唾液が出ない?多すぎる?高齢者の唾液トラブル対処法

使えるハウツー

食事がつらそうな高齢女性

私たちがふだん何気なくしている会話や食事。実は「唾液(だえき)」が重要な役割を果たしています。唾液が適度に分泌されることで、お口がうるおい会話や食事がスムーズになるのです。

ところが高齢になると、加齢や病気など、さまざまな理由で唾液が少なくなり、「口が渇く」という悩みを抱えることがあります。さらに飲み込む力が衰えてしまうと、今度は唾液が過剰になり、よだれや誤嚥(ごえん)の心配も出てきます。

高齢者を悩ませる唾液トラブルについて、原因と対処法をご紹介します。

唾液の大切な役割とは

唾液は、私たちのからだにさまざまな効果をもたらしてくれます。

まずは食事のとき。お口の中で食べ物と混ぜ合わさり、「消化作用」「味を感じるのを助ける作用」「喉を通りやすいように助ける潤滑油としての作用」を発揮します。

さらに口の中をきれいにする「自浄作用」「抗菌作用」「粘膜の保護作用」により、口臭や虫歯、口からのウイルス等の侵入などを防いでくれます。

そのうえ唾液は口の中を潤すことで、発声や発音にも役立っています。

食べること、病気を防ぐこと、話すこと・・・こうしてみると、高齢になるほど気をつけたいことばかり。唾液というと「なんだかちょっと汚い」というイメージを持ちがちですが、高齢者の健康を守るうえで欠かせない役割を持った分泌物なのです。

唾液が出ず、口が乾くとき

食べたものをむせてしまう高齢男性

原因は加齢やストレス、薬の影響も

唾液が少ないために口の中が乾く病気を「口腔乾燥症=ドライマウス」といいます。中年以降の女性に多く見られ、「食べ物が飲み込みにくい」「口の中が痛い、傷つく」「水分を摂り過ぎてしまう」などの症状があらわれます。

原因は、加齢による自然な唾液量の減少がひとつ。また高齢者の場合、薬を飲んでいることも多く薬の影響も考えられます。血圧を下げる薬や、抗アレルギー薬、睡眠薬、抗うつ薬などの成分には、唾液の分泌を抑制するものがあります。気になる場合はかかりつけの医師に相談してみましょう。

口が乾くのはストレスも一因です。高齢になると自然に唾液の分泌が少なくなるうえに、緊張すると、ねばねばした粘性の高い唾液が少量分泌されるため、口の中がねばついて不快になりやすいのです。介護を受ける高齢者が緊張する場面といえば、移乗のタイミングや、一度痛い思いをしたケアの時などが考えられます。少しでもリラックスしてもらえるよう、こまめな声かけを忘れずに。

さらに、口で呼吸するとどうしても口の中は乾きがちになります。アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まっていないかもチェックするようにしましょう。

口が乾くときの対処法

唾液は、口や舌を動かして刺激することによって出てきます。口を膨らませたりすぼめたり、舌を突き出して、左右に大きく動かすなどの体操をしましょう。

唾液腺をマッサージするのもおすすめです。唾液の90%は「耳下腺(じかせん)」「顎下腺(がっかせん)」「舌下腺(ぜっかせん)」の3つから分泌されています。痛みや赤みが出ないように注意しながら、それぞれの場所をマッサージしてみてください。

顎下腺と舌下腺は、親指を下から当てて、10回ほど押し上げるように刺激します。耳下腺は、指の腹を当てて10回ほどクルクルとやさしく回すようにします。緊張状態では唾液は出にくいので、リラックスしておこなうのがコツです。

手軽な対処法として、市販のドライマウス対策ジェルやスプレーを使用することもできます。その場合は低刺激なものを選ぶようにしましょう。

唾液腺を示すイラスト

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。