認知症の人も楽しめるレクリエーションのコツとアイデア

使えるハウツー


「認知症の人がレクリエーションに興味を示してくれない」「ゲーム選びが難しい」etc・・・

どうすれば認知症の人にレクリエーションを楽しんでもらえるか。介護現場によくある悩みのひとつです。

認知症の人が暮らすグループホームはもちろんですが、近年はデイサービスや老人ホームといった施設でも認知症の人が増えており、それに対応したレクリエーションが介護スタッフに求められるようになっています。

そこで今回は、認知症の人にも無理なく楽しんでもらうためのコツと、経験の浅いスタッフでも簡単にできる認知症の人向けレクリエーションのアイデアをお伝えしていきます!

認知症の人のレクリエーションの目的

一般的に高齢者レクリエーションの主な目的は、以下の3つにまとめることができます。

  1. 五感を刺激することなどによる脳の活性化
  2. 体を動かすことによる運動機能の向上
  3. 他者とのコミュニケーションによる精神面の効果

認知症の場合、もちろん1や2の目的も達成できれば良いのですが、重視したいのは3です。

認知症の人のレクリエーションは「居場所をつくってもらうこと」「しあわせな気分になってもらうこと」「楽しいと思ってもらうこと」が一番の目的。

1や2の要素が強いレクリエーションで機能回復につなげようとがんばってしまうと、認知症の人はできないことに不安やストレスを感じてしまい、楽しむことができません。

集中して達成するようなゲームや、記憶力を競うような脳トレゲームではなく、「楽しい」「気持ちいい」「嬉しい」といった感情を刺激できるようなプログラムで、認知症の人が安心して楽しめる居場所をつくっていきましょう。

レクリエーションを成功させるポイント

【難易度】
認知症の症状として、「言葉の意味がわからない」「ものの用途や意味がわからない」といったことがあります。

また、モノとモノの間の距離感がつかみづらかったり、手足を素早く動かすということも認知症の人にとっては難しいことです。なので、「これはちょっと簡単すぎるかな?」というくらいの難易度でちょうど良いと考えておきましょう。

童謡を歌って手遊びするような簡単なレクリエーションだと、「こんな軟弱な遊びはできない」と反発する人もいるかもしれません。そんなときは、「このレクには喉の筋肉を鍛えて、食事が飲み込みやすくなる効果があります」「この体操には手足の血流が増える効果があります」などとレクリエーションの目的や効果を伝えるようにすると、納得してもらえることがあります。

【時間】
時間は10分〜15分程度を目安に。あまり長くせず、飽きてしまう前に終わるようにしましょう。「もう少しやりたいな」という余韻が残るくらいで、終了の言葉かけに入るのがベストです。

【説明のしかた】
ゲームのルールなどの説明は、ゆっくり、はっきりと話すようにしましょう。

また、言葉だけで伝えようとしても、認知症の人には意味がわかりにくいことがあります。文字や絵にすると伝わりやすくなることがあるので、事前に準備しておくと良いでしょう。

【注意点】
レクリエーションへの参加は、本人の気持ち次第です。明らかに嫌がっている様子にもかかわらず無理強いしてしまうことは禁物です。

やりたくないことを無理にさせられるのは、認知症の人にとって逆効果。こうしたことが重なると、認知症の人の怒りを誘発したり、意欲を減退させることにもつながり、症状を悪化させかねません。

本人の様子を見て、興味がありそうなら「見ているだけでもいいですよ」「○○さんもちょっとやってみましょうか」などとやさしく声をかけましょう。

また、トイレに不安のある人がいる場合は、トイレに行きやすい配置を考えるようにしましょう。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。