介護職の新人さんへ。現場デビューの心構え5つ

介護の現場から

笑顔の女性介護職員

介護に関するひと通りの知識を身につけ、いよいよ現場で働くことになった新人さん。働きはじめる前に、介護職としての心構えをチェックしておきませんか。

介護職は、周囲の人と協力しながら、人に対してサービスを提供するお仕事です。相手の方への思いやりや、コミュニケーションを密にすることなどが欠かせません。

今回はそのための心構えを、5つにまとめました。どれもそれほど難しいものではないのでご安心ください。コツを知って意識するだけで、仕事もスムーズに慣れていくことができますよ。

完璧に見える先輩も、みんなはじめは新人さんでした。しばらくは毎日が緊張の連続だと思いますが、心構えを胸に刻みつつ、お仕事に慣れていきましょう。

心構え1:進んであいさつをする

初めての職場では、会う人みんなが知らない人です。これから人間関係をつくっていかなくてはなりません。そんなときにとても役立つのが「あいさつ」です。元気なあいさつは、あなたの印象を良くするだけでなく、相手の気持ちも明るくさせます。

「おはようございます」「こんにちは!」など、その日はじめて会う人には、欠かさず明るい笑顔を添えてあいさつをしてみましょう。あいさつの前に相手の名前を呼びかけたり、「寒いですね」など一言付け加えると好感度がアップ。

「失礼します」「すみません」など、クッションの役割をするあいさつも大切。また、「お疲れ様でした」「お先に失礼します」など、先輩や同僚、業者さんに対してもきちんとあいさつしましょう。

元気なあいさつは、介護職の新人さんにとって、一番基本的で大切な仕事といってもいいくらいです。まずは心構えのひとつめとして、覚えておいてくださいね。

心構え2:マナーを守って接する

車いすの高齢者にそっと寄り添う女性介護職員

高齢者の方に心を許してもらうには、「ちゃん」付けで呼んだり、ため口で話す方がよいと思っていませんか?そんなことはありません。あなた自身、いきなりため口で話しかけてくる年下の子に対しては、良い印象を抱かないのではないでしょうか。

施設を利用する高齢者の方に対しても、それは同じ。「よくできたねー」「あらあら、こぼしちゃったのね」など、子どもに対して使うような言葉づかいはNGです。人生の先輩として敬意を払い、きちんとした敬語・丁寧語を使って接することが望まれています。

とはいえ、気にするあまり話せなくなってしまっては本末転倒ですから、慣れるまでは語尾を「です」「ます」にするだけでもOK。まずは言葉づかいに気を付けることから意識していきましょう。

もちろん、そのほか「時間を守る」「身だしなみを整える」といった基本的なマナーも忘れずに。

>介護の言葉づかいについてもっと詳しく

心構え3:一歩引いて見守る

高齢者のお食事の様子を見守る介護職員

何でもお世話をしてあげるのがプロの介護職ではありません。利用者様の様子をよく観察して、自分でできることはあえて手伝わないで見守ることもプロの仕事。利用者様の持っておられる能力を使い、自分らしい生活を送れるように支援することが求められています。

たとえば、「これを着てくださいね」ではなく「何を着られますか?」と問いかけて自己決定を促したり、障がいがあってもできるように環境を整えたり・・・。ときには「○○さんに手伝っていただけて、とても助かります!ありがとうございます」などと感謝して意欲を引き出すことも大切です。

「(やりたいことを察して)はい、どうぞ」と、すべてやってしまうのではなく、本人がやろうとしていることを危険がないように見守りながら、必要に応じてサポートする。これも、重要な介護の心構えの一つです。

心構え4:報・連・相(ほうれんそう)を忘れない

介護はチームワークが大切。自分だけで判断せず、周囲の職員に(1)報告(2)連絡(3)相談することをいつも心がけてください。休憩に入る前、仕事を終える前など、決まった時間に実行するように心がけると、バタバタしているときも忘れにくいのでおすすめです。

報告や連絡は、一緒に仕事をする仲間にとって欠かせないもの。「ここまでできました」「これができていないのでお願いします」など、職員同士でこまめにコミュニケーションを取り合うからこそ、スムーズな介護サービスが提供できます。

介護記録を書くことも、その一部。なるべく正確に伝えられるよう、5W1H(いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように)を意識して書くようにしましょう。

また、わからないことや困ったことは、周囲の職員に相談することも大切。初心者ですから、わからないことがあるのは当然です。一番こわいのは、よくわからないのに勝手に判断してしまって、大きな事故やミスにつながること。困ったことがあれば「これはどうしたらいいですか?」「教えていただけますか?」と周囲に聞くようにしましょう。

心構え5:自分のメンテナンスをする

一生懸命仕事をすることは大切ですが、仕事をがんばりすぎて自分自身のメンテナンスを怠ってしまうようでは、プロの介護職とはいえません。たとえば腰を痛めないよう、ボディメカニクスを利用してケアをしたり、ストレスがたまっているなと感じたら、休日に好きなことをして息抜きをする・・・。そんな具合に、自分自身のメンテナンスにも気を配りましょう。

自分が健康で元気でなければ、利用者様にも笑顔で接することができません。介護職が心に余裕をもつことは、良いケアを提供するための基本です。ある意味、一番大切な心構えかもしれませんね。

社会人としての基本を大切に

笑顔で車いすを押す男性介護職員

以上、新人介護職の方に向け、いつも忘れずにいたい5つの心構えをご紹介しました。あいさつやマナー、報・連・相(ほうれんそう)など、基本的なことが多くなっていますが、その基本が、介護の仕事ではとても重要です。

職場に助け合える仲間ができ、利用者様やご家族から信頼してもらえるようになるためには、基本を当たり前にできることこそ欠かせません。仕事に慣れてくるにつれ、覚えなくてはならないことも増えていきますが、まずはこの5つから、しっかりと意識して実践していきましょう。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。