介護タクシーのドライバーに必要な資格は?取得方法は?

資格・スキル


最近街中で見かけることが増えた「介護タクシー」。

体の不自由な人が利用しやすいよう回転シートを備えていたり、車椅子や寝台(ストレッチャー)のまま乗り降りできたりなど、福祉車両を用いているのが特長です。

高齢化が進む日本では、今後どんどんニーズが高まっていくことが予想され、求人も増加傾向にある業種。

そこで今回は、介護タクシーの基礎知識からドライバーになるために必要な資格、あると役立つ資格まで詳しくご紹介。介護タクシーのドライバーというお仕事に興味があるなら、ぜひおさえておきたい情報をお届けします。

介護タクシーと介護保険タクシーの違い


まず基礎知識として知っておきたいことが、「介護タクシーと介護保険タクシーの違い」についてです。

両者は名前も役割も似ていてとても混同されやすいのですが、介護保険が適用されるかされないか、という大きな違いがあります。

これによってドライバーに必要な資格も、仕事内容も変わってくるため、まずはザックリとおさえておきましょう。

必要資格 仕事内容 利用料金
介護タクシー ・普通自動車二種免許 利用者への介助なし 介護保険の適用なし
介護保険タクシー ・普通自動車二種免許
・介護職員初任者研修以上の介護資格
利用者への介助あり 介護保険の適用あり

介護保険が適用されない介護タクシーでは、必要な介助は主に利用者の付き添いの方が行うため、ドライバーが利用者を介助することはありません。ですから必要となる資格は普通自動車二種免許のみで、介護系の資格は必須ではありません。

これに対し、介護保険が適用される介護保険タクシーでは、ドライバーが送迎や乗降する際の介助や病院内での付き添いまで含めて行います。そのため、ドライバーには介護職員初任者研修以上の介護の資格が必要になります。

ただし、介護保険タクシーを利用するには、担当ケアマネジャーが必要と判断し、ケアプランに盛り込まれなければなりません。利用するには手続きに時間がかかり、いくつかの要件を満たす必要もあるため、実際には自費で介護タクシーを利用する方も多くなっています。

そんなときのために、介護タクシーでは別料金で付き添いや介助のサービスを設けているところが多いよう。ですから介護保険が適用されない介護タクシーであっても、ドライバーが介護の資格を持っていれば就職にも有利ですし、活躍の場が広がることが期待できます。

>介護保険タクシーについて

介護保険タクシーのドライバーに必要な資格は2つ

ここから、介護保険タクシードライバーに必要な資格について、取得方法や取得にかかる時間、難易度などをご紹介していきます!

(1)普通自動車二種免許

二種免許は「お客さまを乗せて走る」ための運転免許で、介護タクシードライバーになるには必ず必要な資格です。これを持っていれば、介護タクシー以外にも普通のタクシー、ハイヤーなど乗客を乗せて運送することができるようになります。

ただし、資格取得にはいくつか条件が。
年齢が満21歳以上であることと、第一種免許などでの運転経歴が3年以上経過していること(免許停止期間中を除く)などに加え、視力は片眼で0.5以上、両眼で0.8以上であること(眼鏡等による矯正でも可)、遠近感、立体感を測る検査にパスすることが求められます。さらに、色彩識別能力、聴力にも規定があり、これらをクリアすることが条件です。

免許取得方法は一種免許と同じで、教習所に通う方法や、合宿に参加する方法などがあります。

すでに普通車免許を持っている場合は、最短で学科教習:19時限、技能教習:21時限、合計40時限の教習を受けたのち学科試験と実技試験を受け、それに合格すれば晴れて二種免許保持者です!

かかる費用は、教習所通いの場合で25万円程度〜、合宿型の場合で20万円程度が多いようです。

もっと安くあげたいという人は、自分で学科を勉強し、いきなり試験に臨むというやり方もあります。この場合は試験を受けるための料金が1万円弱、試験に合格したら講習費用などで3万円弱。合計4万円以内に収めることができます。

ただしプロドライバーの免許なので当たり前といえば当たり前なのですが、試験は一種免許の時よりも格段に難易度がアップ。何度も受け直すことになれば、手間も含めて合宿の方が安かったということもありえます。いずれにせよ、自分に合った方法を選ぶのが免許取得の近道です。

(2)介護職員初任者研修

介護タクシーを利用するお客さまは、当然ながら介護が必要な方ばかり。病気や老化に関する基礎的な知識や、介助のテクニックを身につけていることは必須です。それらをバランスよく身につけられるのが、この「介護職員初任者研修」です。

取得するための必須資格はなく、130時間の講習を受ければ誰でも取得が可能。土日や夜間のスクールや、通信教育が多めになったスクールなど、たくさんのプランのなかから自分に合うものを選ぶことができます。

費用はだいたい6万円〜15万円程度。カリキュラムの修了後に筆記試験がありますが、難易度は高くありません。万が一不合格でも追試があるので、緊張しすぎることなく受けられますね。

介護職員初任者研修は、将来的に個人で介護タクシーを開業したいと考えている場合にも、とても役立つ資格。介護業界ではとてもメジャーな入門資格であり、将来性が高く、今後のステップアップの土台にもなります。持っておいて損はない資格なので、興味のある方はぜひ取得を検討してみましょう。

>介護職員初任者研修を働きながら取得する方法

介護タクシードライバーにオススメの資格


介護保険が適用されない場合は、介護タクシードライバーであっても介護資格は必須ではありません。介護職員初任者研修を受けるのはちょっとハードルが高いな、と感じるなら、「サービス介助士」の資格も検討してみてください。

サービス介助士は、比較的元気な高齢者や障がい者を、お客さまとしておもてなしするための介助技術や心構えを身につけられる資格です。対象となるのは鉄道業、飲食業、販売業など、あらゆるサービス業の人。

介護職員初任者研修よりは取得のハードルが低い資格なので、まずはここからチャレンジしてみるのも良いでしょう。

>サービス介助士の資格は3種類もある!それぞれの特徴と取得方法を解説

もしもあなたが今普通のタクシードライバーとして働いているなら、オススメしたいのが「ユニバーサルドライバー研修」です。

これはタクシー会社がタクシードライバーを対象として実施している研修で、高齢者の方や障害者の方への介助(車いすの取り扱い、乗降時の介助)方法等について学ぶことができます。

受講料も安く、1日(7時間)の研修で身につけられるため、今後介護タクシー事業所への転職も視野に入れているなら、ぜひ取得しておきたい資格です。

介護タクシーは体が不自由な人の「どこでもドア」になれる


介護タクシーは、出かけたいけれど出かけられない人の足代わりとなり、その人の行動範囲を広げます。

介護の資格も身につけ、付き添いや乗降介助などもできれば、まさに利用する人にとっては夢のような「どこでもドア」かもしれません。

もちろん介護タクシードライバーとしての運転や介助は、体力も神経も使うため楽な仕事ではありません。でもその分、人とのふれあいも多く、信頼関係を築く喜びもあるのが介護タクシードライバーです。

運転が好きで自信があり、人とコミュニケーションをとるのが好き、人の役に立ちたいという熱意がある人なら、社会の役に立っていることが実感でき、とてもやりがいのある仕事。

ぜひ必要な資格を身に付けて、チャレンジしてみてくださいね!

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。