでケアプランの内容としては、生活全般における介護サービスの提供に加え、介護施設周辺の散策などの外出支援を行い、元気だった頃の生活を少しでも送っていただけるような提案を行いました。

適正なケアプラン作りのためには、丁寧なアセスメントが必要不可欠


介護アセスメントは、適切なケアプラン作りのためになくてはならないものです。

もちろんそれだけではなく、利用者自身は自分の目標を言葉にして表現したり、逆に表現してもらったりすることで、自分の希望を再認識することができます。これにより、リハビリ等のモチベーションのアップにつながると言えます。

そしてサービス提供者は、アセスメントにより利用者本人のことを把握し、様々なケースに対応したケアプランを思い付くことで、1人1人の利用者に満足いくサービスを提供できるだけではなく、介護に関わる者としても人間としても、成長できるのではないでしょうか。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。