よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説

介護の仕事


ひとくちに介護職と言いますが、具体的にどの施設でどんな仕事をどのくらいしているのでしょうか?介護職に興味はあるけれど自分にできるかどうか自信がないという人や、転職を考えているけれど自分のやりたい仕事はどこに行ったらできるのか分からないという人まで、参考にしていただける詳しい仕事内容をご紹介します。

介護施設の目的や特徴によって、仕事内容は千差万別です。「これならやってみたい」、「自分に向いていそう」、そう思える仕事内容を探してみてくださいね。

介護職の仕事内容
特養の場合

特別養護老人ホーム(通称:特養)は、認知症の方や寝たきりの方など比較的要介護度の高い高齢者が入居する公的な介護施設。医療の場というより生活の場の色合いが強いことや、公的施設のため料金が安く、多くの待機者が空きを待っていることなどが特徴です。

介護職員の主な仕事は、利用者の方の日々の生活をサポートすること。終の住処として入居してこられる方が大半なので、お一人おひとりと信頼関係を深めながら介護にあたることができます。

具体的には、おむつ交換や排泄介助、入浴介助や食事の介助といった身体介護をメインに、リネン交換やレクリエーション、介護記録の作成といった業務も必要になります。加えて入居者の方のご家族とコミュニケーションをとることも大切な業務のひとつ。

お年寄りと接するのが好きな方や、認知症への対応など介護のスキルを磨きたい方におすすめの職場です。新人研修や教育体制が充実している施設であれば、未経験から介護の基本を学びたいという人にもおすすめです。

介護職の仕事内容
老健の場合

介護老人保健施設(通称:老健)は、リハビリや医療ケアにより機能を回復して自宅復帰することを目標とする介護施設。特養のように終身制ではなく、3ヵ月ごとに退所可能か入所継続かの判定が行なわれることも特徴です。

入所者の方の回復や復帰を意識したサービスが求められており、介護職員以外にも、医師や看護士、理学療法士など、リハビリの専門家が常駐し連携して業務にあたっています。

主な仕事内容としては、おむつ交換や排泄介助、入浴介助や食事の介助といった、いわゆる介護のお仕事のほかに、ベッドメイキングやリハビリといった業務があります。リハビリは、その人に合わせてつくられたリハビリ計画に基づいて、運動やマッサージを中心に行ないます。その代わりにレクリエーションなどは少なくなっています。

リハビリに興味があったり、医師や他の職種の人と協力して仕事をしてみたい方におすすめです。

介護職の仕事内容
有料老人ホームの場合

民間企業が運営し、入居者の方にきめこまかな介護サービスや生活支援を行なう有料老人ホーム。施設長をトップに、介護職員、看護士、機能訓練指導員、調理師、事務員などさまざまな職種のスタッフが協力して、ケアやサポートを行なっています。

ここでの介護職の具体的な仕事内容は、食事や排泄の介助、おむつ交換や入浴介助、レクリエーションの実施や業務記録の作成等になります。

民間企業が運営していることもあって、顧客満足度を重視しているところが多く、質の高い介護や接遇スキルを学ぶことができます。また、介護の現場でスキルを身に付けて施設長になったり、本社に異動したりといった、民間企業ならではのキャリアアップの可能性もあります。

よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。