食べるを楽しむ食事介助:今日から役立つ!介護の基本(5)

使えるハウツー


食べることは命を支える大切な行為です。しかし、ただ栄養を取り込めれば良いというものではなく、いくつになってもおいしく味わい、楽しみたいもの。

歳をとって以前と同じようには食べられなくなっても、工夫次第でまだまだ食事を楽しむことはできます。

介護の基本技術をご紹介する第5回目は、介護する人、介護される人が楽になり、食べることを楽しめる方法やアイデアについてです。

食事は1日3回、毎日繰り返すことですから、ちょっとしたことでもトータルすると大きな改善につながることも。あなたのアンテナにひっかかったものから、ぜひ試してみてください。

食事介護の基本

人間にとって食事は、ただ栄養を摂取するだけの行為ではありません。

「見る」「香りを嗅ぐ」「咀嚼する」「舌で味わう」といったプロセスで五感を総動員する、とても複雑で刺激的な行為。

口から入った食べ物は、胃や腸を刺激して内臓の動きを促し、体全体の働きを活性化させます。

唾液が分泌されるので、口のなかの衛生状態も良くなるうえ、おいしいという喜びの気持ちは、心を明るくして生活全般に対する意欲を高める働きもあります。

チューブを通じて鼻や胃に流動食を直接投与する胃ろうや鼻腔栄養などの経管栄養では、誤嚥(ごえん)などの心配はないものの、食べることによって生まれるさまざまなメリットが奪われてしまいます。

お年寄りにおいしく食べてもらうことは、お年寄りの健康やQOL(生活の質)を高く保つためにも、とても重要なこと。

うまく食べられない、食べようとしないといった場合も、もしかすると他に何か原因があって、食べられるけれど食べないだけかもしれません。よく様子を観察してみましょう。

食べることを妨げる原因は?取り除くことで食事の楽しさアップ


食べることを妨げている原因として、考えられるものをいくつか挙げてみましょう。

  • 姿勢が悪くて食べにくいから
  • 入れ歯の不具合や口内炎などのため
  • うまく噛めない、飲み込めないから
  • お腹が空いていないから
  • 嫌いな食べ物やメニューだから
  • 食べる気持ちになれないから
  • 認知症の影響

食事が進まないときは、まず姿勢が食事に適しているかをチェックしてみましょう。

背筋が丸まっていたり、足が床に届かずブラブラしたりしていませんか?

正しい姿勢は顎を引き、背筋が伸びている状態。そこから少し前かがみになることで気道が狭まり食道は広がって食べやすくなります。

高齢者の肺炎の大きな原因として、食べ物が気道に入ってしまう誤嚥(ごえん)がありますが、それを防ぐことに役立ちます。

また椅子の高さも大切で、両足の裏が床につく高さにしておくと、姿勢が安定して咀嚼を助けます。

よくあるのは車イスのまま食事をするパターン。

車イスはもともと長時間座るためのものではないため、食事をとるにはテーブルに対して低く、前傾姿勢も取りにくいことが多いのです。

できるだけ食事用のイスに移乗して、食事をとる姿勢を整えるようにしましょう。

どうしても車イスのまま食事を取る場合は、フットレストから足を下ろし、足台を使って両足がぶらつかないようにするのがおすすめです。

急に食べなくなったというときには、入れ歯の不具合や口内炎など、お口のなかにトラブルが起こっていないかをチェック。トラブルを発見したら、医師の診察を受けるようにしましょう。

口内炎があるときには、熱いもの、冷たいもの、辛いものや酸っぱいものを避けて。治るまでは食欲が落ちるかもしれませんが、水分補給だけはしっかりとすることを忘れないようにしましょう。

お口のなかのトラブルは、口腔内の衛生状態が悪化していることも原因のひとつです。口腔ケアをしっかりすることは、口内炎の治りを早めるだけでなく、予防にもなるためおすすめです。

噛む機能に問題があって食が進まない場合は、よく煮込んで食材をやわらかくしたり、スプーンなどでつぶしたりしてから食べてもらうと良いでしょう。

肉は叩いて柔らかくする、隠し包丁を入れるなどの対策も効果的。

ただし注意点として、食材を細かく刻んでしまうと逆に飲み込みにくかったり、入れ歯に挟まったりして逆効果になる場合もあることを覚えておきましょう。

飲み込む力(嚥下(えんげ)機能)が低下している場合は、食材の大きさを揃えたり、とろみをつけたりして飲み込みやすくします。

水やお茶などは特にむせやすいため、とろみをつけてごはんやおかずと交互に口にするのがおすすめです。

認知症の場合、食べ物であることを認識できなくなっていたり、お箸やスプーンなどの使い方が分からなくなっていたりすることがあります。

そんなときは一緒に食事をして、食べるものであることを伝えたり、食べ方を真似してもらったりするとよいようです。

食べないからといって怒ったり、無理強いをすると、ますます食べることがイヤになってしまったり、誤嚥を起こすことにもつながります。

少しくらい食べなくても大丈夫、という姿勢で大らかに見守るようにしましょう。

お腹が空いていないというときは、おやつを食べ過ぎていないかチェックしたり、日中の活動量を増やしたりして、お腹が空くように工夫してみましょう。

また便秘で排便がうまくいっていないときも、お腹が空かず食欲がなくなることが。

高齢になると腸の動きが鈍り、便秘になりやすくなります。スッキリすると食欲が出ることもあるので、医師に相談して体に負担の少ない便秘薬を処方してもらいましょう。

何となく、食べる気持ちになれないというときもあります。そんなときは食べることを強要しすぎないようにしましょう。

「食事は楽しい」と思ってもらえるような環境づくりも大切です。好きな音楽やお気に入りの食器などで、気分を盛り上げるのも良いですね。

また、楽しい会話は何よりの調味料。明るく和やかな雰囲気で食事がとれているか、いつのまにか食事が義務のようになっていないかは注意しておきましょう。

食卓が楽しそうなら、食べなくても食事の時間をみんなと一緒に過ごすことで、食欲が戻ってくることもあります。

介護施設であっても訪問介護であっても、食事介助のサービスを行なうときには、その前後の様子に気を配り、高齢者の「食べる意欲」を引き出すようにしましょう。

今日から役立つ!介護の基本(5)食べるを楽しむ食事介助、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。