老人性乾皮症で、肌カサカサ?介護職ができるケア方法

使えるハウツー


涼しくなってくると、身体をポリポリかく利用者が増える、入浴介助のときに肌がカサカサで粉を吹いている人もいるし、シーツの上にフケのような粉が落ちていることも。そういえば、湿布をはがすときにピリピリして痛いという人も、ここのところ増えてきた・・・。

これらは「老人性乾皮症」という病気かもしれません。高齢になると皮膚の乾燥が原因で、かゆみや皮膚かぶれなどを起こしやすくなります。

かゆみがひどいと眠れなくなってしまうこともありますし、我慢できずにかきむしってしまうと、今度は痛みを感じるようになります。単なるかゆみと軽く考えて放っておくと、炎症を起こしてもっと重い症状につながってしまいます。

気温が下がって空気が乾燥する秋から冬にかけて症状が出やすい老人性乾皮症。今から予防法を知って備えておけば、ポリポリ、カサカサ知らずの冬を迎えられますよ。

老人性乾皮症の症状と原因


老人性乾皮症は、乾燥によって皮膚の表面が浅くひび割れ、カサカサと粉を吹いたような状態で、高齢者に多い皮膚トラブル。かゆみを感じて、かかずにはいられなくなり、フケのようなものがポロポロと剥がれ落ちたり(落屑(らくせつ))、さらにアカギレになることもあります。

乾燥のおもな原因はエイジング(加齢)により、皮脂や水分の分泌量が減少して不足すること。

皮膚の表面近くには「角層」という細胞があり、その間をセラミドやコラーゲンといった物質がみっちり埋めています。これによって外からの刺激をブロックするのが、皮膚の「バリア機能」。

しかし加齢によって、これらの物質や水分、皮脂が減少すると、皮膚の表面は乾燥し、内側では細胞の間にすき間が空いてバリア機能が低下。すると多少の刺激でもダイレクトに伝わって、かゆみを感じて思わずかきむしってしまうことになります。

乾燥した皮膚をかきむしると、赤くなって皮脂欠乏性湿疹に悪化することが多くなります。湿疹をそのままにしておくと、かゆみはますます強くなりますから、利用者も不快感でイライラしたり、夜も眠りにくくなったりするなど、問題がエスカレートすることも。

さらに寝不足やストレスは、セラミドの減少の原因になるため、ますます悪化するという悪循環におちいります。乾燥の季節が始まる前に、早めの予防を始めましょう。

老人性乾皮症で、肌カサカサ?介護職ができるケア方法、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。