認知症の接し方〈基本編〉 5つのポイントでうまくいく

使えるハウツー


認知症の人って、なんだか気難しそうで怖い。正直、どう接したらいいのか分からない・・・。そんなふうに思ったことはありませんか?
介護のお仕事をしていれば、こちらの言うことを聞いてくれなかったり、どうも会話が成り立たなくて困ったという経験がある人も、きっと少なくないことでしょう。

認知症は脳の病気ですが、その人らしさのすべてが失われるわけではありません。確かにできないことや失われるものも多いけれど、しっかりと残っているものもあるのです。
認知症が進んでも最後まで残されるもの、そのひとつが「感情」です。

認知症の方は、「うれしい」「好き」「楽しい」といった「快」の感情、さらに「嫌い」「悲しい」「苦しい」といった「不快」の感情を、時には私たち以上にしっかりと感じ取ることができます。
まずはそのことを念頭におきながら、認知症の方との接し方で必ず押さえておきたいポイントについて、一緒に学んでいきましょう。

認知症の人の、心のなかを想像しよう

「今から会社に行く」と言い出して、こちらが何を言っても聞いてくれない利用者の方がいます。
「さあ着きましたよ、車から降りてくださいね」と言っても、怖がって降りようとしない方もいます。

そんなとき「困るなあ、もう会社なんて行ってないのに・・・」「何も危険なものなんてないのに、何言ってるんだろう」と思うのが普通です。でもその人にとっては「会社で活躍している自分が現実」「車の外は実際にとても危険」なので、周囲から何を言われても納得できないのです。

自分におきかえて考えてみましょう。たくさんの仕事が山積みになって同僚が困っているというのに、急に「今日から会社に行かなくていいよ」と言われても、納得できませんよね。
崖っぷちに車を停められて、「さあ、安全だから降りてください」と言われても、絶対に降りるのはお断りです。場合によっては「よってたかってみんなで自分を騙しているのでは?」と考えるかもしれません。
まさにこれが、認知症の人が感じている世界。認知症ケアには、本人のいる世界を想像し、その感情に寄り添うことが大切です。

ただ、頭ではわかっていても、必要な介護ケアを進めるなかでは、なかなか難しいのも現実。
最近注目されている新しい試みとして、バーチャルリアリティ(VR)の技術を使って、認知症の人の見え方を体験するというものがあります。
どこか他人事だった世界も自分で体験してみると、「え!?こんな世界を見ていたの?」と驚くかもしれません。認知症介護への意識が変わるきっかけになったという人も多いようです。

>VR認知症プロジェクト

認知症の接し方:ポイント1.ゆっくり待つ


認知症の人は、脳に入ってきた情報の意味を理解し、次の行動を起こすのに時間がかかります。
だから、なにをするにも時間がかかるのは当たり前。急かさずにゆっくり反応を待つようにしましょう。

「いつもゆっくりするようには心がけているけど、反応がない」「何度言っても理解してくれない」という人も、客観的に時間を計ってみれば、実際には数秒程度しか待っていないことも多いもの。
文章は短めにして、自分が思う以上にゆっくり、はっきりと話すようにすることや、話しかけてから3分たっても返事がなければ、もう一度聞いてみるなどの方法を試してみましょう。

いつも私たちがしている会話や動作のペースからすると、とんでもなくのんびりしていると感じるかもしれません。でも、認知症の人にふだんのペースで話してしまうと、理解が追いつかず会話が成り立たなくなることも多いのです。
「このくらい時間がかかる、これが普通なんだ」と考えるようにすればイライラしなくてすみますよ。

認知症の接し方:ポイント2.責めない、怒らない

トイレの失敗や作り話、性的逸脱行為etc・・・ショッキングな場面に遭遇すると、つい腹が立って本人を責めたり、強く言いたくなりますね。
でも認知症の場合、問題行為は認知症のせいで起こしているものなので、責めたところでその行為がなくなることはありません。そもそもなぜ怒られているのか理解することさえ難しいのです。

ですから怒られると、怖かった感情、嫌な思いをした記憶だけが心に刻まれてしまいます。「怖い」「不安」といった気持ちが大きくなると、よけいに認知症の問題行動や、よくない心理症状をひきおこします。

カッとしたら、心のなかで3秒数える「ストップシンキング(思考停止)」という方法を試してみてください。たいていは3秒数えている間に冷静さを取り戻すことができます。

3秒たっても怒りの気持ちが消えないときは、心のなかで呪文を唱える「コーピングマントラ」という手法もおすすめ。「よくあること、想定内」「大丈夫、きっとうまくいく」「なんとかなるさ」など、自分が共感できて気持ちが落ち着く呪文を、あらかじめ決めておきましょう。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。