サービス介助士の資格は3種類もある!それぞれの特徴と取得方法を解説

資格・スキル


皆さんは「サービス介助士」という資格をご存知でしょうか。

介護や介助の資格には様々な資格がありますが、このサービス介助士の資格は超高齢社会を支えるための資格として注目されています。

高齢者や体の不自由な方が安心して社会に出られるよう、あらゆる職種においてサービス介助士の需要が高まっています。今回はそんなサービス介助士について、詳しくみていきましょう。

そもそも「サービス介助士」ってどんな資格?

例えば、電車を利用したくてもその人は目が見えない、車いすを使用していて階段が越えられないなどのケースがあります。

そのような時に駅員さんや店員さんが、目的地まで付き添ってくれるなど、その時の状況に応じてスムーズな対応をしてくれれば、高齢者や体の不自由な方はもっと安心して施設を利用することができますよね。

サービス業としても、よりよいサービスを提供できることになり、企業のイメージも上昇します。こういった「サービス介助」は、あらゆる施設で取り入れられています。

このように、「高齢者や体の不自由な方が安全に施設を利用できるようにサポートできます」と示せるのが、サービス介助士の資格なのです。

サービス介助士には、ただ身体的な補助をするのではなく、おもてなしの心やサービス精神からくる「こころのバリアフリー」を行う役割があります。

サービス介助の仕事自体に資格は必須ではない

サービス介助の仕事自体には、「サービス介助士」系統の資格が必須ということはありません。

実際、サービス介助士の資格をお持ちでないサービス業の方でも、体が不自由なお客様に対し親身になってサポートを行う方は多くいるはずです。

しかし「どうすれば車椅子を安全に操作できるのか?」「目の見えない人はどう手引きされると不安になりにくいか?」など、一般的に介助に関する専門的な知識があるわけではありません。

後述するサービス介助士系統の資格では、そうした介助に関する知識を得ることができるので、よりサービス利用者に寄り添ったサポートを行えることが、資格所有者の強みです。

サービス介助士の資格のメリットとは?


上記でも触れましたが、「サービス介助士」系統の資格のメリットについて、さらに詳しく解説していきます。

サービス介助士に関わる資格の取得者が社会で活躍するメリットとして、一般社会でのサービス介助が浸透することにより、高齢者や体の不自由な方に安心感を与えることができることが挙げられます。

他の介護・介助系の資格のほとんどが、基本的には高齢者福祉や障がい者福祉に直結しているため、他職種でその資格を生かす機会がほとんどありません。

対して、サービス介助士の資格は他職種と連携させることができる(駅員がサービス介助士、店員がサービス介助士など)ため、高齢者や体の不自由な方の行動範囲が広がることが期待できます

高齢者や体の不自由な方にとって、あらゆる外出先でサービス介助士を取得している人がいるのといないのとでは、安心感が全く違ってきます。

また、福祉施設などでは元々バリアフリー設計で造られていることがほとんどですが、社会全体ではまだまだ整備が進んでいないところも多く、発展途上段階です。

そのため、高齢者や体の不自由な方が外出先で「困ったな…」と思う機会は、まだ多いでしょう。

そんな現状において、サービス介助士の資格を取得している人がいると、適切なサポートを行えるので安心できます。

実際にサポートを行う高齢者・体の不自由な方から頼りにされることは嬉しいことですし、企業側からも重宝されるので、そういった意味では、サービス介助士の資格はおいしい資格だと言えるのかもしれません。

もちろん、資格を持たない人でも親切心で困っている高齢者・体の不自由な方の介助を行うことは大変素晴らしいことですが、不慣れな車椅子の操作をして、万が一事故になってしまった時が大変です。

利用者、その周りの人、そして自分自身の安全のためにも、”日常的にサービス介助を行う”可能性があるなら、やはり資格を取得しておくことが推奨されます。

以下で、サービス介助に関わる資格について説明します。

サービス介助に関係する資格は大きく分けて3種類ある

さて、サービス介助を行う人にオススメの資格は、大きく分けて3種類あります。資格によって試験の有無、受講時間などの違いがありますので、順番にみていきましょう。

  1. サービス介助士
  2. 准サービス介助士
  3. サービス介助基礎検定

「サービス介助士」がもっともメジャーなサービス介助の資格

サービス介助士の受験資格は特に実務経験などは必要なく、社会人・大学生・専門学校生などを対象とした資格となっています。

サービス介助士の資格の取得者数は、年々増加しており、2018年1月16日現在では15万人以上の取得者があらゆる業界で活躍しています。

サービス介助士有資格者数が年々増加しているのは、「高齢者や体の不自由な方のサポートをしたい!」と考えられている方だけでなく、「サービス業として提供するサービスの質を向上させたい!」と考えられている方もこの資格の重要性を感じ、受験しているためだと思われます。

サービス介助士の資格取得方法

サービス介助士の資格を得るためには、まずは100問の提出課題を提出し、60点以上で合格となります。

その後、2日間の実技演習(東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・広島・高松・福岡・那覇)を行い、演習後の検定試験に挑戦できます。

検定試験は50問で70点以上の合格となります。不合格の場合は1年以内に限り再試験制度が設けられており、追加で受験が可能です。

また、サービス介助士の資格取得後は3年ごとの更新が必要です。

「准サービス介助士」について

准サービス介助士の資格は「介助サービスに対して関心があり学んでみたい!」という人が比較的気軽に在宅で取得に挑戦できる資格です。

特に受験資格も必要としないので、サービス介助の基礎を学ぶことに適しています。

准サービス介助士の資格取得方法

自宅でDVDを見たりテキストを読んだりして、課題を提出後に在宅試験をおこないます。実技試験はなく、在宅試験に不合格でも6ヶ月以内に限り再試験を受験することができます。

また、准サービス介助士の資格取得後に、サービス介助士へとステップアップすることも可能です。その場合にはサービス介助士の実技演習からのスタートとなります。

「サービス介助基礎検定」について

サービス介助基礎検定というのは、資格というよりは講習に近いものです。

高齢者や体の不自由な方への理解を深め、車いす移動に対する知識や適切なコミュニケーションをとれるようにすることが目的です。

サービス介助士基礎検定の資格取得方法

サービス介助基礎検定の資格は、2時間の座学と実技を修了後、検定試験に合格すると取得が可能となっています。

2時間の講習については、高齢者への理解を深める模擬体験や、車いすの使用、視覚障害への理解、コミュニケーションなどが主な内容です。

より専門的な介護・介助の知識を身に付けるなら初任者研修等の資格


ただ、サービス介助士の資格を取得していても、できることには限界があります。

サービス介助関係のテキストや試験で実施される内容はあくまで一例であり、社会で生活している高齢者・体の不自由な方には様々な症状や状態があります。

例えば、サービス介助士のテキストにある白内障だけではなく、合併症により他の箇所も合わせて介助しなければならないケースがあります。

サービス精神の介助ももちろん素晴らしいことですが、介護施設などで必要になる、専門的な介護や介助の知識は、サービス介助士の資格の過程で得ることは難しいです。

介護サービスは、おもてなしのサービスとは少し違います。利用者1人1人の身体・精神状況を把握し、安全に介護を行うための介護技術の知識が必要不可欠になります。

“あらゆる状況の介護を行う”という観点から、より介護や介助の知識を身につけたい方は、介護職員初任者研修以上の資格から勉強することがおすすめです。

サービス介助の資格は、超高齢社会の助けになる


介護や介助に関する資格は似た名前が多く、サービス介助士の資格も時に「ガイドヘルパー」や「ホームヘルパー」と混同されやすいですが、サービス介助士についておわかりいただけましたか?

現在では急速に高齢化が進行しており、高齢化率は今後もますます上昇していくと予測されています。

私たちが日ごろから利用している商業施設や交通機関でも、さらに介助サービスが必要になってくるでしょう。

私たちが普段気にすることがほとんどないわずかな段差でも、人によっては大きな障害となることがあります。そのわずかな段差を解消することで、そこに不便を感じる方にとっては大きな喜びに繋がるのです。

実際に小さな段差に苦労されている方は、「段差があるからあの店には行けないな」と思い、外出を控えてしまうケースも少なくありません。

“サービス介助”にまつわる資格は、高齢者や体の不自由な方を手助けし、健常者と同じように気持ち良く施設を利用していただくためにあるのです。

“誰もが同じように生活できるよう、サポートする”ことを実践できるサービス介助士の資格は、サービス業の人の場合なら日ごろの業務に加えて、サービスとしてあらゆる人の役に立ちたいと思っている人に向いている資格と言えます。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。