介護職から介護職へ。転職理由はどう伝えるのが好印象?

介護の仕事


介護業界では、今の介護施設を辞めて新しい介護施設で働くといった、同じ業界内での転職事例がよくあります。新しい職場へ応募するときには、なぜ前の職場を辞めたのかは、必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

そんなとき、ネガティブな転職理由よりもポジティブな転職理由を述べ、やる気をアピールしたいですよね。転職活動時に参考にしたい、好印象を与える伝え方のポイントや、みんなの転職理由をご紹介します。

介護職の人の前職は、4割が介護職

平成26年度に行なわれた意識調査では、介護職員として働く人のうち、前職がある人は約8割。そのうちの約4割の人が、直前も介護の仕事をしていたと答えました。

身につけた介護のスキルはどこへ行っても通用するものなので、やりたい仕事内容や、条件のよい職場を求めて、転職活動は活発に行なわれているようです。

前述の調査によると、前の職場を辞めた理由でもっとも多かったのは「職場の人間関係に問題があったため」で、26.6%。次いで「法人・施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」が22.7%で2位にランクイン。3位は「他によい仕事・職場があったため」で18.8%、4位が「収入が少なかったため」で18.3%でした。
(資料:「介護労働の現状について(介護労働者20,334人の意識調査結果より)」(平成27年8月7日)公益財団法人 介護労働安定センター)

どう伝えれば好印象?前の職場を辞めた理由

上で述べたような実際の転職理由をそのまま伝えても、採用担当者にはいい印象を与えません。たとえば、「前の職場に性格が合わない人がいて、一緒に働くのが難しかったからです」などと言えば、採用担当者は「今いるスタッフとうまくやっていけるかな?同じ理由ですぐ辞めるのでは?」と不安に思ってしまいます。

そんなときは、なぜその人が苦手だったのか、その経験から何を学んだのかを考えてみます。たとえば、「前の職場では周囲のスタッフと協力して仕事を進めることの大切さを教えてもらいました。こちらの施設ではスタッフ同士のコミュニケーションが緊密だと伺っています。信頼できる仲間と助け合いながら、質の高い介護を提供できるのではないかと思ったからです」など。

大変な思いをしたことを隠すことはありません。そこから学んだことを交えつつ志望動機へとつなげれば、「多少辛いことがあってもこの人なら乗り越えてくれそうだ」という印象に変わります。

同様に「収入が少なかったから、収入のよいところに」や「残業が多かったから残業の少ないところに」といった、事業者側からはネガティブに感じられてしまう転職理由は、「自分の利益ばかりを求める人なのかな?」という印象につながります。

収入や労働時間など条件面に魅かれた場合でも、なぜその事業所がそうなのかには理由があるはず。直接的に自分に利益をもたらすところだけをピックアップするのではなく、その源にある理由に目を向けてみましょう。

「利用者様を大切にするには、スタッフをまず大切にしなければならないと考えておられる理念に共感しました」など、事業所の理念に触れると「よく理解してくれているな」という印象につながります。

「前の職場では無理をして残業することもよくありました。こちらなら無理なく働けそうなので、その分スキルを磨きながら資格をとって、次のステージに進みたいと思っています」といった、前向きな向上心を伝えるのもおすすめです。

介護職から介護職へ。転職理由はどう伝えるのが好印象?、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。