口腔ケアで噛まれる!高齢者の心を知るのが対策の第一歩

使えるハウツー


介護スタッフが口腔ケアを行うとき困るのが、口が開きにくい人や開けてくれない人。さらに、利用者に指を噛まれてしまうと「痛い、怖い、もうやりたくない」と感じてしまうのが本音でしょう。

でも実は、痛い、怖いと思っているのは、噛んだ利用者も同じなのです。

口腔ケアで指を噛まれない対策は、スタッフと利用者との間に信頼関係を作り、安心して任せてもらえることから始めましょう。

このコラムでは、利用者の心をほぐしながら口腔ケアへいざなう方法と、噛まれにくくする工夫や噛んでしまう理由などをお伝えします。

噛まれないかビクビクしながらの口腔ケアは、あなたにとっても利用者にとっても「苦痛の時間」。いくつかのコツや工夫を取り入れて、「信頼の時間」に変えていきませんか?

噛まれにくい口腔ケアは安心してもらうことから


利用者は、口を開けるように促されても「痛かったらどうしよう」といった不安から、心も体も緊張しています。口腔ケアの前に、利用者にリラックスしてもらいましょう。

心の緊張をほぐす4つのステップ

ステップ1:楽な姿勢で座ってもらう
あごや首が自由に動かせる角度で座ってもらいます。

ステップ2:目線の高さをあわせる
話しかけるときには、同じ目線の高さで。

ステップ3:軽く雑談をする
「今日のおやつ、おいしかったですか?」など、話しかけて利用者から会話を引き出しましょう。「ゼリーは嫌い」と答えがあれば「あら、嫌いなんですね」と相手の言葉を繰り返します。繰り返すことで、相手の話をちゃんと聞いていることを示します。

あまり話をしない利用者には、目線を合わせ微笑みかけるだけでもいいのです。利用者のことを知ろうとしている姿勢を感じ取ってもらうことが大切です。

ステップ4:口腔ケアをすることを伝える
やりとりができたら「じゃあ、お口の掃除をしましょうか。その前にちょっと体をほぐしましょうね」などと声をかけ、口腔ケアへいざないます。

身体の緊張をほぐす3つのステップ

筋肉がこわばっていると痛みを感じる度合いも強くなり、疲れやすくなります。体の緊張が強いなと感じたら、口から遠い部分から徐々にほぐしていき、リラックスできるようにしてあげましょう。

まず体に触れることを伝えて、利用者が受け入れてくれてから始めることを忘れずに。

ステップ1:指先からマッサージする
指→手→腕→肩→首筋の順に、指の腹を使ってやさしくほぐしていきます。

ステップ2:首と顔を動かす
表情を確認して不機嫌さがなければ、「ちょっと体操してみましょうか」と声をかけます。自分でできる人にはやってもらい、介助が必要な場合はスタッフがサポートしましょう。

  1. 首を右・左に曲げる
  2. 顔を右・左に向ける
  3. 頭を前後に倒す
  4. 手のひらで頬をゆっくりもみほぐす

ステップ3:口のまわりの筋肉マッサージをする
頬を触っても抵抗がなければ、下あごからマッサージしていきます。下あごの真ん中から左右に上の方に向かって円を描くように。少しずつ口元に手を近づけていきながら、口のまわりの筋肉の緊張をほぐします。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。