介護職の腰痛を予防するツボ、ラクにするツボ厳選6

介護職の保健室


介護職のお悩みといえば、1、2を争うのが「腰痛」。

介護のお仕事は前屈みの姿勢で作業することが多く、どうしても腰に負担がかかりがちです。また、人の命を預かるお仕事のため、何かとストレスが多いのも特徴。

腰に溜まった疲労とストレスが、介護職員の腰痛の2大要因と言えるかもしれません。

そこで今回ご紹介したいのが、腰痛を簡単にセルフケアできる「ツボ押し」の力。もともと肩こりや身体のだるさといった、原因のはっきりしない不調をケアするのが得意なツボ押しは、疲労やストレスが溜まりがちな介護職員の強い味方です。

そのなかでも今回は、特に介護で起こりやすい腰痛の予防と緩和にぴったりのツボを厳選してご紹介。ツボ押しの知られざるパワーを、ぜひ介護の腰痛対策に取り入れてみてください。

まずは押したい腰痛のスタンダードツボ2つ

腰痛になったらまず初めに押したいツボが、おへその裏側あたりにある「腎兪(じんゆ)」と「志室(ししつ)」。

背中の中心から指2本分の位置にあるのが腎兪、指4本分の位置にあるのが志室です。これらは腰痛緩和には欠かせない定番のツボで、腰のつっぱりや重だるさ、痛みを解消すると言われています。

腰に手を当てて図の周辺を探り、押してみてコリやイタ気持ちよさを感じるところを探してください。見つけたら、親指で体の中心に向かって押しても良いですし、スペースがあればテニスボールなどを床に置き、その上に仰向けになってツボを刺激する方法もおすすめです。

これらのツボには腰痛改善のほかに、腎臓や副腎といった内蔵の血液循環を良くして、元気にしてくれる働きも。トイレが近い、体がだるい、疲れが抜けないといった悩みを抱えている介護職員の方には、特に試してほしいツボです。

「何となく腰に疲れがたまっているな」と感じたら、腎兪や志室あたりにカイロを貼ったり、腹巻きをしたりなどして温めるのも良いアイデア。ちょっとした気配りで、腰痛予防に効果が期待できます。

急性腰痛には足のツボが効く


足にも腰痛に効果的なツボがあります。

それが、膝裏にある「委中(いちゅう)」と、ふくらはぎにある「承筋(しょうきん)」。

どちらも腰から離れた位置にあるため、腰が炎症を起こしているときにもムリなく押せて、急性の痛みにも対応できるのがいいところ。

これらのツボは坐骨神経につながる神経に働きかけ、腰やお尻、膝や足にあらわれる痛みを和らげてくれます。足全体の血行を良くしてくれる効果もあるため、足のむくみやこむら返りなどにもおすすめです。

介護職の腰痛を予防するツボ、ラクにするツボ厳選6、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。