介護福祉士の次の資格-ステップアップを目指すために-

資格・スキル

介護福祉士の資格を取得したあと「さらなるステップアップのために、新しい資格を取得したい」と考える時はありますでしょうか。

もちろん介護福祉士も国家資格であり、介護のスペシャリストとしての証明になります。そして、さらにスキルアップを目指すために、介護福祉士の次に取得しておきたい資格を紹介いたします。

介護福祉士の資格を持つ人が、次に取得しておきたい資格の一覧

  • 介護支援専門員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 認知症ケア専門士

①介護支援専門員の資格について

介護支援専門員は、通称ケアマネジャーと呼ばれている資格です。2018年より、介護福祉士の資格を取得してから5年実務経験を積まなければ、受験資格を得ることができなくなりました

介護支援専門員は、家族との関わり、病院や他事業所などの他職種との橋渡し役として、行動する事が多いです。

介護現場を深く経験していることが、ケアマネジャーの業務を大きくバックアップできると考えます。

介護支援専門員の仕事

主に人との対話やケアプランの作成など、デスクワークのイメージが強いケアマネジャーですが、業務範囲は多岐に渡るため、介護現場の経験が豊富であればあるほど業務を進めやすくなります。

例えば、入所施設などでケアマネジャー業務を行う場合、自身が入所施設での現場経験があると、利用者さんがどのようなケアを行われているのかを、詳細に知ることができます。

そして利用者さんの家族や、他の事業所などにも利用者さんの様子や状態を分かりやすく伝えることができます。

介護支援専門員は、介護現場よりも体力的に負担が減るため、長く続けることが出来るようになります。

介護支援専門員の資格を取得する方法

介護支援専門員を取得するためには、介護福祉士を取得後、実務経験5年が必要となります。

実務経験を証明する書類を勤務先に証明してもらうことで、受験資格となります。筆記試験に合格後、研修を受けることにより、介護支援専門員として登録されます。

②社会福祉主事任用資格について

社会福祉主事任用資格は、デイサービスや入所施設において、生活相談員として勤務することができる資格です。

介護のプロとして証明できる介護福祉士を取得したあとは、社会福祉主事任用資格を取得しておくことで、生活相談員になれる可能性があります。

介護福祉士を取得していることにより、現場にも強みがある職員として活動することができるでしょう。場所にもよりますが、デイサービスなどの生活相談員の場合、現場と兼務している方も多いので、現場を知っていると非常に強みになります。

社会福祉主事任用資格は、現場を知っている職員が外部との交流を行う際、自分の職場の長所や短所を知っているということを相手にも伝えることができますし、相手との信頼を築くことができるようになります。

社会福祉主事任用資格を取得する方法

この資格は通信教育で取得することが可能です。1年間の在籍が必要となりますが、働きながら取得することが可能となっている資格です。

介護福祉士の次の資格-ステップアップを目指すために-、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。