介護福祉士とケアワーカー、ソーシャルワーカーとの違い

資格・スキル


「介護福祉士と社会福祉士の違い」や「デイサービスとデイケアの違い」など、介護業界には、介護の仕事に興味を持ち始めたばかりの人には、分かりづらい用語がいくつかあります。

その中の1つが、ケアワーカーとソーシャルワーカーの違いです。そして、これら2つの仕事は、介護福祉士と何が違うのでしょうか?

今回の記事ではケアワーカー・ソーシャルワーカー、そして介護福祉士の違いを分かりやすく説明します。

ケアワーカーとソーシャルワーカーの違いとは?


ケアワーカーは、高齢者や障害者などの介護が必要な方に対し、衣服の着脱・入浴・食事などの介助を行う
人のことです。

一方、ソーシャルワーカーは病気やけがをしている人、高齢者や障害者、またその家族に対して、日常生活を送るうえでのさまざまな不安や困りごとに関する支援を行う人のことをいいます。

つまり、介護を行う人と相談業務を行う人という違いがあります。

ケアワーカーの仕事内容

ケアワーカーとは、その名の通り、ケアを行う人のことを言います。

代表的なところでは、高齢者の利用する施設、例えば特別養護老人ホームなどで、高齢者を介護する人がケアワーカーです。

ケアワーカーは、介護職員や介護士と呼ばれることが多いです。この他にも、病院で病気の方を医療以外の面でサポートする、看護助手と言われる職業もケアワーカーに当てはまります。

この仕事をするために、特別な資格は必要ありませんが、介護福祉士の資格を持っていると給与面で優遇されることが多くみられます。

ソーシャルワーカーの仕事内容

ソーシャルワーカーは高齢者福祉施設や障害者福祉施設のほかにも、行政機関や医療機関である病院や、教育機関である学校や、民間の企業など、多様な場所で働いています。

働く場所によって、仕事の対象は、高齢者や子どもからその家族までと様々です。

 

ソーシャルワーカーは、相談者に対して、様々なアドバイスや指導をしたりすることで、早期の社会復帰や施設内でのスムーズな生活などを支援しています。

働く場所によってその名称は変化し、公立の施設において同様の業務にあたる人のことは「ケースワーカー」、社会福祉施設であれば「生活相談員」、児童福祉施設では「児童指導員」と呼ばれています。

また、ソーシャルワーカーになるための資格についても働く場所によって違いがあり、社会福祉士や社会福祉主事の資格が必要な場合があります。

「ケアワーカー=介護福祉士」ではない


先ほどの項目で、ソーシャルワーカーは「相談業務」を専門にした仕事であると述べました。

ソーシャルワーカーよりも区別が難しいのは、ケアワーカーの仕事です。ケアワーカーの仕事は多岐にわたり、ざっくり言ってしまえば、介護の現場で直接的に介護をする人の多くがケアワーカーに該当します。

しかし、介護福祉士とケアワーカーの仕事は同じような仕事内容ではありますが、決して「ケアワーカー=介護福祉士」ではありません。ここにも明確な違いがあるのです。

介護福祉士は、ケアワーカーの中でも”介護福祉士の資格を有する人”しか名乗ることができない

介護福祉士は国家資格です。

介護福祉士は名称独占と呼ばれる資格で、1年に1度行われる国家試験を受けて、合格した人だけが、介護福祉士を名乗ることができます。

つまり、ケアワーカーの中からさらに介護福祉士を目指すことは、一種のキャリアアップと言えます。

介護福祉士だけにしかできない事はあるの?

先ほど述べたように、介護福祉士は名称独占資格です。

名称独占資格とは、「その資格を持っているものだけが、その名称を名乗れます」という資格です。

これに対し、医師や看護師のように、その資格を持っていないとできない業務がある資格は、業務独占資格と呼ばれています。

ですから、実際の介護の現場で、介護福祉士が行う仕事と、資格を持っていないケアワーカーが行う仕事が、明確に分けられている訳ではありません

介護福祉士とケアワーカー、ソーシャルワーカーとの違い、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。