介護の仕事、給料は平均でどれくらい?地域別、職種別などでチェック

介護の仕事


介護の仕事を未経験から始めてみようかなと考えている人にとって、一番気になるのが収入の問題ではないでしょうか。

社会的なニーズが高くやりがいがある一方で、給料は安いというイメージがある介護職。

頑張りたい気持ちはあるけれど、どれくらい給料が出るのか不安。手取りやボーナスの額が気になって、介護の仕事に飛び込めない・・・という方もいらっしゃるのでは?

このコラムでは、さまざまな介護職の平均的な給料について、実際にはどれくらいなのかを具体的にご紹介します。将来性が高いといわれ、常に需要が旺盛で、未経験からチャレンジしやすい介護の仕事。給料がネックで入っていけないという方こそ、ぜひチェックしてみてください。

介護職の給料、平均はどれくらい?


介護職の給料は、職種や資格の有無で金額が変わります。

まず、全国の職種別の平均給料(月額)をご覧ください。(※1)
(※1)厚生労働省 平成26年10月調べ 「介護人材の確保について」(9Pより)

平均給料(月額) 平均勤続年数
介護職(無資格) 196,432円 2.9年
介護職員初任者研修 212,120円 4.1年
介護福祉士 236,596円 6.0年
介護支援専門員 274,471円 7.6年

続いて、各種施設・事業所に勤務する介護職員の年齢・男女別の平均給料(月額)を挙げます。(※2)
(※2)厚生労働省 平成29年10月調べ 「平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果」介護職員の平均給与額(100Pより)

平均給与(月額)
年齢 男性 女性
29歳以下 283,480円 273,210円
30~39歳 322,880円 292,340円
40~49歳 336,720円 295,720円
50~59歳 307,720円 294,800円
60歳以上 281,820円 269,400円

続いて、介護職の平均給料を都道府県別にみてみましょう。(※3)
(※3)厚生労働省 平成27年調べ 「平成27年賃金構造基本統計調査」(職種・性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額)

単位:千円

地域 平均給料 地域 平均給料
北海道 204.4 滋賀 236.8
青森 185.4 京都 226
岩手 201.7 大阪 236.9
宮城 227.5 兵庫 233.3
秋田 193.4 奈良 240
山形 211 和歌山 220.1
福島 211.9 鳥取 190.5
茨木 233.5 島根 203.5
栃木 217.3 岡山 210.1
群馬 226 広島 228.7
埼玉 243.9 山口 213
千葉 237.2 徳島 212.1
東京 271.9 香川 211.4
神奈川 258.2 愛媛 204.9
新潟 216.8 高知 179.3
富山 223.3 福岡 212.9
石川 214 佐賀 213.1
福井 224.6 長崎 198.2
山梨 214.5 熊本 212.3
長野 229.6 大分 209.3
岐阜 229.6 宮崎 194.8
静岡 227.7 鹿児島 211.9
愛知 244.1 沖縄 184
三重 231.1

介護の仕事において年収は高いとはいえませんが、介護の分野で働く人たちを取り巻く環境は少しずつ改善されています。

例えば「介護職員処遇改善加算」。介護職員処遇改善加算は、国が現在、介護職として働いている人の定着率を上げるために作った制度です。

具体的には、介護の仕事についている人のためにキャリアアップの仕組みを作ったり、職場環境の改善を行ったりした介護事業所に対して、国が介護職の賃金を上げるためのお金を支給します。そのお金が、介護の現場で働く人たちに給与として還元されるのです。

この制度は正社員だけでなく、パートや派遣社員も対象になります。平成28年度では、全国に約8,000ある介護事業所のうち、9割が介護職員処遇改善加算を取得。

介護職の給与アップを目的にした制度があるのは、現場で働く人には希望の光。今後も、さらに待遇改善のための施策が導入されることを期待したいものです。

介護職の給料の平均、勤務する施設別

次に、介護施設ごとの給料について考えていきましょう。(※4)
(※4)厚生労働省 平成25年度調べ 「平成25年度介護従事者処遇状況等調査結果の概況」(8Pより)

1位 介護老人福祉施設 302,680円
2位 介護老人保健施設 291,300円
3位 訪問介護事業所 264,680円
4位 介護療養型医療施設 263,800円
5位 通所介護事業所 253,230円
6位 グループホーム 243,380円

介護老人福祉施設が最も給料が高いという結果に。要介護度の高い人が入居しているので、専門的な知識が必要になること、他の施設より多忙なことなどが理由として挙げられます。

6位のグループホームの給料とは約6万円/月の差があり、年収にするとおよそ72万円の差がつくことになります。

ただし、前述のように各施設で行われる仕事の内容や、どんな人が向いているかなどそれぞれ特色があるので、勤務先として選ぶ際はよくチェックを。

>よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説

介護で給料を上げるには資格取得という方法も


資格がある人とない人では給料にどんな差があるのでしょうか。

無資格で介護の仕事に携わっている人に比べ、介護の入門資格といわれる「介護職員初任者研修」の資格をもっている人は月2万円ほど給料が多く、年収では約24万円のプラスになります。

まずは未経験から始め、介護の仕事を続けていけそう・・・と思えたなら、この資格に挑戦してみては。

介護職員初任者研修は、介護の仕事のスタートラインといえる資格。受験資格などはなく、誰でも受けることができます。取得には学校に通う、通信講座を利用するなどの方法があります。

未経験から介護の仕事を始めた人が、働きながら無理なく取得できるコースも。

>介護職員初任者研修を働きながら取得する方法

さらにキャリアアップをめざして介護福祉士(介護士)にチャレンジするのもおすすめ。

国家資格のため取得には時間とお金がかかるものの、無資格と比べて給料は月4万円ほどアップします。先の話にはなりますが、そこからケアマネージャーになった場合は月30万円以上の給料を得ることも可能です。

>介護福祉士の次の資格―ステップアップを目指すために―

給料の不安をクリアして、介護の仕事でやりがいを得よう

介護の仕事について「生活できない」「(給料が安すぎて)結婚できない」「給料アップが見込めない」など、お金に関わる不安な話を、インターネットや口コミなどで目にします。

しかし介護職員処遇改善加算に続き、2019年秋には勤続10年以上の介護福祉士に対し賃上げする政策が決定するなど、介護職の給料面での待遇改善は進み始めています。

また、資格取得以外にも、残業する、夜勤を担当する、役職に就くなどで手当てを受ければ、給料アップにつながります。

他業種から転職してくる人も多い介護業界。常に多くの求人がありますし、これからますます介護の現場で働く人が必要とされる世の中になっていきます。また、介護職はお年寄りやそのご家族から「ありがとう」と感謝されることの多い、やりがいのある仕事でもあります。

周囲に介護の仕事をしている友人や知人がいたら、仕事の内容や給料の面について話を聞いてみてください。介護の仕事は、いい加減な気持ちではできないお仕事。本当にやりたいと思うのであれば、あれこれ悩む前に、介護の仕事に対する不安を払拭することから始めてみませんか。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。