ケアマネジャーの受験資格、改正のポイントと背景は?

資格・スキル


介護職として働いている方々の中には、「いつかはケアマネジャーの資格を取りたい」と考えている人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

もっていれば活躍の場が広がるケアマネジャー(介護支援専門員)資格ですが、試験を受けるには一定の受験資格を満たしている必要があります。

その受験資格が改正され、2018年10月に実施予定の試験から新しい内容で適用されます。このコラムでは、「昨年までと今年では、受験資格がどう違うの?」「今年のケアマネジャー試験合格にむけて注意すべき点は?」などの疑問や、受験資格が改正された背景などについてもご紹介します。

ケアマネジャーの受験資格、ここが大きく変わった

https://kaigo-garden.com/work/136/""
大きく改正された点は、これまでは受験資格として認められていた「無資格で介護業務に10年以上従事した」「介護職員初任者研修・ホームヘルパー2級・実務者研修等の資格を保有していて、5年以上介護業務に従事した」等の人たちが、2018年以降は受験資格対象から外されること。

2018年以降にケアマネジャーの受験資格を得るには、まず介護福祉士などの国家資格を取得してから、さらに5年の経験を積むことが必要になります。

2017年までの受験資格(下記のいずれかを満たす)

1.国家資格等に基づく業務経験5年
国家資格(※1)を保有かつ、各資格の業務に5年間従事した者。

2.相談援助業務経験5年
介護施設などで相談援助業務に5年間従事する者。

3.介護資格+介護等業務経験5年
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)等の資格を保有していて、5年間介護等の業務に従事した者。

4.介護等業務経験10年(無資格可)
10年間介護等の業務に従事した者。

2018年からの受験資格(下記のいずれかを満たす)

1.国家資格等に基づく業務経験5年
国家資格(※1)を保有かつ、各資格の業務に5年間従事した者。

2.相談援助業務経験5年
相談援助業務に従事した期間が通算して5年以上であり、かつ当該業務に従事した日数が900日以上であること。

  • 生活相談員(ソーシャルワーカー)
  • 支援相談員
  • 相談支援専門員
  • 主任相談支援員

※2017年までの受験資格3と4は資格要件から除外

(※1)医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士

介護福祉士の受験資格として3年以上の実務経験と実務者研修が必要となるため、未経験から介護の仕事を始める人なら、受験資格取得までは最短で8年間かかります。

【モデルケース】
3年間、介護の現場で経験を積む(この間に実務者研修を履修)→介護福祉士の資格を取得→介護福祉士の資格取得から5年、介護の仕事に従事→ケアマネジャー受験資格を取得。

すでに3年以上介護の現場で働いている人や、介護福祉士養成施設を卒業した人などは、最短で5年です。

注意してほしいのは、業務従事期間はケアマネジャー試験の前日まで数えられる点。「5年(または900日)には足りなさそう」と諦めるまえに一度、試験の前日まで入れて計算してみてください。

そして改正点はもう1つ。これまで介護福祉士などの国家資格をもつ受験者は、試験項目が一部免除されていたのですが、この免除も廃止になります。

>3分でわかる介護福祉士とケアマネジャーの違い

介護福祉士や社会福祉士などの国家試験の取得+5年の経験が必須、さらに試験項目の一部免除も廃止となっては、ケアマネジャー受験のハードルが上がったようにも思える今回の改正。

そもそも介護業界は人材不足といわれています。なのになぜ今、ケアマネジャー試験の入り口を狭くするような改正が行われたのでしょうか?

ケアマネジャーの受験資格、改正のポイントと背景は?、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。