介護職の転職を考えている人に。不安を解消するQ&A

介護の仕事


「介護のお仕事に興味があるけど、今の職から転職して、はたして自分にやっていけるのかどうか心配・・・」

「今の施設を辞めて、別の介護施設へ転職したいけど、いい条件の職場がなかなか見つからない・・・」

はじめてとびこむ介護職でも、すでに介護業界にいて別の施設へ転職する場合でも、職を変えるって本当に不安なものですよね。そんな不安を解消するためのポイントを、Q&A形式でまとめました。

自分の悩みや疑問を解消する方法がわかれば、次のステップに進む勇気も出てくるはず。チャレンジしてみたいと思う気持ちを大切に、じっくり検討してみてくださいね。

異業種から介護職に転職しようか迷っている人に

Q1:無資格でもやっていけるものでしょうか?

A:無資格からでも勤務できますが、仕事の範囲が限られます。

老人ホームなどの施設で働く場合であれば、無資格でも募集があります。それは、資格を持っている上司や先輩たちの見守りや指導があると見なされるから。

とはいえ知識や経験もなく、いきなり体に触れる仕事(食事や排泄介助、体の向きを変える体位変換など)をするのは不安ですよね。

いっぽう利用者の自宅を訪れて仕事を行う訪問介護は、基本的に一人。そのため利用者の体に直接触れる仕事をするには、資格が必要になります。そうじや調理手伝いなどの生活援助だけなら無資格でもできますが、給与はその分低くなってしまいます。

介護の仕事をするなら、まずは介護系の入門資格である「介護職員初任者研修」の取得がおすすめ。実習もあり、基本的な知識や技能が身につきます。修了すると無資格より給与もアップしますし、募集の数もぐっと増えます。

通勤時間や働く時間帯など、多くの募集のなかから自分の条件に合うものを選ぶためにも、資格があると有利です。ぜひ検討してみてくださいね。

>未経験でも大丈夫?介護職に転職する秘訣とは?

Q2:介護施設の種類の違いがよくわからないのですが?

A:介護施設は「入所サービス」と「通所サービス」に大別できます。

入所サービスは、施設で生活する利用者を24時間体制でサポートします。代表的なものはグループホーム、特別養護老人ホーム、介護付有料老人ホーム、老人保健施設など。

在宅介護の高齢者が一時的に宿泊する「ショートステイ」も入所サービスの一つです。家族が家を空けなければならないときなどに役立ちます。

いっぽう、通所サービスとして代表的なのがデイサービス。在宅介護の利用者が日中に通い、食事や入浴、レクリエーションを行います。

>よくわかる!施設別で見た介護職の仕事内容を解説

>介護の職場探し、あなたにぴったりの施設の見つけかた

Q3:自分が介護職に向いているか、不安です。

A:介護職に大切な素質は「相手の立場に立って考えられること」です。

介護の仕事は、相手のできること・できないことに合わせて柔軟に支援していくものなので、せっかちな人や効率重視の人、潔癖性の人には向いていないかもしれません。また、たくさんのスタッフと協力しあわなくてはいけないので、協調性も大切です。

どうしても不安なときは、まず介護ボランティアとして施設に入り、実際に利用者と接してみたり、スタッフの仕事ぶりを観察してみたりするのも一つの方法。

実際に職場を見れば不安も減り、始める勇気がわいてきますよ。

>介護施設のボランティア体験。心構えやメリットを教えて!

Q4:夜勤があると聞きましたが?

A:夜勤がない施設や、夜勤をしない働き方、逆に夜勤だけをする働き方もあります。

入所施設では一般的に月に4〜5回は夜勤があります。夕方から翌朝までの勤務が多いので、生活リズムを合わせていくためには、睡眠や食事のとり方などを工夫する必要があります。

夜勤が無理な場合は、日中だけのデイサービスや、日勤のみで募集している事業所をチェックしてみましょう。

逆に夜勤専門で働き、夜勤手当で収入を増やした人もいます。夜型でいつでもどこでも寝られる人なら夜勤に向いている可能性が。転職で叶えたいことに応じて、検討してみるとよいですよ。

>未経験から介護の仕事に転職した人が感じる大変なコトとは?〜夜勤〜

Q5:正社員になるか派遣社員として働くか迷っています。

A:両方にメリットとデメリットがあります。あなたに合った方を選びましょう。

継続して働けることや安定した収入があるのは、正社員のメリット。逆に派遣社員は、希望する曜日や時間帯だけ働けることがメリットです。

もし派遣社員として働くなら、働き始めたあとのアフターフォローがしっかりしている会社を選びましょう。万が一、施設とあなたの間でトラブルがあったときに、派遣会社が間に立って問題の解決に動いてくれます。

>介護の職場探し「ツクイスタッフのマッチング例」

Q6:40代ではじめて介護職につこうかと考えています。大丈夫でしょうか?

A:遅くありません。これまでの経験を活かしましょう。

接客業の経験や事務仕事、料理が得意など、今までのキャリアのなかに介護職にも活かせることは必ずあります。応募前に自分のこれまでの経験を振り返って、身についた能力をアピールポイントにしましょう。

>40代でも大丈夫?介護職への転職、成否を分けるポイント

介護職の転職を考えている人に。不安を解消するQ&A、後半は

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。