老人性乾皮症で、肌カサカサ?介護職ができるケア方法

使えるハウツー


涼しくなってくると、身体をポリポリかく利用者が増える、入浴介助のときに肌がカサカサで粉を吹いている人もいるし、シーツの上にフケのような粉が落ちていることも。そういえば、湿布をはがすときにピリピリして痛いという人も、ここのところ増えてきた・・・。

これらは「老人性乾皮症」という病気かもしれません。高齢になると皮膚の乾燥が原因で、かゆみや皮膚かぶれなどを起こしやすくなります。

かゆみがひどいと眠れなくなってしまうこともありますし、我慢できずにかきむしってしまうと、今度は痛みを感じるようになります。単なるかゆみと軽く考えて放っておくと、炎症を起こしてもっと重い症状につながってしまいます。

気温が下がって空気が乾燥する秋から冬にかけて症状が出やすい老人性乾皮症。今から予防法を知って備えておけば、ポリポリ、カサカサ知らずの冬を迎えられますよ。

老人性乾皮症の症状と原因


老人性乾皮症は、乾燥によって皮膚の表面が浅くひび割れ、カサカサと粉を吹いたような状態で、高齢者に多い皮膚トラブル。かゆみを感じて、かかずにはいられなくなり、フケのようなものがポロポロと剥がれ落ちたり(落屑(らくせつ))、さらにアカギレになることもあります。

乾燥のおもな原因はエイジング(加齢)により、皮脂や水分の分泌量が減少して不足すること。

皮膚の表面近くには「角層」という細胞があり、その間をセラミドやコラーゲンといった物質がみっちり埋めています。これによって外からの刺激をブロックするのが、皮膚の「バリア機能」。

しかし加齢によって、これらの物質や水分、皮脂が減少すると、皮膚の表面は乾燥し、内側では細胞の間にすき間が空いてバリア機能が低下。すると多少の刺激でもダイレクトに伝わって、かゆみを感じて思わずかきむしってしまうことになります。

乾燥した皮膚をかきむしると、赤くなって皮脂欠乏性湿疹に悪化することが多くなります。湿疹をそのままにしておくと、かゆみはますます強くなりますから、利用者も不快感でイライラしたり、夜も眠りにくくなったりするなど、問題がエスカレートすることも。

さらに寝不足やストレスは、セラミドの減少の原因になるため、ますます悪化するという悪循環におちいります。乾燥の季節が始まる前に、早めの予防を始めましょう。

老人性乾皮症の予防法

利用者が施設にいる間は、スタッフの配慮で予防対策を。通所介護や訪問介護の利用者なら、自宅でも連携してケアができるように、保湿ケアが必要なことと具体的な方法を伝えるようにしましょう。

・室内湿度
暖房を使うようになると、室内湿度が50%を下回ることが多くなります。加湿器などを使って、60%を目安に湿度を保つようにしましょう。

・入浴
熱すぎる湯につかることや長湯は、皮膚の皮脂を取りすぎてしまいます。お湯はぬるめの38〜40℃にし、15分を目安に長湯はしないこと。また、さら湯は皮膚に刺激が強いので、入浴剤を入れたほうがよいでしょう。ただ、種類によっては滑りやすくなるので、床面をよく流して転倒防止にも注意してください。

洗うときは、硬いものでゴシゴシこすると皮膚の表面を傷つけるので、ナイロンタオルなどは使わないで。低刺激性の洗浄剤を綿や絹の天然素材のボディタオルでよく泡立ててから優しく洗います。

・保湿
保湿ケアは1日2回、朝と入浴後に行ってください。皮膚が少し湿った状態のときに行うのが効果的。お風呂上りの5〜10分以内にしましょう。クリームなどの保湿剤を皮膚のかさつく部分を中心に塗ります。

皮膚がすでにごわごわになっているなら、尿素10%配合のクリームや乳液などを。尿素は硬くなった角質を溶かして皮膚を柔らかくします(角層剥離作用)。しかし配合濃度が高すぎると、必要以上に角質を溶かして皮膚のバリア機能を低下させることがありますので、10%までの配合のものを選んでください。

足のかかとにアカギレができていたら、風呂上りすぐにワセリンなどを塗って、ラップで覆います。ばんそうこうでラップを固定してから靴下をはかせましょう。朝、ラップをはがしてワセリンなどを塗り、日中はラップなしで過ごしてもらいます。 

・衣類
皮膚に直接触れる肌着はもちろんですが、衣類全般においてできるだけ肌ざわりの良い綿素材のものを選びましょう。チクチクする衣類は刺激でかゆみがひどくなるため避けましょう。

・食事
ビタミンAは、皮膚の新陳代謝を促してバリア機能を高めるといわれています。レバーや乳製品、卵に含まれています。もちろん普段からバランスの良い食事を摂ることが基本です。

・内服薬
かゆみがひどくてかきむしってしまう、眠れないなどの状態になってしまったら、皮膚科の受診を。かゆみ止め薬として抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が処方されます。ほかの薬と併せて飲む場合は、医師や薬剤師に今飲んでいる薬をおくすり手帳で確認してもらうと安心ですね。

医療スタッフへの橋渡しも介護職の役割


老人性乾皮症が悪化すると、接触性皮膚炎(かぶれ)を起こし、湿布薬などの貼付剤が使えなくなることがあります。湿布薬のなかにはアルツハイマー病や骨粗鬆症の薬があり、治療のために貼り続けなければならないものですが、皮膚の状態が悪いと湿布薬での治療を中断しなくてはならないのです。

高齢者の皮膚は乾いているものだ、という本人と周囲の思い込みから、老人性乾皮症という病気だと気づかず放置してしまうことも悪化の原因のひとつ。看護師や介護スタッフから「○○さんがかゆみがひどいと訴えている」「シーツに落屑がある」といった報告を受けて、老人性乾皮症だとわかり、保湿ケアを始めたケースも多いようです。

もし体をポリポリかいている利用者がいたら、老人性乾皮症の可能性を思い浮かべ、医療スタッフに報告や相談をしましょう。早めの対策ができれば、治療の中断のリスクも減りますし、なにより利用者のかゆみの不快感をいち早く軽減することができます。

{参照:高齢者関連施設における皮膚疾患実態調査結果,常深ほか,2016

保湿ケアは、早めに始めて続けることが大切


高齢者の肌は潤いを保つ機能が落ちていますから、たまに保湿ケアをしても効果は期待できません。乾燥する季節にはとくに、早めに対策を始め「続けていくこと」が大切。ほかのスタッフや家族にも伝えて、途切れないようにしていきましょう。

利用者が保湿ケアを楽しめる工夫もすると、続けやすくなります。クリームや乳液をいくつか用意して、好きな感触や香りのものを選んでもらうようにすると、「どれが好きですか?」「今日はどれにしましょうか?」と会話が増えるきっかけにもなりますね。

かゆみの不快感から解放されたらお肌も心も潤って、利用者の笑顔が増えることでしょう。保湿ケアを続けてよかったな、と思えるときが来ます。

あなたのいる施設に行くと肌つやがよくなる、なんて評判になったら、あなたの笑顔も増えますね。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。