認知症、接し方のポイント。「ゆっくり話す」コツと方法

使えるハウツー


認知症の利用者さんのケアが思うように進まず、時間がかかってついイライラ・・・そんな経験はありませんか?

「この人さえちゃんと話を聞いてくれたら、もっと効率良く仕事ができるのに・・・」と考えがちですが、実は、認知症の方の理解や行動が遅いのには、それだけの理由があります。

そのメカニズムを知れば、「相手のペースを守ることのメリット」や「急かすことのデメリット」も、ストンと腑に落ちるはず。

後半では、急いでいるときも余裕を失わないための、自分の気持ちの落ち着け方もご紹介します。

「ゆっくり接すること」は、介護する側とされる側の両方にとって、やさしく楽しい認知症ケアへと進んでいくための重要な手がかりです。

認知症の方に声をかける時は、まず立ち止まって一呼吸。「急ぐときこそゆっくり」を心のスローガンに、ほんの少しだけケアのペースに余裕を持ってみませんか?

認知症の人の反応が遅い理由とは

認知症の直接的な症状としてよく知られているのが「記憶障害」。新しいことを覚えられない、覚えていたことを忘れてしまうというものですが、その他にも重要なものがいくつかあります。

次の表でおもな症状をおさえておきましょう。

おもな症状
見当識障害 今いる場所がどこか、目の前の人が誰か。今日の季節、日時などがわからない
失語 ものの名前がわからない、言いたいことをうまく言葉にできない
失行 歯ブラシの使い方、トイレの使い方など、ものの使い方がわからなくなる
失認 ものの形や色、位置関係がわからない、空間認識がうまくできない
実行機能障害 計画を立てたり、順序立てて行動することができない

記憶障害のほかにもこうした症状があるために、認知症の人は言われたことを理解しにくかったり、理解するまでに時間がかかります。

さらに、言われたことが理解できたとしても、次にそれに対してどんな言葉を返せばいいのか、どんな行動を起こせばいいのか、それを判断することにも難しさを抱えています。

言われたことを理解する「インプット」、反応して行動する「アウトプット」。この2段階で障害を抱えているために、認知症の人はどうしても反応が遅くなってしまうのです。

認知症の人にゆっくりと接することのメリット

ゆっくりと話しかけることで、認知症の人は理解がしやすくなります。それは、急いで伝えると意味がわからずに混乱してしまうことがあるから。逆にゆっくり伝える方が時間短縮につながることもあります。

さらに何よりのメリットは、相手の気分や様子をみながら、伝わるように話すことで、相手の気分がよくなること。

認知症の人は、場の雰囲気を敏感に感じ取り、快・不快といった感情を持つことは上手です。ケアで気分が良くなれば、状態が落ち着き、次のケアもやりやすくなります。

「好き」「楽しい」「気持ちがいい」といった「快」の感情を持ち続けてもらうことは、本人にとっても介護する側にとってもいいことづくめなのです。

認知症の人を急かすことのデメリット

逆に急かされたり、ケアする側のせっぱつまった雰囲気を感じると、認知症の人は「なんだかイヤだ」という「不快」の感情を持ちます。

するとソワソワ、イライラとして落ち着かなくなったり、そのまま介護の拒否につながってしまうことも起こり得ます。

具体的なできごとは忘れてしまっても、そのとき感じた「イヤだ」という感情はしっかり残るので、その後の信頼関係にまで悪影響が出て、結果スムーズに仕事が進められなくなることもあるのです。

認知症の人にやってはいけないこと


●次から次へと話しかける
急かすつもりはなくても、介護する側が次のケアを焦っていると、ついどんどんと話しかけてしまうこともあります。認知症の人に次々に話しかけても、本人が理解できず混乱してしまうので、ゆっくり一つずつ、的確に伝えるようにしましょう。

●チラチラと時計を見る
この後のことを考えて、ついやってしまいがちな行動です。でもイライラした態度はしっかり伝わり、相手に不快感を与えています。時間を気にしていると分かる態度はつつしみましょう。

●急かすような話し方をする
・「早く、早く」「次は〇〇ですからね」
・「もう、いいですか?」「まだですか?」
・(何も言わなくても)ため息をついたり、テーブルをトントントンとたたくなど

こうした言葉をかけられたり、態度をとられたりすると、認知症の人は責められているような気分になります。すると「なぜできないんだろう」と戸惑ったり、「もう自分はダメだ」と悲しい気分になったりします。

ときには怒ることで、このつらさに折り合いをつけようとすることも。NGフレーズを言いそうになってしまったら、次のOKフレーズに言い替えてみてください。

・「大丈夫ですよ」「○○さん、ゆっくりでいいですよ」
・「できましたか?よかったですね」

NGフレーズを連発しても、相手の行動は早くなりません。早くしてほしいときほど、そっと深呼吸して「ゆっくりやってくださいね」と言い替えてみましょう。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。