ガイドヘルパーの資格は3種類。介護職のスキルアップにも!

資格・スキル


さまざまな障がいのためひとりでは外出が困難な人に付き添い、目的地までの移動を安全にサポートする・・・それが「ガイドヘルパー=移動介護従事者」です。

通院や生活必需品の買物だけでなく、外食や映画鑑賞、ショッピングといった余暇活動にも同行し、障がいのある方に外出を楽しんでもらうのがお仕事です。

このコラムでは、ガイドヘルパーの資格でできる仕事の内容や、受験資格、難易度、取得にかかる時間などを解説します。

さらに、すでに介護職員初任者研修などの資格を持ち、ホームヘルパーなどで活躍している人が取得すると、どんなメリットがあるのかについても詳しくご紹介。

初めて福祉・介護業界に飛び込むときの1つ目の資格としてはもちろん、2つ目、3つ目の資格を取ってステップアップをしたいと考えている介護職の方にも、ぜひ知っていただきたい資格です。

ガイドヘルパーの資格は3種類


ガイドヘルパーの正式名称は「移動介護従事者」といいます。

事故なく安全に、利用者が安心して外出できるようにするためには、障害の内容に合わせたサポート方法といった専門知識やスキルが必要。

ガイドヘルパーとして働くには、こうしたスキルを持っていることの証明になる、3つの資格があります。

視覚障害者 移動介護従業者 養成研修

視覚に障害を持つ方が外出するとき、同行して移動を援護・サポートしたり、代読や代筆、排泄や食事など必要な援助を行ったりするための資格です。

全身性障害者 移動介護従事者 養成研修

四肢マヒや筋力低下など、全身にわたる運動障害や機能障害を持つ方が外出するとき、同行して移動を援護・サポートしたり、その他必要な介助を行ったりするための資格です。

知的障害者 移動介護従業者 養成研修

知的障害や精神障害を持つ方が外出する際、行動や性格上の特徴から問題が起こらないようコミュニケーションを支援したり、必要な援護やサポートを行ったりするための資格です。

「介護職員初任者研修」以上の資格を持っている場合、3つ目の知的障害者の方の移動支援に関しては、専門の養成研修を修了していなくても行うことができます。

しかし視覚障がい者の方や全身性障がい者の方の外出介助を行う場合には、それぞれの養成研修を修了していなくてはならないため、注意が必要です(市町村によって要件が変わります)。

ガイドヘルパーの仕事内容&活躍の場は?

視覚に障害を持つ方の場合、段差や階段、エスカレーターや駅のホームなどは、転倒や転落の危険がある場所。特に注意して、段の数や進む方向、じゃり道や坂道といった道の状態などの情報を、細かく正確に伝える必要があります。

また、本人に代わって代読や代筆をすることもあります。

全身性の障害を持つ方の場合、移動は基本的に車椅子なので、車椅子での移動を安全に介助することが主な仕事になります。

電車やバスなど公共交通機関に連絡をして、スムーズに乗り降りできるようにするのも大切なお仕事です。その他、外出前後の衣服の着脱や、外出中の食事や排泄の介助も行います。

知的障害を持つ方の場合、外出中のコミュニケーションが難しかったり、予期せぬ出来事にパニックを起こしてしまったりすることがあります。そこでその方の障害の内容や程度に応じて、危険やトラブルを回避するための適切なサポートを行います。

コミュニケーションに絵や文字、ジェスチャーなど言葉以外の方法も用いたり、あらかじめ道順や行動予定を伝えておき、問題行動が出た時にはその人に合った方法で落ち着かせるなど、適切に対処することが必要になります。

これらガイドヘルパーのサービスは、移動支援を行っている事業所ならどこでも提供しています。

移動支援事業所をはじめ、訪問介護事業所や介護施設、障がい者支援事業所、障がい者グループホームなど、移動支援を行っている事業所で、資格を活かすことができます。

ガイドヘルパー資格の取得方法


ガイドヘルパー資格の取得方法は、自治体によって若干違いがあるのですが、ほとんどの場合受験資格はとくになく、誰でも受けられるようになっています。

また、すでに介護職員初任者研修や、介護福祉士などの資格を持っている方は、一部免除となるカリキュラムも。試験に合格する必要もなく、研修と演習を修了すれば資格を取得できるため、比較的難易度は低い資格といえそうです。

講座の費用価格帯はそれぞれ3万円〜4万円前後。それぞれの研修課程の内容と、かかる時間の目安は以下を参考にしてください。

視覚障害者 移動介護従業者 養成研修課程

移動介助の基礎知識や、障害の理解、障害者(児)の心理などについて、講義形式で学びます(11時間)。

さらに、移動介助の基本技術や応用技能について、演習形式で学びます(9時間)。

合計20時間の研修を修了すれば、視覚障害者の移動介護ができるガイドヘルパー資格を取得できます。

全身性障害者 移動介護従業者 養成研修課程

全身性障害者を介助する上での基礎知識や、移動介助にあたっての注意などについて、講義形式で学びます(12時間)。

さらに、移動介助の方法や生活行為の介助について、演習形式で学びます(4時間)。

合計16時間の研修を修了すれば、全身性障害者の移動介護ができるガイドヘルパー資格を取得できます。 

知的障害者 移動介護従業者 養成研修課程

知的障害者の障害や、心理の理解、移動介助の基礎知識などについて、講義形式で学びます(13時間)。

さらに、移動介助の技術について演習形式で学びます(6時間)。

合計19時間の研修を修了すれば、知的障害者の移動介護ができるガイドヘルパー資格を取得できます。

自治体によって、カリキュラムの内容や時間は異なる場合があります。講座の受講費用についてもばらつきがあり、助成制度がある場合もあるので、詳しくはお住いの市区町村のホームページなどで確認することをお勧めします。

介護系の資格と好相性!

これから介護施設や訪問介護事業所で働くことを考えているなら、ガイドヘルパー資格と併せて、介護職員初任者研修や実務者研修など、介護系の資格もセットで取得するのがおすすめ。

実はガイドヘルパー専門の求人数はあまり多くなく、あってもパートやアルバイトなどが中心になります。

介護系の資格も持っていれば多くの求人から選ぶことができますし、介護現場ですぐにでも活躍できる人材として、就職活動もグンと有利になるでしょう。

逆に今、初任者研修や実務者研修の資格を持っていて訪問介護サービス事業所で働いている場合は、介護の資格だけでは視覚障害の方や全身性障害の方の外出サポートができないことがあるため、ガイドヘルパーの資格も持っていると仕事の幅が広がります。

自分自身のスキルアップにもなり、職場からは必要な人材として重宝されるので、2つ目、3つ目の資格として取得しておくのもおすすめです。

事業所側から見れば、ガイドヘルパー資格を持つ介護士は、さまざまな障がいへの知識やスキルを持ち、安心して仕事を任せられる人材としてとても魅力的。

実際ガイドヘルパーの資格を持っていると、基本給とは別に資格手当てや、特別業務手当てが付く事業所もあるようです。気になる場合は事前に確認しておきましょう。

気兼ねなく外出を楽しむことは、豊かな人生に欠かせない


ひとりで外出することが難しいような障がいを持つ方は、障がいのない人に比べて外出することをためらいがちです。

ホームヘルパーが通院や必需品の買い物などに付き添うことはありますが、あくまでも生活のための援助が仕事なので、娯楽目的の外出だと保険外の対応になってしまうことも。

でも、自分に置き換えて考えてみたらどうでしょう。自由に外出できずに過ごす日が続いたら、いくらインドア派でも、気分が沈んでしまうのではないでしょうか?

新しくできた商業施設をブラブラして、「こんなお店ができたんだ」「今はこんなものが流行っているのね」、近所を散歩して「またこの花が咲く季節がやってきたなあ」、登下校する小学生を見て「懐かしいなあ」etc・・・いろいろなものを見て触れることで、日常に変化が生まれ、気分もリフレッシュでき、心が豊かになるでしょう。

そんな何気ない時間は、誰にとっても人生を彩るかけがえのない時間です。

障がいのある人も気兼ねなく外出を楽しめるようにサポートするガイドヘルパーは、まだまだ認知度は低いですが、ニーズはとても大きく、人に喜ばれるやりがいのあるお仕事。

介護系の資格と併せて持つことで、さらに活躍の場が広がる資格でもあるので、興味のある方はぜひ、取得を検討してみてくださいね!

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。