高齢者のレクリエーションお勧めネタ&アイデア「7月」

使えるハウツー


もうすぐ7月、いよいよ夏本番がやってきます。

7月といえば、七夕飾りを準備するのが恒例になっている高齢者施設も多いことでしょう。でも七夕以外のイベントとなると「?」となってしまいませんか?

そこで今回は、七夕以外にもいろいろある7月のイベントや風物詩、雑学などをご紹介。

レクのヒントや会話のネタに役立ててくださいね。

また、7月になるとぐんぐん気温が高くなり、施設内は冷房を効かせるようになります。ところが冷房の冷たい風を嫌がる高齢者が多いのも事実。

そこで今回は、7月らしい季節感を楽しめるおすすめのレクリエーションをご紹介しながら、高齢者が屋内でレクを涼しく快適に楽しむコツについてもお伝えしていきます!

7月ってどんな月?

7月は旧名文月(ふづき・ふみづき)。

七夕に和歌や文字を書いた短冊を飾り、書道の上達を願ったことからこの名がついたというのが有力な説のようです。

7月の風物詩といえば、蝉の鳴き声。

「シャーシャー」「ジー」「ミーンミーン」・・・いろいろな鳴き声がありますが、皆さんはどんな鳴き声を思い浮かべますか?

「シャーシャー」と鳴くのはクマゼミ。もともと西日本にしかいないと言われていたクマゼミは、温暖化の影響か、最近は関東でもよく見るようになってきました。

「ミーンミーン」と鳴くのはミンミンゼミで、「ジー」と鳴くのはアブラゼミ。この名は油を熱したときの音と鳴き声が似ているからなのだそうです。

地形や気候によって蝉の分布は異なるため、関東出身の方なら、「蝉はシャーシャーなんて鳴かないでしょ?」となりますし、「ミンミンゼミなんて近所にはいなかった」という人もいるかもしれません。

この季節は、利用者さんに蝉の鳴き声についてお話を伺ってみるのも良いですね。

「蝉といえばミンミンゼミでしょ!たくさん捕まえたなあ」「ツクツクボウシは捕まえるのが難しくて、コツはね・・・」など、誰もが何かしらの思い出を持っているもの。

これを糸口に、少年少女の頃の懐かしい思い出がよみがえってくるかもしれませんよ。

そのほかの風物詩としては、海水浴に花火、浴衣で夏祭り。食べ物では麦茶やそうめん、すいか、かき氷。よしずやうちわ、風鈴の音が涼を呼びます。

7月の花としては朝顔やひまわり、ハイビスカスなど。折り紙やちぎり絵などのモチーフにするのもおすすめです。色鮮やかで、見ていて元気が湧いてきます。

なかなか海水浴や花火大会には出かけられませんが、施設内の装飾だけでも夏らしさをいっぱいにして、夏を感じてもらいましょう。

レクリエーションのネタになる7月の記念日

7月3日:ソフトクリームの日


今から67年ほど前のこの日は、初めて一般の日本人がソフトクリームを口にした日。明治神宮外苑で行われたアメリカ独立記念カーニバルで販売されたのが最初なのだそうです。

瞬く間にブームとなり、3~4年後にはデパートなどで広く提供されるようになったソフトクリーム。当時は最先端の食べ物でした。

ソフトクリームは高齢者にも食べやすく、栄養価の高いおやつ。渦巻き状に絞り出した形がなんとも可愛らしく、食欲もそそります。

でも絞り出す機械なんてないし・・・と諦めてしまうのはちょっと待って。実は、カンタンにあの形を再現できる方法があるのです。

やり方は市販のアイスクリームを、大きめの星形の金口をつけた絞り袋に入れて冷凍しておきます。あとは食べるときにぐるぐると絞り出すだけ。

たくさん絞り出すときは、手の熱が伝わらないように手袋や布巾を使うと良いでしょう。

バニラや抹茶などいろいろな味のアイスをアレンジできるので、何種類か用意して選んでもらうと選ぶ楽しさも加わって盛り上がります。

冷やしておいたお皿に絞り出せばあせらず食べられますし、ウエハースやあんこなど、トッピングをいくつか用意しておき、めいめい自分好みのオリジナルソフトクリームを作るのも楽しいもの。

食欲が落ちがちな暑い日の暑気払いに、たまには少し趣向を変えたおやつタイムはいかがでしょうか?

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。