働きながらPTA役員をやってみた!結果は??

LIFE


かいごGardenコラムニストのまえだです。

あたらしい年が明け、あと数カ月で新学期が始まりますね。新学期、そう4月といえば、小学生以上のお子さんをお持ちの方なら少なからず頭をよぎるPTA役員決めの時期です。

小学二年生の子供を持つ私も、小学校入学にあたり最大と言ってもいいくらいの懸念がPTAでした。「子供一人につきPTA役員を1回は絶対にしないといけない。」「役員になったら学校に通う日々が続く。」「人間関係が・・・」など、PTAについてはよからぬうわさばかり耳に入ってきます。

逃げることはできないPTA、それなら「行事が少ない低学年のうちにやっておいた方がいい」という、こちらも根拠のないうわさを信じて1年生の時に「PTA役員に立候補します!」と私は威勢よく立ち上がりました。みんな考えることは同じで立候補者多数で、役員3人の枠をじゃんけんで争奪戦でした。

私は、あっけなく負けて次の年に再度立候補し、今年度、PTA役員になりました。立候補って書くと、やりたくてPTA役員になったように聞こえますが、「低学年のPTA役員は楽」といううわさを信じたまでです。


息子の学校ではクラスで役員になることが決まれば、学年代表と所属する部を決めます。

学年代表は名ばかりなのですが、問題は所属する部を決めることです。所属する部によって仕事量に雲泥の差があるのです。学校によってこの部の種類は様々ですが、絶対にあるのが広報部。そして、他の部と比べて極端に忙しいと毛嫌いされている部で、息子の学校では「じゃんけんで負けた人の寄せ集め」と名がついている部なのです。その広報部に私は望んで行きました。

というのは、広報部の主な活動は広報誌を発行することで、私は仕事で同じようなことをしているので、仕事の延長でできるからです。他の部の仕事は全く想像がつかず、どうせするなら得意分野の方が楽しめるのではと思ったからです。

息子の学校では役員会がほぼ月一回、働いている人には絶対に参加できない時間帯に行われます。私はそれには参加できないので、他のメンバーに参加してもらって連絡を回してもらったり、夜に集まってもらったりしていますが、働きながらでも何の問題もなくできています。もちろん、何もしないよりはPTA活動をするために他の事にかける時間を削らないといけないので慌ただしくはなりますが、メリットはそれ以上にあると思います。

実際にPTA役員をやってみて発見したメリット

親同士、子供同士の交友関係が広がる

私の部は、私以外高学年の親で構成されているので、先輩ママから学校生活、先生、習い事、受験や中学校・高校のことなど、私の知らない情報がどんどん入ってくるのです!少数派の保育園から進学した上、普段、地域のイベントや学校行事にあまり参加しない私にとってはそういう情報はすごくありがたいことです。

さらに、私は、夜や休みの日に打ち合わせや編集をするのですが、その際、子連れで集まってもらって、親たちが打ち合わせをしている間、子供たちは子供同士で遊ばせておきます。息子の場合、最低学年なので毎回「お兄ちゃんに遊んでもらったー!」と喜んでいます。

学校や地域で顔見知りができると、息子を見守る目も増えるので何かあった時に安心です。

学校の先生と話をする機会が増える

広報部の場合、掲載内容や撮影取材の打ち合わせのため先生とのやり取りが増えます。小学生になると先生と保護者が話をする機会は極端に減りますが、先生と頻繁に連絡を取ることでちょっとした心配事なども気軽に相談できる関係が築けます。

子供の学校での様子を見ることができる

先日、仕事が休みの日に、図工の授業の撮影に行ってきました。たくさんの保護者がいる参観日とは違い、普段のリラックスした雰囲気の授業の様子を見ることができるなんて役員特権ですよね!!

他にも運動会は、関係者以外立ち入り禁止の場所で撮影がてら見ることができたり、子供だけの学校行事にも取材班として参加することができます。

まとめ

仕事や家庭の事情で毎回役員会に参加できなくてもOK、自分のできることを無理のない範囲でするだけでいいんです!

実際に私の所属する広報部は9人で構成されていますが、全員がそろったのは広報誌第1号の発行時に30分ほどです。取材や撮影はその日に都合のいいメンバーが動き、印刷前の文章チェックなどは分担制なので、それぞれのメンバーが個々に動いています。これは、部をまとめる部長の力量が求められますが、仕事を分散して個別にできるようにしてもらっているので、生活に差し障りなく約一年続けてこれました。

うわさだけを聞くとPTAって時代錯誤の代物と思っていましたが、実際に役員として活動してみると、聞いていたような面倒くさいものでは全くなく、むしろ私はメリットの方が大きかったなぁと思っています。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
'かいごGarden'コラムニスト

Maki maeda / イラストレーター
兵庫県出身。大阪、シリコンバレー、LA、東京など転々とした後、現在は兵庫県在住。今の家に辿り着くまで2年以上同じ場所に住んだことがなかったくらいの引越し魔。得意分野は、料理、DIYなど、手先を動かすこと! でも、こまごましたことは苦手。大雑把なO型。ヨガや旅行も好きです。2009年生まれの男児の母。

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。