服薬介助のコツは、見守り、受け入れ、薬を知ること

使えるハウツー

服薬介助:薬を手渡す
高齢者にとって薬を飲むことは、健康をつなぐ命綱ですが、同時になかなか難しい大仕事でもあります。それは、高齢になると飲み込む力や薬の吸収・排泄能力が衰えてきて、薬にむせやすくなったり、副作用が出やすくなるから。

また、いくつもの持病を抱えていると、飲む薬の種類も増え、もの忘れが増えるお年寄りには管理が大変になることもあります。そのうえ認知症を患ったりしていると、薬を飲んだことを忘れてしまったり、飲むこと自体を拒否することさえ。

利用者がまちがいなく必要な薬を飲めるように手助けするのも、介護職の大切なサービスのひとつ。むせない飲ませ方、飲み間違いや薬の落下を防ぐポイントをしっかりおさえて、お年寄りがスムーズにお薬を飲めるよう、サポートしていきましょう。

薬の飲ませ方の基本

内服薬のポイント

錠剤・カプセル、粉・顆粒薬

大前提として、薬は水で飲むのが基本。お茶や果汁で薬を飲むと効果が減少したり、副作用が出たりすることがあります。

錠剤やカプセルを飲ませるときは、1つずつ舌の上に乗せましょう。

粉や顆粒剤の量が多いときや、飲み込む力が弱いときは、オブラートに包んで何回かに分ける、薬を滑らかにして飲み込みやすくする「服用ゼリー」を利用するなどの工夫を。

舌下剤

舌の下に錠剤を置きます。ゆっくりと唾液で溶かして吸収させる薬ですから、かみ砕いたり飲み込んだりしないように注意してください。

液体の薬

容器を静かに振って中身を均質にしてから、コップや吸い飲みで少しずつ飲んでもらいます。

外用薬のポイント

目薬

まず、目薬が雑菌に感染しないよう、スポイトの先端にまつ毛や皮膚を触れさせないように注意を。そして流れた液が口や耳に入らないように、ティッシュを用意しておきましょう。

利用者の頭を軽くささえ、下まぶたの下を軽くおさえると少しだけ粘膜が見えますから、そこを狙ってそっと目薬を落とします。液が流れ出ないように、すぐ目をつぶってもらいましょう。

坐薬

利用者に横向きに寝てもらい、坐薬の先端にワセリンなどを塗って滑りやすくしましょう。指の第二関節が隠れるくらいまで挿入したあと、薬が押し戻されないように、10秒ほどティッシュで肛門を押さえます。

服薬介助で注意すること

服薬介助で注意することは?

むせ、誤嚥をふせぐには

できるだけ体を起こして飲んでもらうようにしましょう。横たわっている場合は頭を持ち上げたり、横向きに姿勢を変えて。

あごが上がっていると薬や水が気管に入って、むせたり誤嚥(ごえん)しやすくなったりします。薬と水を口に含んだら、少し下を向いてから飲み込むように声をかけてください。

飲み間違いを防ぐ工夫

薬の取り違えの防止

本人の名前と袋に書かれた名前が一致していることを必ず確認して、別の人の薬と取り違えないようにしましょう。複数の利用者の介助をしていても、薬袋は1回に1人分だけ扱うようにすると、より確実です。

一包化して一目瞭然に

1回に飲む薬を一袋にまとめて、飲み間違いを防ぐ方法です。調剤薬局などでセットしてもらうと、利用者の名前や服用する時間帯が記載されて、よりわかりやすく。少し費用がかかりますので、利用者や家族に提案してみてください。

包装から取り出す手間も省け、高齢者がフィルム包装ごと飲んでしまう危険が避けられるのも利点です。

おくすりカレンダー、おくすりボックスで管理

おくすりカレンダーは透明なウォールポケットに、ボックスは仕切りごとに、飲む薬をひとまとめにして整理できます。「月曜日の朝食後」「火曜日の寝る前」など、飲むタイミングが一目でわかり、飲み忘れを防げます。

飲む薬がない時間帯には「薬なし」というカードを入れておくと安心です。

転がりやすい薬の落下を防ぐ工夫

介助中によくあるミスは、錠剤やカプセルを包装から出したときに床に落としてしまうこと。

少しフチが高くなっているお盆やバットにペーパータオルを敷き、その上で取り出すと、落としても転がり落ちにくくなります。

服薬介助のコツは、見守り、受け入れ、薬を知ること、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。