介護スキルのアップに欠かせない「観察力」、どう磨く?

使えるハウツー


介護の世界では、「観察が大切」「よく観察して」と言われるけれど、そもそも「観察」ってどういうことなのでしょうか?

介護の観察は、「物」ではなく、生きている「人」が対象。無遠慮にジロジロ見ることが観察ではありません。

おさえるべきポイントを知らないと、「観察したつもり」でお年寄りの大きな変化を見逃してしまうかも。

「あの人はスゴイ!」と言われる介護士さんは、特に優れた観察力を持っていることが多いもの。観察力を磨いていけば、介護スキルもぐんぐんアップしていきます。

その磨き方やコツについて、具体的な例を交えながらご紹介していきます。

観察で忘れてはいけない「客観性」


介護における「観察」とは、利用者の状態や変化を客観的に注意深く見ることです。

この「客観的に」というのが大きなポイント。自分ではきちんと観察しているつもりでも、そこに自分の考え「主観」が入り込んでしまうと、観察ではなくなってしまいます。

たとえば、「機嫌が悪くてオムツ交換を嫌がった」という場合。

「オムツ交換を嫌がった」というのは客観的な事実ですが、「機嫌が悪く」というのは見た人の主観です。

何か周囲の環境に気がかりなことがあったのかもしれませんし、痛みや痒みなどの体調不良があったのかもしれません。

また声のかけ方やタイミングが悪かったのかもしれませんし、単に心の準備ができていなかったのかもしれません。

どうして利用者がオムツ交換を嫌がったのか、本当のところは介護者には分かりません。

分からないことを「機嫌が悪かった」という主観で片付けてしまうと、次に同じことが起こっても、「たまたま機嫌が悪いだけ」「突然怒り出す人」といった浅い推察で終わってしまいます。

ここで目線やしぐさ、利用者の言動をしっかり観察する力があれば、「もしかしてこれが気になるのかな?」「喉が乾いているのかな?」「この言い方が嫌だったのかな?」と推察することができます。

  1. 「主観で決めつけ」るのではなく、「観察して仮説」を立てる。
  2. 仮説に従って試してみる。
  3. 試したことがうまく行けば、仮説が合っていることの裏付けに。うまく行かなければ、(1)に戻ってやり直す。

この3つのステップの繰り返しが、介護のスキルをアップさせていく大きな原動力。

(1)のステップで的確に観察できていれば、(3)でうまく行く可能性が高くなります。ですから観察力を磨くことは、介護スキルのアップには必要不可欠なことなんですね。

介護スキルのアップに欠かせない「観察力」、どう磨く?、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。