3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

資格・スキル

介護現場での実務経験を重ねていくと、介護福祉士という資格と、介護支援専門員(ケアマネジャー)の言葉を耳にすることがありますよね。

ここでは介護福祉士とケアマネジャーの違いを理解し、これからのスキルアップに繋げていただければと思います。

介護福祉士とケアマネジャーでできるコトの違い

介護福祉士は介護現場のプロとして国から認められた国家資格です。

主に介護現場のリーダーとしての任務を担うための必須資格として必要とされている資格です。

ケアマネジャーは家庭や家族と介護現場の橋渡しのポジションとして勤務することが主な役割です。

就労する職場によって動き方や位置づけも異なってきますが、まずはこのイメージからつかんでおきましょう。

介護福祉士はこんなコトをする人

介護福祉士は主に高齢者介護の現場で活躍しています。

日常での生活動作に介助が必要な方に対して、援助を行っています。その範囲は家事援助や身体介助(更衣、入浴、排せつなども含む)まで多岐にわたります。

介護福祉士や介護士はケアマネジャーが利用者ひとりひとりに必要な介助を予め決めた計画書に沿って直接援助を行います。

介護保険サービスによる介護サービスを行う時は、原則ケアプラン通りのサービスを行わなければなりません。

ケアマネジャーはこんなコトをする人

ケアマネジャーは主に高齢者福祉の分野で活躍している職種になります。

家族との面談、手続き、ケアプランの作成などが主な仕事内容です。

今まで在宅にて生活していた方が病気などにより生活が困難になった時、市町村からの申請を経て、ケアマネジャーが利用者個別にケアプランを作成し、家族との連携をとります。

「○○さんのおばあちゃんがデイサービスに通い始めた」などという会話を聞いたことはないでしょうか?

デイサービスを利用する際には介護保険を利用するケースがほとんどですが、家族が直接にデイサービスに申し込んでいるわけではなく、ケアマネジャーが間に入って手続きをおこなっているのです。

介護福祉士とケアマネジャーの受験資格の違い


介護福祉士とケアマネジャーの受験資格の違いは、「就業期間と従事日数の違い」です。

従業期間は実務経験の対象となる施設(事業)及び職種での在職期間となり、従事日数は従業期間内において実際に介護等の業務に従事した日数となります。日数で計算されるため、一日の就業時間は制限はありません。

介護福祉士は実務経験(3年以上介護等の業務に従事した方)+実務者研修が必要となります。(1095日以上かつ従事日数540日以上)

ケアマネジャーは実務経験5年以上その業務に従事した日数が900日以上となります。

従業期間がどの程度あるのか計算が難しいという場合、”公益財団法人社会福祉振興・試験センター”が、従業期間計算表を用意してくれています。

そして、介護福祉士の実務経験を得ることのできる職場、ケアマネジャーの実務経験を得ることができる職場は多岐にわたります。

介護福祉士の受験資格

介護福祉士の受験資格を得るためのルートは2つあります。

1つは介護の学校に行って国家試験を受験するルート、もう1つは現場での実務経験3年積み、国家試験を受験するルートです。

ルート1 介護福祉士養成施設を卒業

介護福祉士養成施設を卒業するルートの場合は、実務者研修の履修は必要ありません。

ただし現在大幅な見直しが進められている最中であるため、少し注意を。

平成33年までに養成施設を卒業できる場合は、試験を受けることなく卒業後5年の間は介護福祉士資格取得者と見なされます。さらに卒業後5年間、続けて介護の実務経験を積むことで、5年後も介護福祉士を継続することができます。

しかし、平成34年以降に卒業する人からは、介護福祉士になるには国家試験の受験が必須になっています。

ルート2 介護福祉士の受験に必要な実務経験年数

実務経験3年(1095日以上かつ従事日数540日以上)で受験するルートは近年まで、実務経験3年にプラスして、実技試験という項目が設けられていました。そのため、筆記試験が1次試験となり、合格した人が2次試験の実技試験に進むことができました。

しかし、近年このシステムは廃止され、代わりに「介護職員実務者研修」の履修が必須となりました。これから受験を考えている方は、実務者研修の履修期間に注意してください。

実務者研修は実務経験3年がないと受講できないというわけではありません。無資格、未経験者でも実務者研修の資格を取得することも可能です。

介護職員初任者研修の資格を取得していれば、実務者研修の履修期間は少なくて済みますが、いつ申し込んでもすぐに受講できるというわけではなく、上記の無資格の場合の期間に組み込まれるスタンスとなるため、通学は数日間でも、卒業は約半年に1回となります。

受講の開催期間を逃してしまうと、介護福祉士の受験に間に合わないというケースが出てきます。よって介護福祉士の受験に間に合うように、事前に確認と準備が必要です。

介護福祉士の試験は年1回、1月第4週の日曜日に行われます。

受験資格について知りたい方は、”厚生労働省の介護福祉士の資格取得方法について”をお読みください。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の受験資格

2017年以前は、旧ホームヘルパー2級や社会福祉主事任用資格を保有している上で実務経験5年(900日)を積んでいれば、受験資格として認められていました。

ただし今回の改訂で、2018年以降は、該当の国家資格(介護福祉士など)を取得した上での実務経験5年が必要となります。

(該当資格:医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士)

そして介護福祉士を取得していれば、試験項目が一部免除されていたのですが、今回の改訂により免除内容も廃止となります。

介護福祉士を得てからの実務経験しか加算されなくなりますので、これから介護業務を始めていくと、必要な実務経験は最短でも合計8年となります。

試験範囲は介護支援分野、保険医療福祉サービス分野があります。介護支援専門員の試験は年1回、10月ごろに行われますが、実施は都道府県により異なる場合がありますので、事前に確認が必要です。

>ケアマネジャーの受験資格、改正のポイントと背景は?

どっちが難しい?介護福祉士とケアマネジャー

どちらが難しいかというと、ケアマネジャーの試験のほうが難しいです。

介護福祉士の試験範囲は主に人体に関する知識や介護現場の知識など、現場向けの問題が多く出題されます。

逆にケアマネジャーの試験範囲は法律関係や医療関係の知識が必要となるため、介護分野からの受験となると、取り組みやすいのは介護福祉士の試験です。

介護現場での経験から問題を解くことができやすい介護福祉士の試験の反面、ケアマネジャーの試験内容は日常の現場経験だけでは聞いたことのない言葉も多いため、学習も一から開始する感覚となります。

また、介護福祉士には更新はありませんが、ケアマネジャーは5年に1度更新が必要となります。

介護福祉士とケアマネジャーの給料の違い

介護福祉士とケアマネジャーの給料を比較すると、ケアマネジャーの給料のほうが高いです。

ケアマネジャーは国家資格ではないため、業務独占という言葉が当てはまることはないのですが、介護保険法でケアマネジャーの配置が決められているため、事業所側としてはケアマネジャーを優遇させておきたいので、実質は業務独占に近い位置付けとなります。

介護福祉士は国家資格ですが、名称独占資格のため、介護士との業務に差がつけにくいのが実情です。

給料も介護士に比べると高いですが、資格手当という形で上乗せしている職場も多いです。

介護福祉士の平均給料

給料額は地域によって違いはありますが、概ね手取り15~20万ぐらいが相場といえます。基本給を下げて、手当てでカバーしている会社も多く見られます。

また夜勤のある施設での勤務の場合、夜勤手当がつきますので手取りはその分多くなります。

ケアマネジャーの平均給料

ケアマネジャーも場所により開きはありますが、概ね手取り18~25万ぐらいが相場でしょう。

特徴としては、基本給を下げて手当てでカバーしている会社が多く見られます。逆に介護現場と兼務する場合、手当をつけて手取りを増やしている会社もあります。

介護福祉士とケアマネジャーの違いを簡単にまとめ

介護福祉士は国家資格で更新がなく、ケアマネジャーは民間資格で5年に1度の更新があります。

介護福祉士を目指したあとはケアマネジャーを目指すという言葉がよく聞かれる介護業界ですが、業務内容は全く別のものとなります。

介護福祉士は現場でのリーダーを目指しますが、ケアマネジャーは外部との連携の業務が主となるため、現場業務をおこなうことはあまりありません。

場所によっては介護現場とケアマネ業務を兼務している場所もありますが、それは働き方によって変わっていきます。介護福祉士では給料が安いので、ケアマネジャーを目指すという方もいます。

そして介護現場は体力の負担が大きいので、40~50代になってくると体力がキツイという理由でケアマネジャーになる方もいます。

逆に業務内容が精神的にハードだという理由で、ケアマネジャーから再度介護福祉士に戻る方もいます。

そのため、まずは介護福祉士の業務内容とケアマネジャーの業務内容を詳しく知ることから始めてみることをおすすめします。

そして近年受験資格にも大きく改訂が見られていますので、常に新しい情報をキャッチしておくことも大切です。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。