喀痰吸引等研修で、医療ケアできる介護職にスキルアップ

資格・スキル


痰が絡んで苦しそうにしていても、痰の吸引は医療行為。資格を持たない介護士は、医師や看護師か、家族にやってもらわなくてはなりませんでした。

この状況を改善するため、2012年4月から法律が改正され、介護福祉士や介護職員も「喀痰吸引等研修」という研修を受けることで、痰の吸引などの処置ができるようになりました。

今回は、この研修制度の規定や、実技演習の内容、難易度、費用やかかる時間、修了することで広がる活躍の場、収入アップの可能性など、できるだけ詳しく解説していきます。

ニーズの高いスキルを身につければ、職場でもあなたの存在はさらに大きく価値のあるものになるはず。興味のある方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

喀痰吸引等研修とは

「喀痰吸引」は、痰や唾液、鼻汁などを自分の力だけでは十分に出せない場合に、器械を使って出すお手伝いをすることです。痰や唾液を取り除くことで、呼吸を楽にし、肺炎などの感染症を予防します。

この研修では、吸引とともに、口から食べることのできない人の胃や腸へ、直接栄養剤を送る「経管栄養」のスキルも学ぶことができます。

認定証を取得できるのは、現場で活躍している介護職

この研修を受講できるのは、痰の吸引や経管栄養を必要とする利用者がいる特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、グループホームなどに勤務する、介護士や介護職員です。

研修修了が認定されたあと、その技能をすぐに現場で活かすことができます。

ただし勤務先の事業所が「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)」に登録済みであることも条件の1つですので、確認が必要です。

喀痰吸引等研修には、大きく分けて2つのタイプがあります

この研修には、多くの人に吸引などを行える第1号研修、第2号研修と、特定の利用者だけに行える第3号研修があります。

第1号研修の修了が認定されると、介護施設などの利用者なら誰にでも、3種の喀痰吸引と2種の経管栄養の合計5つの行為をすることができます。

【吸引】

  1. 口腔内の痰の吸引
  2. 鼻腔内の痰の吸引
  3. 気管カニューレ内部の痰の吸引

【経管栄養】

  1. 胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養
  2. 経鼻経管栄養

※気道の確保のために、気管切開して挿入する太い管。

第2号も、不特定多数の利用者を対象にしていますが、行える行為の数が違います。上の5つのうち必要な行為を選択し、その行為に限って行います。

一方第3号は、在宅の重度障害者などの利用者だけを対象とします。具体的には、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経・筋疾患、筋ジストロフィー、重症心身障害などの患者や障害のある人です。それぞれに必要な行為だけを研修で学び、認定を受けます。

それでは研修の内容について、第1号・第2号研修と、第3号研修に分けてご説明しましょう。

第1号・第2号研修の内容は


第1号研修と第2研修には、基本研修と実地研修の2つがあります。

第1号・第2号研修の基本研修

基本研修の内容は、講義と演習の2つです。

まず基本知識と技術についての講義を、合計50時間受けます。8日間程度に分けて行う場合が多いようですが、スケジュールは個別にご確認ください。

講義の次に「シミュレーター演習」を行います。シミュレーターとは頭部から胸部までの人体模型で、シリコーンゴムなどの柔らかい素材でできています。中央で半分に分かれる構造のものだと、鼻や口、喉のまわりの気管の構造を断面から見られてよく理解できますし、器具の挿入角度なども確認しやすくなっています。

痰の吸引の演習では、シミュレーターに痰と同じ濃度の液を注入して、痰が溜まった状態を作り、実際の吸引で使う器具や吸引器の扱いなどを、指導看護師に教わりながら練習します。

第1号研修は、上で紹介した5つの行為を、第2号研修は選択した行為だけを、5回以上演習します。また第1号、第2号ともに、救急蘇生法も演習します。

シミュレーター演習の終了後に筆記試験があり、50問中9割以上の正答で合格です。再試験もありますから、合格するまでじっくり取り組むことができます。

第1号・第2号研修の実地研修

基本研修の試験に合格したら、勤務先の施設で実地研修を行います。

シミュレーター演習で練習した行為を、手順通りに行えているかどうかを指導看護師が評価します。できるようになるまで研修を受けることができます。

<喀痰吸引等研修 第1号研修・第2号研修のカリキュラム>

第1号・第2号研修の受講料の目安

介護資格スクールの場合、第1号研修で13万円台から18万円台が標準的な金額となっています。

第2号研修は、5つの吸引行為のうちいくつ選択するかによって金額が変わり、7万円台から17万円台までの範囲となっています。

自治体が主催する研修は、費用の一部負担だけで受講できることもありますので、勤務先のある都道府県や市町村にお問い合わせください。

第3号研修の内容は

次に、特定の利用者だけに行為が行える第3号研修の研修内容についてご説明します。

第3号研修の基本研修

基本研修は、講義とシミュレーション演習を合計9時間、およそ2日程度で行います。

第3号研修の実地研修

基本研修の筆記試験に合格したら、実地研修を受講します。施設や利用者の居宅などで、対象者に必要な吸引や経管栄養の行為だけを、指導看護師に教わりながら実習します。

指導看護師が、「手順どおりに実施できる」と評価すると合格です。また、達成できるまで繰り返し実地研修を行いますので、落ち着いて取り組めば修了できます。

<喀痰吸引等研修 第3号研修のカリキュラム>

第3号研修の受講料の目安

第3号研修の受講料は、介護資格スクールでは5万円台が主流です。

喀痰吸引等研修の修了が認定されるとできること


研修が修了したら、都道府県に認定証を申請します。これは第1号、第2号、第3号に共通です。

認定後には、医師や看護師と連携しながら、次のようなケアが行えるようになります。

1.痰の吸引

自力ですべての鼻水・唾液を排泄できない場合に、口や鼻、気管カニューレに吸引カテーテルやチューブを挿入し、吸引器で吸引していきます。

吸引するときには、カテーテルの刺激や吸引時の圧力によって、利用者は苦痛や不快さを感じてしまいます。ですから、苦痛な時間が長くならないように、効率的に吸引を終わらせるスキルと配慮が必要です。

2.経管栄養

経管栄養とは、食べ物を噛んで飲み込む嚥下(えんげ)機能が低下した人や、病気の影響で自分の口から食事を取れなくなった人に、胃や腸に直接栄養剤を送る方法です。

胃ろう、腸ろうによる経管栄養は、胃や腸につながったチューブが体外に出ていますので、その先端に注入用バッグをつなぎ、栄養剤を少量ずつ胃や腸に送ります。

経鼻経管栄養は、鼻の穴から食道や胃にチューブを通し、体外にあるチューブ先端に注入用バッグをつなぎ、栄養剤を少量ずつ送ります。チューブを体内に残す方法と、注入のたびにチューブを出し入れする方法があります。

今まさに必要とされているから、収入面でも有利

勤務先で、痰の吸引や経管栄養を必要とする利用者にケアができない「もどかしさ」を感じたことがある方には、この研修の受講を強くお勧めします。

研修修了が認定されれば、施設で働いている場合だけでなく訪問介護でも、喀痰吸引や経管栄養を必要とされる利用者を担当できるようになり、活躍の場が広がります。

さらに収入面でもメリットが。それぞれの基本月給に特別資格手当てとしてプラスされることもあり、金額は5,000~10,000円前後である場合が多いようです。アルバイトやパートタイムであっても、時給アップにつながります。

介護関係の求人情報のなかにも、「仕事をしながら喀痰吸引の研修を受講できます」とアピールしている事業所が数多くあります。今まさに、現場で必要とされていることを物語っていますね。

提供できるサービスの幅が広がり、さらに必要とされる人材に


医療従事者以外では、介護士や介護職員だけに新たに認められたこれらの医療行為。その理由の根底には、介護スタッフと利用者との間に築かれる信頼関係があります。日頃から交流している介護職にだからこそ、利用者は安心して処置を任せることができるのです。

これまで制限されていた医療行為の垣根を超え、利用者に必要なサービスができるようになる喀痰吸引等研修は、介護士や介護職員にとってスキルアップの大きなチャンス。

この研修を修了することで、利用者やご家族などには感謝され、周囲からは必要な人材として頼りにされることでしょう。将来を見据えて、この研修の受講をあなたのキャリアプランに加えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。