介護口腔ケア推進士ってどんな資格?難易度やメリットも

介護の仕事


「介護口腔ケア推進士」は、2014年に創設された新しい資格。介護現場ですぐに役立つ、高齢者のお口の中や歯のケアに関する専門知識を得られるようになっています。

受験するために必要な実務経験や資格はとくになく、誰でも受験できるのが大きな魅力。難易度も高くないので、気軽にチャレンジしやすい資格といえます。

とくに、日頃から歯磨きの大切さを感じている介護職さんには、その思いを後押しする資格としておすすめです。ステップアップにも役立つので、ぜひ詳細をチェックしてくださいね。

介護口腔ケア推進士とは


介護口腔ケアは、介護を必要とする人の口の中を、清潔に保つケアのこと。これにより、虫歯や歯周病、誤嚥性肺炎などを予防することができます。

それだけでなく、口の中の環境が良くなることによって、唾液がよく出るようになったり、食べものを噛む力や消化機能が改善することも。

こうした効果によって、高齢者の食べる喜びや生きる意欲まで引き出すことができるのが、介護口腔ケアの魅力です。

介護口腔ケア推進士とは、そんな口腔ケアの正しい知識と技術を身につけて、口腔ケアを通じて要介護者のQOL(人生の質)の向上を支援する人のことです。

学べる内容

試験の出題範囲となっている公式テキストでは、主に下記のような内容が学べます。

  • 口腔や歯、舌などの器官の構造
  • 口腔にみられる症状や疾病
  • 実際のケアの具体的方法
  • 症状に応じた口腔ケアの方法(麻痺、認知症など)
  • 看取りと口腔ケア
  • 歯科医師などの専門家との連携

ただ口の中を掃除するというだけではなく、食べものを噛むこと(咀嚼・そしゃく)、飲み込むこと(嚥下・えんげ)といった「食べる」機能についても理解を深めます。

また、高齢者に多い入れ歯などの義歯についても、具体的な取り扱い方法、清掃方法などを学ぶことができます。

介護福祉士の資格を持ち、介護現場で長く働くベテラン介護士さんには、「もう知っているよ」という知識も多くなりますが、無資格や初任者研修などの初級資格しかもっていない場合には、実践ですぐに役立つ内容といえそうです。

公式テキストのボリュームは200ページ強なので、1日2〜3ページのペースで進めていけば、だいたい3ヵ月ほどで網羅できる計算になります。

>公式テキスト

受験資格

この資格試験を受けるための条件は、とくにありません。介護の経験や資格の有無を問わず、誰でもチャレンジすることができます。

受験の申し込みはインターネットでパソコンやスマホから。試験会場は全国各地に200ヵ所以上あるので、地方の方でも問題なく受験できます。

難易度

試験はパソコンを使うCBT形式。コンピュータの画面に問題文が表示されるので、その答えをマウスやキーボードを使って入力するというものです。まったくパソコンを使ったことがない人は、事前に練習しておくとよいでしょう。

問題の形式は、5つの選択肢の中から正しいものを1つ選ぶというもの。基礎知識を問う問題が60〜70%を占め、公表されているデータでは、2014年に行われた第2回試験(2014年)の合格率は86%でした。

落とすための試験ではなく、テキストをきちんと理解しているかを確認するといった意味あいの試験なので、難易度は比較的低いといえるでしょう。

実施団体

試験の実施団体は「一般社団法人 総合健康支援推進協会」という民間団体になります。国や自治体が実施しているわけではなく、国家資格ではありません。

取得にかかる費用

介護口腔ケア推進士は独学で十分取得可能な資格ですので、通信講座などを受講する費用がかからないのはうれしいところ。

受験料(8,300円※)と試験に合格したら認定証の発行料(2,500円※)を支払い、認定証を発行・郵送してもらえば、この認定証をもって「介護口腔ケア推進士」と認定されます。

※情報は2019年3月時点のものです

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。