音楽療法士の仕事内容や将来性、給料は。私にもなれる?

資格・制度


音楽が好き、人が好き。その情熱を活かせる仕事には、どんなものがあるでしょうか?その答えのひとつに、「音楽療法士」という資格があります。

音楽療法士とは、音楽の力を利用して、心身に障害を持っている人のリハビリを行うお仕事。介護業界では、とくに認知症の人に対し一定の効果があるとして注目されている資格です。

このコラムでは、音楽療法士の仕事内容、資格の取り方、将来性や給料のことなどを幅広くお伝えします。音楽と人に関わることを一生の仕事にしたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

音楽療法士とは

音楽療法は、音楽の持つ力を活用して、歌ったり体を動かしたりすることで、体の機能の維持やコミュニケーション能力をアップさせ、生活の質をより良い方向へと近付けることを目的としています。

音楽療法士は医師や看護師、介護士やリハビリ担当者などと協力し合って、利用者一人ひとりの個性や障害の程度についてのヒアリングを行い、治療計画を作ります。音楽療法プログラムを行いながら、楽しく参加できているか、プログラムがその人にあっているかなどを観察し、治療計画をよりよくしていきます。

利用者のなかには、音楽に関心のない人もいますので、プログラムに参加してもらうまで、根気強いコミュニケーションが必要な場合もあります。それでも、少しずつでも音楽に親しんでいく変化や、体が動くようになっていく様子を間近に見られることは、この仕事の大きなやりがいだといえます。

音楽療法士として活躍できる場所は、高齢者施設、障害者福祉施設、社会福祉施設、病院や企業などがあります。以前よりも心のケアが重要視されるようになり、音楽療法を取り入れる医療・福祉・教育の現場が増えつつあります。

音楽療法士になるには?資格の取得方法


音楽療法士は国家資格ではなく、民間の資格になります。いくつかあるなかでも「日本音楽療法学会」が認定する音楽療法士の資格がメジャーです。

資格取得のコースは2つ。ひとつは学会が認定する大学などで、音楽療法について学ぶコース。もうひとつは、学会が主催する資格試験を受験して合格するコース。

ここでは資格試験を受験する場合についてご説明します。

(1)受験資格

  • 臨床経験が5年以上(音楽を使用した臨床経験2年以上を含む)であること。ただし、3年でスタートし、音楽療法士(補)の受験申請までに臨床経験が合計5年となる場合も可。
  • 専門学校(2年以上)以上を卒業していること(学科・専攻は問わない)
  • 日本音楽療法学会の正会員になること

学歴や介護現場での経験年数、学会への入会などの条件をすべて満たせば、必修講習会の受講資格を得られます。

※医療・教育・福祉・心理の現場において、対象者と直接かかわる経験のこと。

(2)必修項目

  • 音楽試験(ピアノ実技、音楽理論)
  • 必修講習会受講(全90コマ:音楽療法の理論と技法、演習など、事例の書き方・研究)
  • 音楽療法に関連する医学、心理学、福祉、教育科目のうち18単位を通信教育などで取得
  • 一定回数以上の学会参加や研究発表、講習会参加など

音楽試験に合格したら、講習会の受講がスタート。90コマを約2年半でじっくり学びます。

関連する医学などの科目を卒業校で履修していない場合には、社会福祉系学部・学科がある大学の通信教育や放送大学などで単位を取得します。すべての必修項目を満たすと、筆記試験の受験資格が得られます。

(3)試験と審査

  • 筆記試験
  • 最終試験:面接試験とレポート提出(学会認定音楽療法士資格審査)

筆記試験に合格すると「学会認定 音楽療法士(補)」という資格が与えられます。この資格が、最終試験の受験資格です。「音楽療法士(補)」には有効期限がありませんので、この資格があれば、最終試験が実施されるときならいつでも受験できます。

最終試験に合格すると「学会認定 音楽療法士」の資格が取得できます。

音楽療法士の将来性は?


音楽療法はまだ新しい分野ということもあり、国家資格化もされていません。そのため、介護の求人欄でも「音楽療法士」の求人はほとんどないというのが実情です。しかし介護や福祉の現場で需要がない、というわけではありません。

介護の分野に限っていうと、近年、音楽療法が認知症のリハビリに有効であることが注目されています。音楽が脳の血流を増やし、心に安らぎをもたらすことで、認知症の悪化を防止する効果が確認されています。さらには、徘徊や暴言、妄想などが起こる「BPSD」の症状改善に役立てようとする流れもあります。

認知症を患う高齢者は、2025年には700万人を超えるともいわれています。

認知症対応型の高齢者施設やグループホームなどでは、とくに実践的に役立つ資格。音楽療法の有効性や必要性が認められるにしたがい、地位や知名度も向上していくでしょう。

音楽療法士の給料はどのくらい?

プロの音楽療法士として、それ一本で生計を立てていくのは難しいかもしれません。現状は介護や福祉関係の資格を取り、仕事をするなかで音楽療法士としてのスキルを活かしていく、という形が多くなりそうです。

介護職であれば、介護福祉士などの資格とあわせて音楽療法士の資格も持っていれば、他の介護福祉士が持っていない強力な強みになります。

実際のところ、この資格を持っていることで資格手当がついたり、他の職員より待遇が良くなったりするケースは多くありません。たとえば働く先として介護業界を考えているなら、一般的な介護職の給料と同じくらいを目安に考えておきましょう。

>介護の仕事、給料は平均でどれくらい?地域別、職種別などでチェック

QOLの向上に、体と心の両面からアプローチ


音楽療法は、利用者の体と心の両面からアプローチする療法です。

体の面からは、歌うことで肺活量が増えます。また、喉の筋肉を動かす訓練にもなりますから、飲み込む力が改善されて、誤嚥や誤嚥性肺炎の防止にも。

メロディーや歌詞が「記憶の扉を開けるカギ」として、脳の活性化に役立つことも期待できます。

心の面からも、音楽や歌には緊張を解きほぐす効果があるとされています。やわらかな笑顔が増えればコミュニケーションも活発になり、これまでとは違うメンバーと交流するきっかけにも。

もともと暗い表情だった利用者が、プログラムの終わりごろには手を叩いて、満面の笑みで歌い出す。「あんな笑顔をまた見たい!」そんな幸せな感情が、大きなやりがいとなることでしょう。

人気ランキング

130174 Views

介護士としての個人目標の立て方 | 自己評価シート対策

74500 Views

介護保険制度における16種類の特定疾病について

69823 Views

3分で分かる介護福祉士とケアマネジャーの違い

62652 Views

介護職員が使っている 腰痛になりにくいウラ技とは?

50517 Views

老人ホームで働く時に必要な資格 | あると喜ばれる資格

48080 Views

今日から役立つ!介護の基本(6) 介護記録の上手な書き方

44072 Views

認知症ケア専門士の資格を介護士が取得するメリット

41329 Views

介護用品を扱う専門資格「福祉用具専門相談員」の取得方法

39387 Views

よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説

30338 Views

介護におけるコミュニケーションの基本とコツ

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。