介護士の給料はどれくらい?地域別、職種別などでチェック

介護の仕事

介護で給料を上げるには資格取得という方法も


資格がある人とない人では給料にどんな差があるのでしょうか。

無資格で介護の仕事に携わっている人に比べ、介護の入門資格といわれる「介護職員初任者研修」の資格をもっている人は月2万円ほど給料が多く、年収では約24万円のプラスになります。

まずは未経験から始め、介護の仕事を続けていけそう・・・と思えたなら、この資格に挑戦してみては。

介護職員初任者研修は、介護の仕事のスタートラインといえる資格。受験資格などはなく、誰でも受けることができます。取得には学校に通う、通信講座を利用するなどの方法があります。

未経験から介護の仕事を始めた人が、働きながら無理なく取得できるコースも。

>介護職員初任者研修を働きながら取得する方法

さらにキャリアアップをめざして介護福祉士(介護士)にチャレンジするのもおすすめ。

国家資格のため取得には時間とお金がかかるものの、無資格と比べて給料は月4万円ほどアップします。先の話にはなりますが、そこからケアマネージャーになった場合は月30万円以上の給料を得ることも可能です。

>介護福祉士の次の資格―ステップアップを目指すために―

給料の不安をクリアして、介護の仕事でやりがいを得よう

介護の仕事について「生活できない」「(給料が安すぎて)結婚できない」「給料アップが見込めない」など、お金に関わる不安な話を、インターネットや口コミなどで目にします。

しかし介護職員処遇改善加算に続き、2019年秋には勤続10年以上の介護福祉士に対し賃上げする政策が決定するなど、介護職の給料面での待遇改善は進み始めています。

また、資格取得以外にも、残業する、夜勤を担当する、役職に就くなどで手当てを受ければ、給料アップにつながります。

他業種から転職してくる人も多い介護業界。常に多くの求人がありますし、これからますます介護の現場で働く人が必要とされる世の中になっていきます。また、介護職はお年寄りやそのご家族から「ありがとう」と感謝されることの多い、やりがいのある仕事でもあります。

周囲に介護の仕事をしている友人や知人がいたら、仕事の内容や給料の面について話を聞いてみてください。介護の仕事は、いい加減な気持ちではできないお仕事。本当にやりたいと思うのであれば、あれこれ悩む前に、介護の仕事に対する不安を払拭することから始めてみませんか。

【未経験が介護職に:参考になる記事】

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。