デイサービスのおすすめレク&盛りあがるレクのコツ

使えるハウツー


ほぼ毎日行われる、デイサービスでのレクリエーション。ただ楽しければいいわけではなく、高齢者の体力作りや機能回復に役立ち、安全で、障がいがあっても参加しやすいなどの条件を満たさなくてはなりません。

せっかくこれらの条件にあっていても、続けるうちに飽きてしまうこともあり、レクのアイデアはいくつあっても困りませんよね。
今回は、レクリエーション進行の流れとともに、デイサービスで人気のレクをご紹介します。

おすすめは脳トレレク、お手玉を使ったレク、ホワイトボードを使ったレクの3種類。盛りあげるための進行のコツもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

デイサービスのレク:進行の流れ

充実したレクリエーションを行うには、段取りも大切。大まかな流れを頭に入れておきましょう!

事前にしておくこと

(1)参加者の状態を把握する

デイサービスでは毎回参加されるメンバーが変わります。事前にメンバーを確認し、体の状態だけでなく、その方の趣味や出身地、元の職業などもチェックしておきましょう。ゲーム中の話題作りに役立ちます。

(2)会場の配置を考える

レクの進行役の立ち位置、利用者の座る位置を確認しておきましょう。安全にゲームや体操を行える間隔も確保しつつ、進行役やホワイトボードがすべての方から見えるようにします。また、体が傾きやすい方、耳の遠い方など、援助が必要な方の近くにスタッフを配置しておきます。

(3)レクで使う小道具を確認する

レクで使うお手玉やカードなどを確認しておきます。数は少し多めに準備しておくと安心。ホワイトボードに歌詞などをはる場合は、すべての位置から文字やイラストが読めるかどうか、大きさや色を確認しておきましょう。

当日すること

(1)進行役のあいさつのあと、チームメイトで軽いスキンシップ

誰だって、知らない人といきなりゲームをするのは抵抗がありますよね。まずは進行役があいさつをします。

さらに一緒にレクを楽しむメンバー同士であいさつと軽いスキンシップを。握手したり、手をマッサージしあったりすると、利用者同士で会話が生まれやすくなるメリットもあります。

(2)ルール説明

ルール説明は低めの声ではっきり、ゆっくりと。一度に全部説明しようとすると長くなるので、説明を前半と後半で区切り、「ではここまで試しにやってみましょう!」と実践を交えながら説明します。

わざと説明の中でミスをして「おっとっと、こうなってしまうと失敗です、皆さんはマネしないでくださいね」などと笑いを誘うのもおすすめのテク。説明にメリハリもつき、ゲームが盛り上がります。

(3)ゲーム中の声かけ

ゲームは参加者の表情や様子を見ながら進行します。反応の良い人を見つけたら、「○○さんナイスキャッチ!」「□□さんの応援はすばらしいですね、皆さんも負けないように応援お願いしますよ」などとこまめに褒めるようにします。

また、スタッフの「せーの!」「よいしょ!」などのかけ声は、ゲームを盛り上げる良い小道具。恥ずかしがらずどんどん声をかけていきましょう。

(4)ゲーム終了

「ではチームメイトと握手をして終わりにしましょう」などと締めくくった後は、お茶などを飲んで雑談タイム。ゲームで興奮した気持ちをクールダウンします。

「良い回答がたくさん出ましたね、10歳くらいは脳年齢が若返ったんじゃないですか?」「負けてしまったけれど、応援ではこのチームが一番でしたね」など、がんばった達成感、楽しかった充実感が感じられる声かけをしていきましょう。

時間があれば参加者にレクの感想を聞いたり、次回のレクの予告をするのもいいですね。

レクの終了後はぜひ自分でも振り返りを。反省点や、次に活かしたいことをメモしておきましょう。他のスタッフから、利用者の表情や反応がどうだったかを聞いてみるのも勉強になります。このメモを次のレクリエーションのときに見返すことで、レクの進行がどんどん上手になっていきます。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。