老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

資格・制度

老人ホームで働く時に資格は必要か?

介護士として老人ホームで働くにあたって、絶対に資格は必要というわけではありません。ただ、場所によっては必要になってくる場合があります。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの入所施設では、特に規定が定められていないので資格が絶対に必要というわけではありません。

しかし、「訪問介護」をメインとする住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では、介護職員初任者研修以上の資格が必要となります。

資格を持っていると面接などの時に有利になる他、施設側との信頼関係を築きやすくなります。資格を持っているとそれだけ事前に勉強してきているという証明にもなりますので、介護の仕事を長く続ける際には資格を持っておきたいところです。

そもそも老人ホームとは?

老人ホームとは、ホームヘルプサービスやデイサービスとは違って、24時間体制で利用者さんの援助をおこないます。

ホームヘルプサービスは利用者さん宅に直接出向いて、あらかじめ決められたサービスを提供したり、デイサービスでは利用者さん宅に送迎に向かい、日中を施設で過ごしてもらい、再度自宅まで送迎するというスタンスですが、老人ホームの場合は1日の生活を施設で過ごすスタンスとなります。

老人ホームの種類

老人ホームの種類としては、現在大きく分けて4種類あります。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホームなどがあります。

以前は養護老人ホームや療養型老人ホームなどもありましたが、現在は法律の改正により、数が増えることはなくなりました。

老人ホームで必要とされる資格

介護士として必要とされる資格(介護職員初任者研修)

介護職員初任者研修の資格は、老人ホームで働く際には必須ではありませんが、会社側が最低限所持しておいて欲しい資格として提示されている場合があります。

また住宅型有料老人ホームなどの場合、訪問介護としての介護請求となりますので、介護職員初任者研修の資格が必須となります。

通学+通信で取得できる資格なので、働きながら取得する人も多い資格です。

サービス提供責任者として必要とされる資格(介護職員実務者研修)

住宅型有料老人ホームやホームヘルプステーションで、サービス提供責任者として業務する際に必須とされている資格です。以前、介護職員基礎研修という資格がありましたが現在は廃止されています。

また介護福祉士を受験する際にも、この介護職員実務者研修の資格を修了しておくことが必須となりました。

この資格も通学+通信で取得できますので、働きながら取得することも可能です。

現場リーダーとして必要とされる資格(介護福祉士)

老人ホームなどの現場業務において、現場リーダーなどを勤める際には介護福祉士を取得しておくことが理想的です。

必ずしも必須というわけではありませんが、現場で実務経験を3年積み、介護職員実務者研修を修了した上で、介護福祉士を取得するとそれだけキャリアや知識があるという証明にもなります。

生活相談員として必要とされる資格(社会福祉士または社会福祉主事任用資格)


老人ホームで生活相談員として勤務するには、社会福祉士又は社会福祉主事任用資格の資格が必要となります。

社会福祉士の場合は4年制大学などの福祉学校を卒業するか、相談業務の実務経験と通信での取得も可能です。

社会福祉主事任用資格の場合は、業務に携わりながら通学+通信を行うことが可能となっています。

施設ケアマネジャーとして必要とされる資格(介護支援専門員)

施設ケアマネジャーは特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護サービス付き有料老人ホームなどで入所している利用者さんのケアプランを作成したり、相談業務に応じている業種です。

ケアマネジャーの資格は2018年より、国家資格を取得後(介護福祉士など)、実務経験を5年積み、試験を受ける必要があります。

老人ホームで最も喜ばれる資格と理由

介護職員初任者研修

老人ホームの種類は数多くありますが、無資格よりも介護職員初任者研修を取得していることが理想的です。福祉の基礎を学んできているという証明は、職場での信頼関係を得るためにも是非取得しておきたい資格です。

無資格の場合でも現場で働くことは可能ですが、福祉の基礎知識が有るのと無いのとでは、教育面においても先輩からのアドバイスや言葉などが伝わりやすいかどうか、ということにもなります。

資格を取得している場合ですと、福祉でよく使われる専門用語や、介護技術も学んできているということにもなりますので先輩も言葉が伝えやすく、自分も言葉が伝わりやすくなります。

認知症ケア専門士

老人ホームには認知症を患っている利用者さんも多く、場所によっては認知症を患っている方々を利用者さんの状態で分けて対応している場所もあります。

認知症ケアという知識や技術は専門的であり、利用者さんの発言や行動を細かく分析し、適したケアを提供できる専門士として証明できる資格です。

また、大型の老人ホームではユニット式を採用している施設も多いですが、建物の構造上ユニット化が難しく、介護職個人の知識や技術で対応が必要な場合もあるため、この資格を所持していると認知症の利用者さんに対して適したケアが提供できるため重宝されます。

介護福祉士

無資格から業務に入り実務経験を積んで、国家資格である介護福祉士を目指す方も大勢おられます。

施設側の事情としても介護職員を配置しなければならない「配置基準」を満たした上で、介護福祉士を所持している職員に長く勤めてもらいたいという思いがあります。

また介護の現場の種類も数多くありますが、一定以上の知識や経験が証明される国家資格ですので、是非取得を目指したい資格でもあります。

無資格でも介護施設で働けるが、給与面を考えると資格があるほうが有利

無資格でも介護施設で介護士として勤務することができます。

しかし給与面を考えると資格があるほうが有利です。地域や事業者により差はありますが、無資格の場合はパートとして勤務する場合が多く、また業務内容も短時間スポットで勤務する場合があります。

フルタイムの場合、時給約800円から1000円のケースが多く 、手取りでおおよそ10万から15万円の間が多いといえます。

介護職員初任者研修や介護職員実務者研修を所持している場合、時給が数十円から100円ほど差をつけている場所も多くみられます。

将来面で考えると介護福祉士を取得することにより正社員への登用や時給はアップにも繋がりやすいと考えられます。

老人ホームで喜ばれる資格の取得をこの順番がおすすめ

1、介護職員初任者研修

この資格は福祉の入門資格としての位置づけとなっており、現場実習を必要としないので比較的取得しやすい資格だといえます。介護の仕事を取得するにあたってまず最初に取得したい資格です。

2、介護職員実務者研修

この資格は国家資格である介護福祉士を受験する際にも取得が必須となっていますので是非取得しておきたい資格です。

また住宅型有料老人ホームでのサービス提供責任者としての業務には必須の資格となりますので、住宅型有料老人ホームで勤務する際には取得しておくとメリットが大きいです。

3、介護福祉士

介護職員実務者研修を取得後、実務経験と合わせて国家資格である介護福祉士を受験することができます。

老人ホームなどの入所施設では介護福祉士を配置基準として定めている場所は今のところありませんが、施設側にも重宝される職員として活躍することができます。

また正社員としての登用にも重要なアピールポイントとなり、資格手当として手当を支給される場合もあります。

まとめ

老人ホームと一括りにしてしまうと、働く時に必ず資格が必要というわけではありませんが、訪問介護をしたい場合は、最低でも介護職員初任者研修を取っておくと良いでしょう。

もちろん、資格があることで仕事の幅が広がるだけでなく、就職活動の面接時の印象もよくなり、採用していただける確率も上がるかと思います。

是非ご参考にしてくださいね。

人気ランキング

130175 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

74500 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

69824 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

62652 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

50518 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

48081 Views

今日から役立つ!介護の基本(6) 介護記録の上手な書き方

44072 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

41330 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

39387 Views

よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説

30339 Views

介護におけるコミュニケーションの基本とコツ

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。