介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

資格・スキル


福祉用具専門相談員の資格は、未経験からでも取得が可能な資格です。

「介護用品・福祉用具を扱う仕事に携わりたい」と思っても、何から始めていいものか悩んでしまいますよね。まずは無理なくスムーズに資格を取得し、希望する職種に就きたいものです。

また、既に介護の仕事に従事されている方がステップアップの一環として、福祉用具専門相談員の資格を取得したいと考えられるパターンも多いです。

今回は、福祉用具専門相談員とはどのような資格なのかを理解しながら、未経験からでも無理なく資格を取得する方法を解説していきます。

福祉用具専門相談員の資格を取得する方法

2015年の法改正前までは、初任者研修やホームヘルパーの資格を保有していれば、福祉用具専門相談員として認められていたのですが、改正以降は介護福祉士などの国家資格を持つ人のみしか認められなくなってしまいました。

介護福祉士、社会福祉士、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、義肢装具士の資格を持たない方は、介護の実務経験に関係なくスクーリングに通う必要があります

これから福祉用具専門相談員の資格を取得していきたいと考えている方は、まずは最寄りのスクールを探す必要があります。

そのスクールに通い、50時間のカリキュラムの受講と、筆記試験をクリアすれば、福祉用具専門相談員の資格を取得することが可能です。

福祉用具専門相談員の資格の取得にかかる期間は、約1週間から3ヵ月

先述しましたが、福祉用具専門相談員の資格を取得するためには、50時間の講義と、筆記試験をクリアする必要があります。

現在は仕事に就いていない方など、1日をフルに使える環境の場合であれば、概ね7~8日のコースに集中的に通うのが一般的ですが、仕事をこなしながらの通学であれば時間はなかなか取りにくいですよね。

場所によっては、福祉用具専門相談員の資格を取得するための、複数のコースを開講している教室もありますので、仕事をしながら福祉用具専門相談員の資格を取得する場合は、週末のみのコースや週1回のコースを探されることをオススメします。

働きながら週1回~2回の講義を受ける場合、福祉用具専門相談員の資格を取得するために必要な期間は、約3ヵ月です。

この方法で、介護施設で勤務しながら資格を取得する介護士さんも大勢いらっしゃいます。

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。