介護のヒヤリハット報告書。目的と、やさしい書き方

介護の仕事


「ヒヤリハットって、事故にならなかったのに報告しないといけないの?」

介護の仕事を始めて間もない人には、ちょっと面倒だと感じてしまうことの1つ。

ヒヤリハット報告書は、事故防止対策の第一歩となるものです。

介護現場で、利用者へよりよいサービスができる基本は「安全」。「○○だったから事故にならずにすんだ」ヒヤリハットは、「もし◆◆だったら事故になっていた」ということを示しています。つまりチーム全員で、それが発生した原因を考え、事故の防止対策を検討するための材料になるものなのです。

このコラムでは、ヒヤリハットを報告することの目的や、わかりやすい報告書の書き方、チームで共有することの重要性を詳しくお伝えします。

ヒヤリハットの記録の大切さを知ると、自分から積極的に取り組めるようになっていくことでしょう。

ヒヤリハットとは

語源は、「ヒヤリとした」「ハッとした」。医療現場から発生した言葉です。ミスがあっても未然に事故を防げたケースや、間違いがあっても被害がなかったケースを含みます。

「ヒヤリ」は、とっさの感情「危ない!」、「ハット」は、「○○しておかないと危ない」とハッと気づく事態のことです。

多くの介護施設では「ヒヤリハット報告書」を作成することを義務づけています。それは、300件のヒヤリハットの背景には、29件の軽微な事故と1件の重大な事故が隠れていると考えられているためです(ハインリッヒの法則)。

ヒヤリハット報告活動を通じて、事故が起こった要因を明らかにすることで、ヒヤリハットも事故の数も減らせるのです。

ヒヤリハット報告書の目的

安全は介護サービスの基本

あなたが勤務している介護施設の基本理念を思い出してみましょう。

利用者一人ひとりの人生経験や思い出、人柄を尊重して、安心して過ごせる時間を少しでも長く送ってもらうように支援する、というような内容ではないでしょうか。

また、あなたが介護の仕事を始めるとき、利用者へのサポートを通じて、その人らしく生きている「今」を楽しんでもらいたい、喜ぶ顔が見たいと考えていましたね。

介護施設の理念もあなたの仕事へのモチベーションも、どちらも「利用者の安全」があって初めて実現できること。そのためには、事故などあってはならない。ですから、その件数をできるだけゼロに近づけていく活動のツールとして「ヒヤリハット報告書」があるのです。

ヒヤリハット報告書は情報共有の基本

ヒヤリハット報告書の目的は「要因をはっきりさせること」と「防止策を立てること」です。

しかし、もっと大切なのは、ヒヤリハット活動を通じて、スタッフ全員が情報を共有すること。一部の人だけが起こったことや対策を把握していても、知らなかった人は同じようなヒヤリハットを起こしてしまうからです。

入職したばかりの人でも保存されている過去の報告書を読めば、どんな事故が起こり得るか、どうやって防ぐのかをあらかじめ知ることができます。

ヒヤリハットを「スタッフの誰かの失敗例」で終わらせず、事故防止対策につなげることは、施設全体で利用者の安全を守り、より質の良いサービスを提供できるようになるということ。

ヒヤリハット報告書は、スタッフのサービスや施設全体の質を向上させるための大切な財産なのです。

介護のヒヤリハット報告書。目的と、やさしい書き方、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。