介護の事故報告書。現場で役立つ正しい書き方のコツ

使えるハウツー


介護中の事故で多いのは、薬を間違えて飲んでしまう誤薬、車椅子やベッドなどからの転落、転倒など。事故が起きたら他の業務に優先して、事故報告書を作成します。

怖いのは、事故が起きたそのときはなんともなかったのに、あとになって頭痛や意識障害などの症状があらわれるとき。さかのぼっての事実確認のためにも、事故報告書はとても重要な存在です。

まちがった書き方、あいまいな書き方をしていると、あとでトラブルになることも。介護事故の状況を正確に伝え、その後の事故リスクを減らしていくための、正しい書き方をお伝えしていきます。

書くタイミングは、遅くとも1週間以内を目安に

まず「事故報告書はいつ書くべきか」ですが、事故発生から数日以内を目安に、他の業務に優先して作成しましょう。具体的には下記のような流れになります。

  1. 介護中に事故が起こったら、ただちに救急車を呼ぶなど必要な緊急対応をとる
  2. できるだけ早くサービス責任者に報告を入れる
  3. 報告を受けた責任者は、その日のうちに家族、ケアマネジャーへ概要を報告、骨折などの場合、翌日には市町村へも報告(一次報告)
  4. 関係者が集まって事故の検証を行い、その内容をもとに事故報告書を作成
  5. 事故報告書をもとに家族や行政に報告をして、ケアプランや業務の見直しに役立てる

(1)〜(5)は3日〜1週間以内を目安に行います。

いったん報告書を書き上げた後も、家族への報告内容や、やりとりの経緯、その後どのような対応を行ったかを、そのつど事故報告書に追記していきましょう。

事故報告書のフォーマット(様式)

事故報告書のフォーマット(様式)に盛り込むべき重要な項目は、下記のようなものになります。場合によっては裁判になることもありますから、それぞれできるかぎり正確に記入することが大切です。

  1. 利用者の氏名
  2. 発見者、報告者の氏名
  3. 日時(発生時刻、発見時刻、検証を行った日時、報告書を作成した日時)
  4. 事故発生時・発見時のケガ等の状況
  5. ただちに行った対応
  6. 発生原因
  7. 再発予防策
  8. 家族への報告、その後の対応

書き方のコツは「箇条書き」&「時系列」


誰が見てもわかりやすく書くコツは、時系列で(物事が起こった順に)、箇条書きにしていくこと。はっきり特定できない場合や推定の場合は、文末に「(推定)」と書き添えておきます。

原因は、スタッフの人為的なミス、設備の不良、利用者側の要因など、いくつかの角度から探るようにします。

「単なる不注意」という原因しか見つけられないと、その後も同じようなミスを防ぐことができません。できる限りすべての原因を洗い出していきます。以下でケース別に例を挙げていきますので、参考にしてくださいね。

介護事故のケース別、書き方の具体例

誤薬

高齢になるほど持病が増えるなどの理由から、常用する薬が増える傾向にあります。それぞれに飲み方があったりすると、正しく飲むのも大変。最近は介護事故でも「誤薬」が増えています。

【記入例】
●事故発生時・発見時の状況
夕食後に飲むべき薬を間違えて、朝食後に飲ませてしまった

●ただちに行った対応

  • 薬を飲んだ直後に気付き、医療職へ報告、バイタルを測定。体温:○℃、血圧:○○、脈拍○○・・・(担当者名、時刻)
  • 30分後のバイタル:体温:○℃、血圧:○○、脈拍○○・・・
  • 気分は悪くないかを確認、「大丈夫」と回答あり(担当者名、時刻)
  • 見守りを頻回にするよう申し送り(担当者名、時刻)

●発生原因

  • 通常は担当者が仕分けをした後、別の職員が1.○○○○、2.○○○○の手順でチェックを行っているが、1の手順が守られていなかった
  • 2の手順の時にも名前の確認だけで、朝食後なのか夕食後なのかまではチェックしていなかった

●再発予防策

  • 手順1と2を再確認し、担当者の判断で省略することがないように徹底する
  • 名前以外にも、朝食後か夕食後かなど、飲むタイミングについても確認を行う

転落、転倒

ベッドや車椅子からの転落、歩行時によろけて転倒などは、介護事故の大多数を占めます。高齢者は加齢により骨がもろくなっていて骨折しやすいため、十分に気をつけたい事故です。

【記入例】
●事故発生時・発見時のケガ等の状況

  • ベッドから車椅子に移乗介助をするにあたり、「車椅子に移りますよ」と声かけをしたところ○○さまから「はい」と返答があった
  • 移乗中利用者の体重を支えきれず、車椅子への座り方が浅すぎたため前のめりに転倒
  • 移乗時、ベッドと車椅子の間に10センチ程度の距離があった
  • 転倒後、意識ははっきりしていたが、足の付け根に痛みを訴えられた

●ただちに行った対応
ただちに受診し、大腿骨頸部骨折と診断された(担当者名、時刻)

●発生原因

  • 大柄な利用者を小柄な職員一人で介助していた
  • ベッドと車椅子をぴったりとつけていなかった
  • 事前の声かけが不十分で、利用者をうまく誘導できていなかった

●再発予防策

  • 大柄な利用者を介助する場合、職員2人体制で介助する
  • ベッドと車椅子の位置関係を確認することを徹底する
  • 事前に利用者にも、具体的にどのような手順で移乗するかを説明しておく

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。