認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

資格・スキル


平成28(2016)年10月1 日現在、日本では全人口のうち27%以上が65歳を超えている”超高齢化社会”を迎えており、その影響もあってか、介護現場では認知症を持つ利用者と接する機会が増加しています。

認知症ケアの専門知識を有する人材の需要も高まりつつあり、認知症に関する資格の中で最もメジャーである「認知症ケア専門士」の資格は、介護士を中心に毎年約5,000~11,000人が受験しています。

ここでは認知症ケア専門士の資格を、介護士が取得するメリットについて解説します。

認知症ケア専門士とは?

認知症ケア専門士は、一般社団法人日本認知症ケア学会認定の民間資格です。

認知症ケアに対する優れた学識と認知症ケア技術の向上、高度の技能と合わせて倫理観を備えた専門技術士を養成すること、保険福祉への貢献を目的としています。

2005年に第1回認知症ケア専門士の試験が実施されて以降、毎年実施されています。受験者のうち最も多いのが介護福祉士で、次いで介護支援専門員、ヘルパーの順になっています。

認知症ケア専門士は、比較的新しく出来た資格ではありますが、高齢者と接する機会が多い介護職の方から、多く注目を集めているのです。

介護士が認知症ケア専門士の資格を取得するメリット

介護士は日頃多くの利用者と接しますが、その中には認知症の方もいらっしゃいます。そして、ひと口に認知症と言っても、発症の原因によって、認知障害の特徴が違います。

認知症ケア専門士の資格の取得は、単純に認知症の方とコミュニケーションの向上を図るためだけではなく、認知障害の特徴を知るためにもあります。

まだ経験や知識の浅い介護士が「認知症の方と接するのは不安」という悩みを抱えていることは、決して少なくありません。しかし、介護士自身が不安を隠せないまま認知症の利用者と接してしまうと、利用者にも不安が伝染し、余計にコミュニケーションを取りづらくなるという事態が起こりかねません。

認知症ケア専門士の資格の勉強などで、認知症に関する深い知識を得て自信をつけることで、実際に認知症を患う利用者とも、接しやすくなります。利用者やそのご家族も、安心してくれるでしょう。

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。