老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

資格・スキル

老人ホームで働く時に資格は必要か?

介護士として老人ホームで働くにあたって、絶対に資格は必要というわけではありません。ただ、場所によっては必要になってくる場合があります。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの入所施設では、特に規定が定められていないので資格が絶対に必要というわけではありません。

しかし、「訪問介護」をメインとする住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では、介護職員初任者研修以上の資格が必要となります。

資格を持っていると面接などの時に有利になる他、施設側との信頼関係を築きやすくなります。資格を持っているとそれだけ事前に勉強してきているという証明にもなりますので、介護の仕事を長く続ける際には資格を持っておきたいところです。

そもそも老人ホームとは?

老人ホームとは、ホームヘルプサービスやデイサービスとは違って、24時間体制で利用者さんの援助をおこないます。

ホームヘルプサービスは利用者さん宅に直接出向いて、あらかじめ決められたサービスを提供したり、デイサービスでは利用者さん宅に送迎に向かい、日中を施設で過ごしてもらい、再度自宅まで送迎するというスタンスですが、老人ホームの場合は1日の生活を施設で過ごすスタンスとなります。

老人ホームの種類

老人ホームの種類としては、現在大きく分けて4種類あります。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホームなどがあります。

以前は養護老人ホームや療養型老人ホームなどもありましたが、現在は法律の改正により、数が増えることはなくなりました。

老人ホームで必要とされる資格

介護士として必要とされる資格(介護職員初任者研修)

介護職員初任者研修の資格は、老人ホームで働く際には必須ではありませんが、会社側が最低限所持しておいて欲しい資格として提示されている場合があります。

また住宅型有料老人ホームなどの場合、訪問介護としての介護請求となりますので、介護職員初任者研修の資格が必須となります。

通学+通信で取得できる資格なので、働きながら取得する人も多い資格です。

サービス提供責任者として必要とされる資格(介護職員実務者研修)

住宅型有料老人ホームやホームヘルプステーションで、サービス提供責任者として業務する際に必須とされている資格です。以前、介護職員基礎研修という資格がありましたが現在は廃止されています。

また介護福祉士を受験する際にも、この介護職員実務者研修の資格を修了しておくことが必須となりました。

この資格も通学+通信で取得できますので、働きながら取得することも可能です。

現場リーダーとして必要とされる資格(介護福祉士)

老人ホームなどの現場業務において、現場リーダーなどを勤める際には介護福祉士を取得しておくことが理想的です。

必ずしも必須というわけではありませんが、現場で実務経験を3年積み、介護職員実務者研修を修了した上で、介護福祉士を取得するとそれだけキャリアや知識があるという証明にもなります。

生活相談員として必要とされる資格(社会福祉士または社会福祉主事任用資格)


老人ホームで生活相談員として勤務するには、社会福祉士又は社会福祉主事任用資格の資格が必要となります。

社会福祉士の場合は4年制大学などの福祉学校を卒業するか、相談業務の実務経験と通信での取得も可能です。

社会福祉主事任用資格の場合は、業務に携わりながら通学+通信を行うことが可能となっています。

施設ケアマネジャーとして必要とされる資格(介護支援専門員)

施設ケアマネジャーは特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護サービス付き有料老人ホームなどで入所している利用者さんのケアプランを作成したり、相談業務に応じている業種です。

ケアマネジャーの資格は2018年より、国家資格を取得後(介護福祉士など)、実務経験を5年積み、試験を受ける必要があります。

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。