介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには

介護の仕事

20160707_01

介護に関わる人にとって、職場での人間関係は悩みの種です。

周りの人に相談したら「別に介護の職場に限ったことじゃないんじゃない?」と言われてしまった経験ありませんか?しかし、介護の職場ならではの人間関係の悩みというのは確かに存在しますよね。人間関係を改善し、誰もが楽しく働くためには、どうしたらいいのでしょうか?

介護の職場と人間関係

介護の職場は、人と人が触れ合う仕事場。それはもちろん、利用者の方とでもそうですが、職員同士のコミュニケーションが円滑であってはじめて、質の高い介護が実現します。うまくコミュニケーションがとれないとストレスも増大しますし、仕事にも支障をきたしてしまいますよね。

20160707_02

公益財団法人・介護労働安定センターの「平成26年度介護労働実態調査」によれば、介護職員が「直前の介護の仕事を辞めた理由」の26.6%が「職場の人間関係に問題があったため」と、理由の中で最も大きな割合を占めています。

つまりそれだけ、介護現場での働きやすさには人間関係の関わりが深いということですね。

20160707_03

介護職員ならではの人間関係の悩みとは

では、介護職員ならではの人間関係のポイントについて見ていきましょう。

女性が多い

介護の現場は女性が多い職場で、独特の人間関係が作られやすいようです。例えば、親睦をはかろうと思って女性職員に話しかけると、他の職員の仕事のミスやプライベートまで延々と話しを聞かされる、といったことはありがちなのではないでしょうか。特にネガティブな話題は話していて明るい気持ちになりませんし、自分のプライベートなことや、自分のしたミスが同じように話されていたら、と思うと、いい気持ちがしませんよね。

しかし、年配の女性や、立場が上の人だとなかなか話をそらすこともできず……。休憩時間も心が休まらなくなってしまいます。

ハードワークでギスギスしやすい

介護の仕事は体力的にハードな上、入居系の施設では夜勤もあって不規則な生活になりがちです。仕事上の考え方の違いや意見のすれ違いなどがあると、人員もぎりぎりで心のゆとりがなく、もめ事や衝突が生じやすいのかもしれません。もちろん、要介護者や介護者の方にもいい影響はありませんよね。

他業種との連携

医師や看護師との連携に際して問題が生じることがあります。利用者その人らしい生活の支援に重きを置く介護職と、治療を優先する医師や看護師と意見が対立した時に、介護職は意見が出しづらい風潮があるといわれています。

20160707_04

介護の職場でよくある、職員同士の人間関係を円滑にするためには、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。