福祉ネイリストは介護現場に笑顔を増やす注目資格

資格・スキル


指先をネイルで彩る、それだけで、ぱっと華やぐ気持ちを感じる方も多いことでしょう。

ご自分でプロ並みのネイルができる方も増えていますが、それでもネイルサロンに行かれる人も多いのは、仕上がりの美しさばかりが目的ではないようです。

サロンでの、手と手を触れあって顔を見ながら話をする、ネイリストとの心和むひとときも大きな魅力。

そんなネイルサロンの華やぎと安らぎを、介護施設にお届けできる資格が「福祉ネイリスト」なのです。

介護職経験がある方もない方も、ネイルを通して介護現場での笑顔に触れられる仕事です。

これからますます注目されていく資格、「福祉ネイリスト」について、資格取得の方法や将来性、活躍の場をまとめてみましたので参考にしてください。

福祉ネイリストってどんな資格?

福祉ネイリストは、施設や自宅など、お客様のいらっしゃる場所を訪問し、ネイルを施したりハンドマッサージを行ったりするのが仕事。

お客様は、高齢者や障害者はもちろん、自宅療養中の方、移動が困難な方など、ネイルサロンに行くのが難しい方すべてが対象となります。

高齢者には、認知症ケア技術「ユマニチュード」や「回想法」を交えながら、爪のケアやハンドマッサージ、ネイルを施していきます。

施術中は利用者様の表情に気を配りつつ、笑顔で声かけをして安心してもらうことも大切。

ネイルと聞くと自分には関係ないと思われる男性も多いのですが、高齢者のためのハンドマッサージや爪のケアは男性にも好評。福祉ネイリストはお客様の男女を問わず、関わることができるのです。

施術後には「ありがとう」といっていただけ、次回の訪問を楽しみにお待ちいただけることが、大きなやりがいです。

また、施設の入居者同士がお互いにネイルを見せ合って会話が広がる、そんなコミュニケーションづくりにも役立つ資格です。

福祉ネイリスト資格の取得方法


福祉ネイリストの普及・養成と資格認定を行っている協会の認定校で、指定されたカリキュラムの受講と試験、実地研修を経て、資格を取得できます。

ネイルの経験や資格がなくても受講が可能。すでにネイリスト資格を保有していると、カリキュラムの一部が免除されます

福祉ネイリスト資格取得の流れ

ネイリスト資格を保有していない場合の資格取得の流れ

(1)協会の認定校で、7日間21時間の講習と実技を修了

(2)卒業試験に合格

(3)実地研修(1日約3時間)

(4)認定書発行

ネイリスト資格を保有している場合の資格取得の流れ

JNA(日本ネイリスト検定試験センター)2級以上の資格があれば、実技の一部が免除され、2日間10時間の講習と1日約3時間の実地研修となります。

(1)協会の認定校で、2日間10時間の講習を修了

(2)卒業試験に合格

(3)実地研修(1日約3時間)

(4)認定書発行

>お問い合わせ:一般社団法人シニアチャレンジッドメンタルビューティー協会(SMBA)
受講希望の方は、認定校に通学可能かどうかをご確認ください。

※この他に介護施設や障害者施設などに訪問理容美容サービスを行っている会社が、訪問福祉ネイリスト養成セミナーを行っている場合もあります。カリキュラムや費用については、各サイトで最新情報をご確認ください。

福祉ネイリストは介護現場に笑顔を増やす注目資格、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。