介護食士と介護食アドバイザー、どちらが役立つ?

資格・スキル


飲み込む力や噛み砕く力が衰えた高齢者の食事は、むせたり誤嚥(ごえん)したりしないように、安全に食べてもらうことが大切です。さらに栄養バランスもよく、見た目にも食欲がわき、味もおいしい食事を楽しんでもらえれば、これほどいいことはありません。

楽しく食べてもらえる介護食を作るには、調理法はもちろん、高齢者の体の機能や栄養バランス、病気の症状や対応法などの専門知識が必要です。

「介護食士」や「介護食アドバイザー」の資格があると、要介護者のための食事を作る専門知識を学び、身につけたことの証明になります。

資格の取得方法や2つの資格の違い、現場での活かし方などをご紹介します。料理することも食べることも好き、人に食べてもらうことも好き、という方は介護現場で特技を生かせる資格として注目してくださいね。

介護食士の仕事場、仕事内容


介護食士は国家資格ではなく民間の資格で、公益社団法人全国調理職業訓練協会が主催・認定しています。介護に携わる人の調理技術を向上させる目的の資格制度で、1~3級があります。

この資格を持っていると、高齢者に食事を提供する介護施設(グループホームや特別養護老人ホーム、デイサービスなど)で、おいしくて食べやすい介護食を調理したり、よりきめ細やかな食事介助をしたりすることに役立ちます。また、一人ひとりの健康状態にあわせたメニューを考案することや、新しい食材の調理法の工夫や導入などを担当することも大切な仕事のひとつ。

訪問介護のホームヘルパーも調理介助を通じて、利用者の健康維持をサポートできます。たとえば、偏った食事で低栄養になりそうな人には、おいしく栄養のある献立を提案したりなど。

利用者宅にある食材を生かして作るアドバイスもできますから、より頼りにしてもらえることでしょう。

介護食士になるには?資格の取得方法

介護食士の資格を取る方法は2つ。

ひとつは、講習会を開講している大学や専門学校などの学生として受講すること、もうひとつは一般を対象とした講習会を開講している専門学校などで受講することです。

介護食士の受験資格・講習内容〜3級の場合〜

【受験資格】
誰でも受講・受験できます。

【講習内容】
学科(25時間)

  • 高齢者の身体機能、心理
  • 栄養学の基礎知識(栄養学の基本、高齢期の食と栄養など)
  • 食品学、食品衛生学(食品や調理する際の衛生の知識など)

実習(47時間)

  • 調理実習、調理理論(おいしく、食べやすく、飲み込みやすい「介護食」の調理)

介護食士の受験資格・講習内容〜2級の場合〜

【受験資格】
介護食士3級取得者

【講習内容】
学科(16時間)

  • 医学的基礎知識(高齢者がかかりやすい症状と病気など)
  • 高齢者の心理(老化による心の変化など)
  • 栄養学、食品学、食品衛生学(食材の衛生管理など)

実習(56時間)

  • 調理実習、調理理論(普通食から「介護食」への展開方法、生活習慣病予防食など)

介護食士の受験資格・講習内容〜1級の場合〜

【受験資格】
介護食士2級取得後、2年以上介護食調理の実務に従事した25歳以上の人

【講習内容】
学科(32時間)

  • 医学的基礎知識(栄養状態の判定、食品と薬の関係など)
  • 高齢者にかかわる制度
  • 栄養学(低栄養を考慮した献立作成など)
  • 食品学、食品衛生学

実習(40時間)

  • 調理実習、調理理論(身体機能や疾病を想定した献立の作成と調理)

いずれも、講習会修了後に修了試験を受験して合格すると、資格を取得することができます。

介護食士と介護食アドバイザー、どちらが役立つ?、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。